旅情途中的悲与美——浅析川端康成的《伊豆的舞女》毕业论文_日语毕业论文

旅情途中的悲与美——浅析川端康成的《伊豆的舞女》毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

川端康成(1899-1972)是日本文学界“新感觉派”的代表人物,其作品中常融入个人经历,而他的成名作《伊豆的舞女》正是对他年少时的一段伊豆之旅的诗化描述。他以抒情舒缓的笔调描写了一段朦胧纯真的恋情,打动了一代又一代的读者。作为忠实读者的我,通过对《伊豆的舞女》的进一步解读,再次感受着这段旅情途中发生的一些悲于美。

关键词:伊豆的舞女;川端康成;旅途;悲于美

目 次

はじめに 1

1『伊豆の踊り子』に関する先行研究 2

    1. 『伊豆の踊り子』に関連する国内の研究 2
    2. 『伊豆の踊り子』に関連する国外の研究 3
  1. 『伊豆の踊り子』から川端康成を見る 5
    1. 川端康成の家柄の背景 5
    2. 川端康成と伊豆 6
    3. 小説『伊豆の踊り子』に関する 7
  2. 伊豆の旅情の途中の悲しみと美しさ 9
    1. 自然な美しさと情景の悲しみ 9
    2. 女性の美しさと俗世間の悲しみ 12
    3. 感情の美しさと現実の悲しみ 14

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 20

はじめに

『伊豆の踊り子』は日本の文学者、ノーベル賞の獲得者の川端康成の初期の代表的作品です。この作品は清新で繊細な筆致で少年少女の間の清らかでぼんやりしている愛情を描写していたから、日本の読者に愛読されるだけではなくて、同じく多くの国の文字に訳され世界各地に紹介されている。文章の中で描写する 14 歳で天真爛漫でまた風情のある若い踊り子のイメージを独特なものを持って特に人に印象を残る。作者が日本の女性の特色のその他の人物をいきいき描写することによって、文章のストーリの筋を豊かにしただけではなくて、また作品から日本の伝統の女性の思想、日常生活の状態、生存の態度なども伺うことができる。そのため、本論文は先行研究を拝読して、過去の成果を踏まえて、自分なりのものを提示しようとする。本文は『伊豆の踊り子』の研究分析を通じて、川端康成の文学の魅力をさらに知ろうとする。

1『伊豆の踊り子』に関する先行研究

『伊豆の踊り子』に関連する国内の研究

『伊豆の踊り子』は日本の作家の川端康成(1988~1972)が初期創作したのである。作家は生きていた時、この小説はすでに名声が知れ渡って、かつ長期に彼の代表的な作品であると見なされて、『雪国』が発表されるまで。そのから、国内の多くな文学を好む学者はこの作品に対してそれぞれの角度から研究する。このため、私は簡単な総括をして、以下の 3 時は学者達の最もよくある研究の方向である。

第一の角度は事柄を叙述する方法。『伊豆の踊り子』の叙事する方法に分析に通って、作品の中で叙述する芸術をみごとに運用して人物の如実な作成と情景の誇張に対して肝心な役割を果たしたのを発見することができて、それによって『伊豆の踊り子』ははるかに簡単な愛情のストーリを越えて、深刻な社会の価値と人格の反省する力の傑作になる。ノーベル文学賞の賞を与える言葉の中で、「鋭い感銘、ずば抜けている事柄を叙述する技巧、最も民族本性が持つ日本を表現する」[1]を使って、川端康成の文学創作の技法を評価して、その優れている叙事する技法が普通ではない。川端康成の代表的な作品の一つの『伊豆の踊り子』として、きっとその作品の技法が柔軟に運用する成功の手本である。川端の文学の叙事の技法を研究して、私達が一世代の文学の巨匠の作品の特色を鑑賞して参考するのに役立つだけではなくて、また私達にもっと良く日本の文学と文化を理解するように助けることができて、日本人の内心世界を訪れる。

