日本温泉旅馆中的温泉文化毕业论文_日语毕业论文

日本温泉旅馆中的温泉文化毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

日本是温泉之国,日本的温泉文化和温泉旅馆历史悠久,并富含了日本浓郁的民族文化特色。

本论文是通过前人的研究,在过去的研究成果的基础上提出的自己的观点。首先介绍了日本温泉文化和温泉旅馆的产生及发展,其次阐述了日本人与温泉密不可分的生活状态和温泉旅馆中独特的温泉文化。最后分析了日本温泉旅馆与温泉文化的相互影响和日本独特的温泉文化对日本旅游业的影响。

关键词:日本温泉旅馆;温泉文化;温泉旅游;日本温泉旅游热

目 次

はじめに 1

1 日本の温泉文化の発生と発展史 2

1.1 日本温泉の歴史の文化背景 2

1.2 温泉と日本人の生活 3

2 日本の温泉旅館の発生と発展史 6

2.1 日本温泉の空間分布の特徴 6

2.2 今の日本温泉の旅行ブーム 6

2.3 今時の人気の日本温泉旅館 8

3 日本の温泉旅館の温泉文化 11

3.1 日本の温泉旅館の設計文化 11

3.2 日本人の温泉使用する時の決まりと習わし 13

3.3 日本の温泉旅館の中で日本人の生活様式 14

4 日本の温泉旅館と日本の温泉文化の相互作用 17

4.1 日本の温泉旅館は日本の温泉文化に対する影響 17

4.2 日本の温泉文化は日本の温泉旅館に対する影響 18

4.3 日本の温泉旅館と温泉文化は日本の温泉旅行に対する影響 19

おわりに 21

参考文献 22

謝  辞 24

はじめに

日本は温泉の国だ。日本の温泉文化と温泉旅館の歴史が悠久である。そして日本の濃厚な民族文化の雰囲気に富む。日本人が温泉に対するの熱愛は今盛んでいる温泉旅館と温泉文化を形成した一つの原因である。そのうえで日本の温泉旅行の発展を促進している。

私は先行研究を拝読して、日本の温泉旅館が濃厚な民族文化の雰囲気があるのを発見した。旅館の温泉は一般的に自然な趣味と周囲の濃厚な民俗文化に包囲させられる。このような自然と溶け合った旅館設計は温泉の雰囲気に育てた「沐浴文化」を重視して、ますます独特の風格な温泉文化を形成する。

過去の成果を踏まえて、自分なりのものを提示しようとする。日本の温泉旅館と温泉の文化も互いに補い合って分けられない。温泉旅館の中に日本人のきめ細かい生活様式は、私たちを感嘆させずにはおかない。そして日本の温泉旅館と温泉文化を研究して、それらもたらした温かみと楽しみを感じ取る。私は日本人が生活に対する精密な態度が学びべきだと思った。今この速いリズムの生活で、たまに止めて自然が私達に贈った物を心ゆくまで味わって、生活を豊かにするのはすばらしくて有意義なことである。

1 日本の温泉文化の発生と発展史

日本は温泉の国だ。温泉の起源はたくさん伝説があって、たぶん人々が負傷した動物は温泉が入浴した後で傷がなおすことを見たから、温泉の不思議なことを発見した。言うまでもない日本の温泉も知識人と将軍の最も愛している場所だ。これらの有名人は日本各地の温泉に足を踏み入れたから、最初に温泉を発見したから近代的な温泉旅館の観光まですべて濃い文化の息吹を含んでいる。その上温泉の水質は特別な効果があって、次第に濃い伝統の文化を溶け込みな優雅で文明的な温泉文化ができた。

