从日本高中棒球看日本国民的凝聚力毕业论文_日语毕业论文

从日本高中棒球看日本国民的凝聚力毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

棒球是日本的超人气运动,被称为日本的国技之一。今天日本棒球的地位,可以说已经演变成了一种特有的文化也不为过。棒球已经渗透到了日本人的日常生活之中。本文主要研究日本棒球基本信息以及日本高中棒球和集团意识的关系这两方面的问题。

围绕着日本棒球,分为三章论述,首先通过介绍日本高中棒球的历史和分类,接着介绍什么是日本国民凝聚性,然后通过高中甲子园棒球的发展和影响来分析高中棒球所体现的集团凝聚性,从而得出日本人喜爱棒球运动的原因。

关键词:日本高中棒球;甲子园;国民性;集团意识

目   次

はじめに 1

1 日本の高校野球 2

1.1 日本野球の歴史 2

1.2 日本の高校野球の理念及び現状 3

1.3 日本の高校野球の目的及びルール 6

2 集団意識 8

2.1 日本の集団意識 8

2.2 日本の集団意識の特性 9

3 日本の高校野球と集団意識 11

3.1 高校野球に現れた集団意識 11

3.2 日本の高校野球と集団意識 12

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

                                                      

はじめに

 中学校の時、日本のアニメーションにあまり夢中になってやまなかった。大学で専門を選択するとき、日本語を選ぶことにした。

 そして、多種多様なアニメの中に、特に運動ような熱血アニメが一番気に入るものだ。なぜかというと、熱血アニメの中に常に友情、愛情、理想、追求、奉献、強靭および激励などの思想を表すものが多いからである。熱血とは、人に気持ちが高ぶる、うきうきさせることだ。最も重要な原因は恐らく夢があるかもしれない、人間誰でも夢があって夢に向けて進んでいる。高校甲子園野球に関するアニメーションを見た後、甲子園野球への好奇心に駆られて、野球に関して資料を調べ、日本の野球の特徴と理念を分析しようとする。

 日本は高度経済成長期にわたって、日本人の団体意識は基本的に打ち立てた。人々の団体意識のおかげで、日本は敗戦国から飛ぶ経済的大国になった。時代が流れるにつれて、団体意識はどんな変化を見せているのか。また、日本の高校野球と日本人の団体意識どういう関係があるのか、卒論のテーマとして研究しようとする。

 本論文はまず野球の分類と由来を紹介して、高校甲子園野球に関することを引き出す。次に、簡単に日本人の国民性の 集団意識を説明する。最後に、野球と集団意識は一体どんな関係があるか三つの部分に分ける。先行研究と結びながら、アニメーションの例を

参考にして、野球そのものの文化価値を把握することを試みたい。

1 日本の高校野球

1.1 日本野球の歴史

 野球とは、フィールドと呼ばれる屋外球技場で行われる集団球技のスポーツである。英語のベースボールを指す。主に競技の発祥国とされているアメリカ合衆国を始め、キューバやドミニカ共和国などのカリブ海周辺の諸国、日本や韓国、台湾などといった東アジア地域の国や地域を中心に行われている球技スポーツである。

 野球の起源は明らかになっていないが、イギリスの球技である、「タウンボール」が英国系移民によってアメリカ合衆国に持ち込まれた後変化し、野球として形成されたと考える研究者が多い。野球の発展歴史について、次のような論説がある。

「1830年代から40年代に原型が成立したと考えられ、すぐにアメリカの北部でさかんとなった。1861年から1865年の南北戦争によって野球はアメリカ南部にも伝えられ、アメリカ全土において人気を博するようになった。19世紀後半を通じてルールに改良が加えられ、現在の形になった。1869年には世界最初のプロ球団であるシンシナティ・レッドストッキングス[1]が設立された。これは5年で破綻したものの、1876年にはこれを引き継ぐ形でナショナルリーグが設立され、メジャーリーグベースボールが成立した。このころ日本にやってきたアメリカ人から野球は日本にも伝えられ(後述)、やがてアメリカや日本の影響圏でも野球がさかんとなっていった。」[2]

