透视“妈宝男”现象,解读中日儿童教育方式毕业论文_日语毕业论文

透视“妈宝男”现象,解读中日儿童教育方式毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

在少子高龄化和独生子女政策的推进下,溺爱孩子这个问题越来越严重,妈宝男这种社会现象也越来越普遍。幼儿教育是教育的重要部分。在这个时期孩子获得的经验以及学到的东西会变成他们人生的基础,对于其人格的形成有着很大的影响。

现在,中日的教育中都存在一个很大的问题,那就是男性教师与女性教师的比例太过悬殊。教育要让男孩子像男孩子,女孩子像女孩子。为了让孩子从精神上都强大起来,家人是很好的榜样。男性如果能放下“养育孩子是女性的事”这样的性别角色观点,参与到养育孩子当中来,男孩子就能有正确的模仿对象。家庭是孩子的性别角色培养主要场所,而在学校主要是学习。人是依赖于社会生存的社会性动物,完全将自己从社会中剥离出来也是很难的。为了获取儿童教育的正确办法,本文将通过比较中日两国的教育方式,找出合适的教育方法。

关键词:妈宝男; 少子高龄化社会; 政策;育儿方法;日本

社会の少子高齢化の進化及び一人っ子政策を推進する下で、子供をでき愛しすぎる問題は深刻化になっていくことを考えるにあたって、「弱い男たち」という社会現象は続いていく。幼児教育は一番大切なものである。この時期に経験したことや学んだことが人生の基礎になって、生涯や「人格」が形成することには大変な影響がある。現在、日中の教育現場が抱えている大きな問題の一つに、男性教師と女性教師の比率がある。「男は男らしく、女は女らしく」という道徳教育が行えなければならない。子供を精神的に強くなるために、家族はよい手本である。男性が「育児は女性が担う」という性役割意識を捨てて、子供の教育に介入すれば、男の子供が正しく対象を模倣することはできる。感情は主に家庭から学ぶことに対し、勉強は学校で習んでいるのである。人間は社会に頼って生きている「社会的な動物」なので、完全に他人や社会から自立するというのは、実はとても難しい。日中育児方法の比較を通じて、新たな育児方法を学ぶ。育児方法に取り組むことは必要である。

キーワード:弱い男たち;少子高齢化社会;政策;育児方法;日本

1はじめに 1

2 「弱い男たち」 2

2.1「弱い男たち」とは 2

2.2 子供への教育 3

3育児方法の現状 5

3.1中国の育児方法 5

3.2日本の育児方法 6

4日中育児方法への思い 8

4.1家庭教育の重要性 8

4.2学校教育、地域社会における教育のあり方 9

4.3新たな人口政策 10

5おわりに 11

参考文献 12

謝辞 13

「弱い男たち」から

中日両国の育児方法に関する研究

1 はじめに

近年、中国はだんだん少子高齢化社会に入っている。中国社会の少子高齢化の進化及び一人っ子政策を推進する下で、子供をでき愛しすぎる問題は深刻化になっていくことを考えるにあたって、このまま「弱い男たち」という社会現象は続いていこうと思う。日本の社会にも少子化で、「草食系」と言われる超過保護に育った男性もいる。また、女性が今の保育所・幼稚園での子育てを介入する人々の中の大多数を占め、男の子供は模倣する対象が少なくて、子供たちにとって悪い影響がある。子供たちは精神的にも体力的にも弱くて、それに、一人っ子だから、親が子供をでき愛しすぎる現象は深刻になっていく。これによって、男はだんだん弱くなる。「弱い男たち」を変えるため、根本的に育児方法を変えなければならない。日中育児方法の比較を通じて、新たな育児方法を学ぶ。育児方法に取り組むことは必要である。

「弱い男たち」という社会現象は私たちが考えるべきことであろう。問題だと思われている「弱い男たち」から代表的なものを抜き出して、親と保育所・幼稚園の教員や社会環境などの方面によって、その成因などを分析し、中国の育児方法を分析しながら、日本の育児方法を比較して、その方法がどういうふうに子供に影響するかを分析してみる。

2 「弱い男たち」

社会の少子高齢化の進化及び一人っ子政策を推進する下で、子供をでき愛しすぎる問題は深刻化になっていくことを考えるにあたって、「弱い男たち」という社会現象は続いていく。

「弱い男たち」とは、自分の意見がなくて、他人の意見が必ずに合わせて、人々との衝突を恐れている男性のことである。「弱い男たち」に優しいという印象を持つ人もいるかもしれませんが、実は優しさとは違う。目を見て話さない、または話している人の目を見ない。「弱い男たち」は、自分に自信がない、あるいは他人に興味がない傾向が多いである。

2.1 「弱い男たち」とは

あなたの周りに「弱い男たち」はいるでしょうか。他人の言葉に左右されやすくて、自分の意見に自信がない。他人の意見にすぐ合わせて、「なんでもいいよ」が口癖の男である。一般的に、彼たちは自分の意見を主著しない。精神的にも体力的にも弱くて、何かがあると、すぐに泣き言をいう、愚痴をこぼす、というのも、「弱い男たち」によく見られる状態である。また、行動力がなくて自分の足だけで立つことが難しい。

2.1.1 深刻になっている「弱い男たち」の現状

少子高齢化社会の進展にしたがって、「弱い男たち」という社会現象は深刻化になっていく。お母さんに甘やかすれた子供だから、「弱い男たち」にとって、自分の考えをきちんと固め、メンタルを強くなることは無理だ。近年、インターネットにいろいろな人気がある男性はそのタイプである。

2.1.2 「弱い男たち」の諸問題

メンタルが弱い、流されやすい、気が弱い、すぐへこたれる、落ち込みやすいhellip;hellip;気が「弱い男たち」は、決断力が無くて、自分の意見をはっきり言えない。人々との衝突することをおそれているので、自分の考え方をあまり語らない、『どっちでもいいよ』『私もそう思った』と合わせて会話する方も多いである。

また、彼たちの行動力もなくて、自分の考えに自信を持つことができない。自分で生きる能力を持たないと、なかなか自立できない。

したがって、「弱い男たち」が学校や社会では目立つ発言力のある人、そして権力がある人に媚びる方が多いである。他人と話す時、相手の目を見ない、目線がつねに地面向きである。無論、日常生活の中に、他人とのコミュニケーションや恋などのことにはそんなに得意ではない。

2.2 子供への教育

子供たちが潜在的に持ついろいろな能力を引き出し、そのままでは持たない態度や知識及び技術などのことを学ぶために、子供への教育は必要である。したがって、子供の教育は人々がより良いところへ発展し、それに生活が維持することを目指す活動である。

幼児教育は一番大切なものである。この時期に経験したことが人生の基礎になって、生涯や「人格」が形成することには大変な影響がある。だから、子供の時に経験すること、見たこと、感じたこと、どれもは「学び」として吸収されていくのである。未来へと、無限大の可能性を持つ子どもたちにとって、こうしたやり取りを経験すれば、子供の「社会性」を育ていくことはできる。教育とは、性格の育成を目指し、個性を発展しつつ子供の能力を育て、夢が叶う上で不可欠のものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接