第一世代の温泉文化はただ入浴で、第二世代の温泉文化は入浴とゲームで、温泉の動感と豊富を強調する。第三世代の温泉文化は入浴とレジャーで、温泉のレジャーな観光を強調する。最新の第四世代の温泉文化は最も収容性を備えたので、これは保健の概念の全く新しい温泉を取り入れるのだ。これは温泉文化の変遷で、それは最も直接人々の異なる時期の異なる需要を反映している。だから言い方は語って、日本の温泉文化の歴史は1部の平民の歴史で、温泉文化が日本国民に伴っていて共に発展することにわかって、日本人の生活する各方面にしみ込んで、彼らと密接な関係にあって、分けられない。

1.1 日本温泉の歴史の文化背景

日本の『古事記』、『日本書紀』などの古い歴史の文献の中で天皇の温泉につかる詳しい陳述に関してあって、長い間に日本人がすでに温泉の利用方法をマスターするということを説明する。

奈良時代に仏教のが入って来るため、各地は寺院を建設して、その中、僧侶達のは入浴して温泉が開発するのに対してとても大きい促進作用を果たすことができて、あの時に人々はすでに温泉の治療効果を発見した。

「平安時代の『万葉集』の中で神奈川県湯河原町の温泉、長野県の上山田の温泉の記録に関して東部の温泉も開発を得たと説明して、その時の温泉は主に貴族と僧侶達がレジャーだ、治療するおよび各種の宗教のイベントとして用いる、あの時の温泉は宗教と深い連絡を持っている。源頼朝が幕府時代を開始した後首都を京都が鎌倉に運ぶ後から、東海、東北など地の温泉も史料の文献中で現れるのを始めて、病気になる僧侶達は治療するために各地の温泉ヘ向かって出発した。」[1]

室町時代、温泉は官位が高く高貴な人に対して開放したレジャーな娯楽場所になった、普通な民衆に向かない。安土桃山時代に入った、温泉はすでに広範に負傷した兵士を治療するのに用いられて、特に甲州と信州にあって、武田信玄と真田幸村などの戦国の武将たちはすべて自分の「秘湯」があった。

近代の江戸時代に入った、医学がまだ非常に発達していないではないから、温泉の医療効果は重視を受けて、それによってとても大きい程度の開発を得ました。この時期、将軍と名高い人たち間だけではないのが温泉に盛んに行われて治療して、普通な民衆も温泉を享受するのを始める。

1.2 温泉と日本人の生活

日本人は温泉につかる趣味について世界に名をとどろかしと言えて、日本人はとても生活をわかるので、とても「湯治」の道のが好きる。日本人にとって温泉につかるのは楽しみで、慣れて、更に生活する中になくてはならない一部分だ。彼らの通常は食べて晩ご飯の前に一回浸すので、一日の疲労を洗い流すことができて、食事をした後に一回浸して眠りによく眠ることができて、翌日の朝に一回浸して一日すべて精神と体力が満ちているのを譲ることができる。毎年日本の温泉を使い人数がおよそ1.1億延べたそうだ。これは日本の総人口数に相当することができる。

近代的な日本人にとって、多忙な仕事生活する中で抜け出してきて温泉の旅行に参加して、最も良い疲れを除去して、圧力を緩和するの方法のだ。温泉につかるのも日本人の人と人との付き合いの1つの主な手段で、「赤裸々な交流」という。もしふだん同級生、同僚、家族と友達と矛盾が現れたたら、温泉の中で自分の真心からの話を言い出。だからむしろ温泉につかるのが沐浴で、むしろ社交活動だそうなほうがよい。

日本の最も大衆向きな観光は温泉が旅行するので、年を取った老年の夫妻は名所旧跡を訪ねるの楽しみ中で、温泉がある日式旅館が泊まることが好きだ。会社の従業員は旅行して、大部分が付近県の温泉は目的地を選ぶだ。このような観光が大部分が昼間温泉の近くのゴルフ場と垂釣場などの娯楽施設が痛快に遊ぶ。夜、のんびり温泉に入った後、少し休んで宴会ホールに一堂に楽しく集って、何杯を飲んだら、同僚と心をかよわせる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接