从“温泉浴场和旅馆”看日本的文化毕业论文_日语毕业论文

从“温泉浴场和旅馆”看日本的文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

温泉旅馆在日本有着悠久的历史,是日本著名的旅游场所和特色,也是日本温泉文化的重要组成部分。关于温泉旅馆和酒店,历来是人们的研究对象。本文想通过先行研究来提出自己的观点。

首先,介绍温泉旅馆的种类,特征和分布。然后普及一下日本著名的十大温泉旅馆。其次分析温泉旅馆与日本旅游业的关系,在旅游业中的作用,以及结合与发展。最后通过日本温泉文化,温泉旅馆在日本传统文化中的作用,分析出温泉旅馆承载日本传统文化。帮助我们日语学习者更好地了解日本传统文化,体会日本文化精神。

关键词:温泉旅馆;场所;旅游业;传统文化

               

目  次

はじめに 1

1 日本の温泉旅館について 3

1.1 日本の温泉旅館の特徴 3

1.2 温泉旅館の種類と分布 4

1.3 温泉旅館の歴史 5

1.4 日本の有名な温泉旅館トップ10 6

2 日本温泉旅館と観光業の関係 10

2.1 日本の温泉観光産業の特徴 10

2.2 温泉旅館と旅行の関係 11

2.3 日本の温泉旅館と温泉観光産業の発展と相互作用 12

3  温泉旅館と伝統文化 14

3.1 温泉文化の概況 15

3.2 温泉文化と日本の伝統文化の関係 16

3.3 温泉旅館に刻まれる日本の伝統文化 17

おわりに 19

参考文献 20

謝辞 21

はじめに

日本語を勉強して以来、日本文化について深く掘り下げようと考えてきた。日本文化というと、頭に浮かんでくるイメージはまず温泉であろう。最初の頃は、温泉というのは日本独特な旅行コースであるとしか知らなかったが、「旅行日本語」という授業において、温泉旅館や温泉ホテルのことを知り、好奇心を掻き立てられ、ますます日本の温泉について考察しようと考えたのである。このことにより、日本文化への更なる理解にもつながると思われる。易偉新は論文『日本の温泉ホテル管理の文化モデル及びその示唆』において、「日本では、温泉ホテルはランクに違いはあるが、共に由緒深い民族色が表されている」[1]と述べている。つまり、温泉旅館とホテルは日本文化の重要な媒体であり、日本文化を深く理解するためには、日本の温泉文化を考察ことが不可欠であると言えよう。また、唐晴の論文『日本の温泉旅行に関する研究』において、「日本人はそもそも温泉浴が好きで、温泉の環境と雰囲気にこだわりがある。私たちが泊まる温泉旅館は自然の景色を巧みに利用し、海辺や湖畔、崖や渓谷、また森や庭、農具と水車さえ背景にしている」[2]と書かれてある。温泉旅館が置かれた環境は非常に美しいことが窺われる。人々は温泉を楽しみながら日本の自然景色を目にすることもできる。人間と自然の協和的共存こそ日本人が求め続けてきた精神であろう。本当にうっとりさせられたのである。

本稿は「日本の温泉旅館」、「日本の温泉旅館と観光産業の関係」、「温泉旅館と伝統文化」という三つの部分に大別し、先行研究と実例を取り扱い、温泉旅館とホテルの特徴をまとめながら、それらと伝統文化との潜在的な関係について考察した。

1 日本の“温泉旅館”

温泉旅館の歴史を辿れば、数世紀前に遡ることができる。当時は一般的な民家が商人や拝謁者や外国人の旅人に休憩する場所を提供するために誕生したという。次第に需要が伸び、経済的な現象にもなり、遂に旅館にまで発展したのである。旅館内の客室はふすまで隔てるのが一般的で、部屋の中には沢山の生活設備が置かれており、快適な生活空間が作られている。それに、夕食には旬の野菜と当地ならではのご馳走が提供され、郷土料理や懐石料理など、思う存分に楽しめる。佐々木宏茂の紹介において、「日本庶民の温泉旅行は江戸時代から盛んになり、東京周辺では七つの有名な温泉地が発見された。1781年に、浮世絵師が温泉の状況を描き、民衆に提示したから、大規模の温泉旅行が始まったのである」[3]という。