ニつ目の角度は美学の境地である。川端康成は日本の新感覚派の中にの最も特色を備える作家で、彼の小説の中でずっと悲しみと美しさを織りなす独特な

[1] 1968 年川端康成がノーベル文学賞を受けた言葉

芸術の蘊蓄が流れている。『伊豆の踊り子』は川端康成が自分の独特な文学の風格を開始する傑作である。この作品は日本の伝統の風雅、物哀れ、幽玄の美を体現する。『伊豆の踊り子』の美学の境地に対しての分析を通して、川端康成の文学作品の中での美しさと悲しみの互いに結合する審美の意識を解読してことができる。

三つ目の角度は社会の地位である。この小説のヒロインは薫子が一名の 14 歳の芸人である。日本社会の下層部の芸妓として、薫子が生活の辛酸をなめ尽くして、自分の人生の運命に対して掌握して支配する能力がいなくて、社会の大きくな環境の下で、彼女の存在も非常にもろくて無力に見える。ヒーローは一名の大学の予科の学生で、このように明らかに異なる社会の地位の持ってきたすべてが良いのと悪いのは文学の研究者達に日本の女性の社会地位に対して好奇を満たされた。

『伊豆の踊り子』に関連する国外の研究

川端康成が 1968 年にノーベル文学賞を獲得する以来、国内の学者が彼と作品に対しての研究が枚挙にいとまがなくてだけではない、国外の多くの学者も川端康成と彼の作品に対して好奇心を満たした。多くの資料を調べて、国外の学者達は『伊豆の踊り子』に対する研究する方向が国内と大きな差があるのを発見する。しかし、私の最も深い印象は日本の一名の学者の研究の感想である。

「伊豆の美しい風景とともに描かれた学生と踊り子の純粋で初々しい恋心、初恋を自覚 した時の僅かな戸惑いや異性に向けた想い。心が震えるような強い感情描写や展開は無い ものの、好きな人と過ごす喜びやうきうきとした気持ち、別れの寂しさなど、ごく当たり 前の感情が豊かに描かれている作品でした。旅を通して知らなかった世界を知り、旅を共 にした人々との会話や踊り子に対して抱いた恋心が学生にとって自分自身を見つめ直す機

会になったのだと思うと、人との繋がりが人に与える影響はすごく大きなものなのだなと 改めて感じることができます。」[2]

人との繋がりを改めて感じる、 この観点は私を驚かせて、国内の多くの学者

の研究はすべてこの点を話題にしていないで、この人間性の角度から出発する研究の方向は再度探求する値打ちがあるのを感じる。

[2] 日本文学新聞から読者が『伊豆の踊り子』に対する読後感を指摘する

『伊豆の踊り子』から川端康成を見る

川端康成の家柄の背景

川端康成は明治 32 年(1899)に大阪の花町で生まれた。川端の 2 歳に、父は肺結核を患って亡くなってしまった。2 年目、母も父の肺結核に感染させられて人の世を離れたためである。その以来、川端は祖父母から引き取って養育てて、いっしょに原籍の大阪の豊川村に帰って、お姉さんの良子はおじさんの家へ里子に出した。川端の 7 歳の時に、彼を可愛がる祖母も亡くなった。祖父はこの時にすでに目が見えなくて耳が遠くて、豊川村に祖父以外、またその他の親戚がなくて、川端はいまだかつてない寂しくつまらないのを感じる。祖母が亡くなった 3 年は過ぎたばかりで、お姉さんの良子も突然病死してしまった。残る唯一の身内―――祖父も川端の 15 歳のその年に亡くなった。『16 歳の日記』の中で、川端は、「私は不幸すぎて、天地は私寂しく一人が残るでしょう」[3]と悲嘆する。幼い頃から少年まで、川端参加する葬式は数えきれない。彼は人称に

「葬式に参加する有名人」、「葬儀場先生」に称される。身内の次々と亡くなってこの不幸の境遇は川端の特殊な性格を身につけた。川端は『少年』の中で、自分の性格について、「私は不幸で不自然な環境下で成長したのです。そのため、私は頑固なのねじ曲がった人にひとつのなって、おじける心を1つのちっぽけな肉体の中で鍵をかけます。」[4]と述べ表した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接