 野球は、2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う競技だ。野球の基本知識について、田口貞善が次のように定義している。

「大会やリーグによって、予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定、攻撃時に投手と呼ばれるポジションの選手の代わりに攻撃専門の選手を使う指名打者制度の有無、審判員の人数等細かな違いがあるが、大会やリーグごとに、それぞれの環境で最良と考えられる制度を採用している。」[3]

 現在野球で用いられているボールは硬式球・準硬式球・軟式球の3種類があり、使用するボールにより、それぞれ硬式野球・準硬式野球・軟式野球と呼ばれる。日本では、プロ野球や都市対抗野球、大学野球、甲子園の高校野球では硬式が使われており、一般的に組織名や大会名などで単に野球と称する場合は硬式野球を示す場合が通例で一般のレクリエーションとしての野球や、小学校や中学校などで行われる野球は主に軟式野球である。準硬式野球は、あくまで運営組織の分類上も多くの場合は軟式野球の一種として扱われているが、用具や試合会場は硬式と共用の物が用いられる。次は、日本の高校野球に力点を置いて説明する。日本における高校野球とは、日本の中等教育学校後期課程及び高等学校の生徒、高等専門学校の第1学年から第3学年の学生が行う野球のことだ。特に阪神甲子園球場で行われる二つの全国的な男子硬式野球大会は「甲子園大会」あるいは単に「甲子園」と呼ばれている。

1.2 日本の高校野球の理念及び現状

 学生野球憲章について、次のような定義がある。

「日本の学生野球として学生たることの自覚を基礎とし、学生たることを忘れてはわれらの野球は成り立ち得ない。勤勉と規律とはつねにわれらと共にあり、怠惰と放縦とに対しては不断に警戒されなければならない。元来野球はスポーツとしてそれ自身意昧と価値とを持つであろう。しかし学生野球としてはそれに止まらず試合を通じてフェアの精神を体得する事、幸運にも騎らず非運にも屈せぬ明朗強靭な情意を涵養する事、いかなる艱難をも凌ぎうる強健な身体を鍛練する事、これこそ実にわれらの野球を導く理念でなければならない。この理念を想望してわれらここに憲章を定める。」[4]

 さてイベントを利用して新聞の販売・広告の拡張を図るというまさにスポーツメディアイベントとして開催された甲子園大会において、朝日新聞社は武士道的野球観という高校野球の理念を形成し、新聞の紙面や広告などというメディアの力を用いて大衆にその理念や価値を浸透させていった。その理念形成の過程においては、日本人の国民性はもちろん、時代背景にマッチした野球観を形成していく必要があった。新聞社は高校野球に教育的側面や鍛練的側面を持たせていかなければならないというタテマエに苦心しながらも、自らが作り上げた野球観をもとに、甲子園大会や高校野球の理念や価値を人々に意図的に植え付けていくことで甲子園大会、高校野球を日本人にとって特別なものへと変えていこうとしていった。

 甲子園大会の中に高まっている雰囲気は多くに「ドラマ」と「ヒーロー」から表現された。この二つはメディアがなければ存在していなかったであろう。この演出に視聴者である人々は心奪われる。TV中継においては音声と映像、解説によって物語が制作されていく。試合中に連打記録、最多得点の記録が更新された際には、双方の学校の応援団やチアリーダーの涙や歓喜に沸く映像と共に過去の歴史をひもときながら紹介する場面が多くみられる。この物語は甲子園のスタンドで見ている人々には見ることはできないのだ。大差がついた試合では、極端に「全員一丸」「あきらめない」という言葉や女子生徒の映像や笑顔といった華やかな表現で負けを美化させ、見るものをひきつけているのである。甲子園でのTV中継の典型的パターンは「地元での盛り上がり」と「乙女」に守られ、「全員一丸」、他校との「友情」を保ちつつ、「気迫、精神力」で「勝敗にかかわらず、あきらめないで努力すること」、そして、「記録」を追い求めることと表現されるものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接