1.1 日本の温泉旅館の特徴

日本の温泉ホテルは一般的な西洋式のスターレートのホテルと違って、「温泉旅館」と呼ばれるものが多い。スケールの大きいものは「温泉ホテル」と呼ばれる場合もある。もちろん、それらの宿泊場には室内及び室外の温泉が付いており、その他、「貸切家族温泉」もあり、使用時間数で料金を取られることとなっている。ホテルの料理もお客様の期待すべきところであろう。日本という国は狭い島だけに、土地代が高いことは周知のことである。国土面積が狭い故に、住宅も窮屈さを余儀なくされた。従って、温泉旅館はこじんまりなものが多い。一部の旅館は山沿いに建てられ、地勢によってくねくねしている。お客様を旅館内でくらくらさせないように旅館をA館とB館に分け、旅館内の角と隅のところに標識或は小さめの景観を設置するような工夫が施されている。室外の景色は無論自然景色であり、季節の移り変わりに従って変化している。一方、室内の風景も精巧に設けられている。日本式の温泉旅館は旅客の休憩と娯楽の場だけではなく、日本古来の建築様式を伝承した生活の場でもある。それに、まさに日本の伝統文化を体感できる絶好の場とも言えよう。日本式の温泉旅館は日本の伝統的な住宅で、現在宿泊所として開かれている旅館の多くは、昔の農家住宅で、中には国宝文化遺産として登録されるところまであるのである。日本のスターレートのホテルにおいて、部屋に「浴衣」が用意されているが、西洋風のホテルにおいて、「浴衣」より「パジャマ」というほうが適切かもしれない。そのような「浴衣」は部屋でしか着用できず、、外へ出てはいけないのである。しかし、温泉ホテルの「浴衣」は旅館内外ともに着られる服で、それを着てレストランで食事するのもかまわない。そして、大・中・小のサイズが備えており、自分に合うものを選べばいい。また、日本式の温泉ホテルに泊まる際に、最高の享受といえば、「日本料理」或は「和食」を楽しめることである。温泉旅館が提供する日本料理は普通の日本料理屋さんが作る料理より高級であり、新鮮だからである。

 

1.2 温泉旅館の種類と分布

日本の温泉旅館の建築には主に二つの種類がある。一つは寺院式の建築で、もう一つは茶式用の建築である。「茶式建築」は民間の公共空間に多く採用され、室内の飾りは独自の風格を持っており、一輪の花をかけ、お客様への敬意を表すような装飾がよく見られる。部屋全体は木造されており、床は草で編んだ材質を用いる。このことにより、人と自然の親しみが示されており、また、部屋に入る前は靴を脱ぐことでリラックスさせられる。日本の高度経済成長期において、セメント製の建築が大量に現れた時期もあったが、現在では余り人気がない。ホテル産業の提携で、国際観光ホテル連盟が形成され、客室の面積が7平方メートルから9平方メートルまでの範囲に定められたが、規則はわりと緩みがある。西洋の基準に基づき建築し、ホールは不可欠で、シングルルームが9平方メートル、ツインルームが15平方メートルという。また、「温泉旅館」に加盟するための部屋作りが22平方メートルとされている。

 分布に関しては、関東地域の温泉は主に群馬県、栃木県、そして神奈川県の山岳地帯に分布されている。特に群馬県では、歴史深い有名な温泉が数多くそろっている。中では、日本の温泉を代表できるような草津温泉や、江戸時代と明治時代の雰囲気が漂う法師温泉などが挙げられる。一方、栃木県の温泉にも有名な場所が少なくない。温泉の種類が豊かな那須温泉郷と塩原温泉郷があるほか、硫黄温泉で絶好な中禅寺温泉と日光湯温泉などがある。それに、鬼怒川温泉や湯西川温泉のような大型温泉地もあれば、奥鬼怒温泉郷のような車さえ中に入られない秘湯もある。最も東京に近い温泉地といえば、箱根温泉郷である。首都圏周辺の湯河原温泉も古き時代からの温泉地であり、温泉の島といわれている伊豆諸島の式根島(東京都)もある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接