浅析中日两国端午节的异同毕业论文_日语毕业论文

浅析中日两国端午节的异同毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

在中国,农历五月五日是端午节。而在一衣带水的邻国日本,阳历五月五日是他们的端午节。日本的端午节传自中国,自古以来两个国家都在不断地进行文化交流融合。而端午节作为我国的传统节日,成为我们的文化象征。与此同时,日本端午节与我们遥相呼应。但是由于国家的不同,各自的文化氛围也不同,文化的差异才造就了世界文化的多姿多彩。

本文对两国端午节比较,试图从它们的相同之处和不同之处来分析两国传统文化的特点。

关键词:中日;端午节;文化;比较

目  次

はじめに 1

1 中国における端午の節句 3

1.1 中国の端午の節句の由来 3

1.2 中国の端午の節句の風俗 5

2 日本における端午の節句 7

2.1 日本の端午の節句の由来 7

2.2 日本の端午の節句の風俗 8

3 中国と日本の端午の節句の比較 11

3.1 日本の端午の節句における中国要素 11

3.2 中日における端午の祝う方法の比較 13

3.3 中日における端午の節句の深い意味の比較 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

21世紀に入ってから、経済の高度発展に伴い、物質的生活が豊かになってくる。それと同時に、人間は精神面の充実を追求し続けている。だが、時代の進歩に従って、多くの流行文化が出現して現代の潮流になり、伝統文化に巨大な衝撃を加えた。今、伝統文化が色褪せつつあり、受け継がれないゆえに消失の危機に瀕している。その中で、人々は伝統行事を軽視するようになった、西洋文化特に西洋の行事を徐々に重視し、ブームをも起こすことがある。このような状況に直面している人間は伝統文化を改めて認識し、重視する必要があると思っている。のみならず、今の世界のグローバル化とともに諸国はお互いに密接な関係を築あげてつながっているので他国と切り離して考えられない。換言すれば、どの国でも他の国と経済、文化などの交流を進行しなければならない。他の国との幅広い交流によって色々な新しい物事を獲得できるだけではなく、視野も一層広げることができる。なお、他の国との交流で自国の文化にも詳しく理解することができる。中国に旧暦の5月5日は端午の節句であり、隣国の日本にも端午の節句という祭りがある。中日両国は長い歴史と深い文化の淵源があると知られている。端午の節句は中国の三大伝統[1]行事の一であり、日本にも特色に富んでいる伝統的なお祭りである。

日本には、端午の節句に関する比較研究には端午の節句の縁起についての研究は数多くある。『日々のなるほど歳時記[2]』によると、日本の端午という民間行事は中国から伝わって五節句の一であり、今も「端午の節句」あるいは「男の子の日」と呼ばれ、西暦の5月5日に行われる「こどもの日」という国民の祝日になっている。これも中国の端午は日本で発生した大きな変化の例の一だと思われる。そして、語源由来辞典[3]は日本における端午の遷移過程をこれる説明している。端午の節句はもともと宮廷の祝日から今国民的な「子供の日」に変貌し、濃厚な貴族めいた特色から大衆化するようになった。中日の端午の節句は緊密な繋がりを持っている。

一方、中国では中日の端午の節句の差異に関する研究も多く存在する。その中で钱展(2011)の『探析中日两国“端午节”的异同』は中日の端午の由来の差異を詳しく分析した。伝説、史料を通じて中国の端午の縁起を闡明し、日本の端午の節句は834年の『令義解』[4]や1948年の「国民の祝日に関する法律」などの法令で古くから名を正している。その他、武宇林(2011)の『中日端午民俗文化比较』は両国の民俗活動の視角から端午の節句を比較し、中国歴史の「源遠ければ流長し」という事実を体現した。また、日本は伝統文化に対する大事な態度と効果的な措置を賞賛したうえ、中国は日本へ勉強する必要があるのも指摘した。だが、単に歴史と伝説をめぐって説明したので、文化の正味に触れなかった。

本稿は端午の節句を研究対象とし、中日両国の端午の節句を比較することによって異同点を明らかにする。さらに中日の多種多様な風俗、習慣などを一層了解するようになる。そのうえ、日本の外来文化を吸収、保護する仕方を究明することで中国人は伝統的なお祭りを重視させるようになると思っている。

1 中国における端午の節句

旧暦5月5日は中国の代表的な伝統祭りーー端午の節句であり、中国の長い歴史を持っている伝統的祝日である。端午の節句、また端五、端陽と呼ばれる。そして他の別称ともある。例えば、夏節、娘の節、五月節、浴蘭節などが挙げられる。端午の節句は中国人の二千年あまりの伝統習慣である。また、中国の地域が広大で、民族も多く、そして色々な神話伝説の影響で様々な名が派生されただけではなく各地の代表的な活動も異なりなった。端午の節句の由来というと、見解はまちまちである。例えば、屈原を紀念するという説、伍子胥を紀念するという説、東漢の孝女曹娥を記念するという説、三代夏至節に起源した説、悪月悪日を避ける為の説、呉越民族のトーテムを祭る為の説などが挙げられる。これらの諸説法はをある意味で、端午の節句を説明した。中国の名高い学者である聞一多は『端午考』と『端午の歴史教育』で列挙した数百条の典籍の記録それと考古専門家の綿密な考証によって、端午の起源をさかのぼると、古代の中国において南方の呉越民族がトーテムの弔いをする祝日を行ったことが見つかった。これは屈原についての伝説より更に古い出来事である。しかしながら、屈原の愛国心と感動的な詩歌は中国乃至アジア諸国に広く伝播されて人々の心に深く入り込んでいるゆえに、人間は彼の遭遇を惜しみながら、彼の気骨をも敬服し、彼の物語を広くふりまいて後世にも伝えて続けている。従って、端午の節句は屈原を記念したために行われるという説は最も影響深い言い伝えとなった。即ち、中国人にとって端午の龍船競漕、粽を食べることは屈原に密接な関係があるという考えは根強く揺るぎないことである。

1.1 中国の端午の節句の由来

中国の端午節の発祥について、いろんなパッタンがある。知り渡っているバージョンは屈原を記念するという説である。そして、伍子胥を記念するという設も多くの人に信じられている。

1.1.1 屈原を紀念するという説

端午の節句の由来或は起源についての諸説の中で一番有名なのは屈原を銘記するために誕生した記念祝日というものである。

この説法は初めて南朝梁呉均の『続斉諧記』と宗懍による『荊楚歳時記[5]』に記載されている。資料によると、屈原が汨羅江に入水自殺してから当地の百姓はこの知らせを聞くと船を漕いで屈原を救おうとした。だが、洞庭湖までも屈原の遺体を見つけなかった。雨が降っているけれども、小船は畔のあずまやに集めていた。忠臣である屈原大夫の遺体を引き上げるためにと聞いたら再び雨の中、出動した。このような深い哀悼の意を託すために人間は常に河に船を乗っている。こののち、龍船を競う活動になった。尚且つ、百姓は魚達が屈原の遺体を食べるのを制したために、家に戻り、米の作りものを持ってきて河に投げ込んだ。この行為も次第に粽を食べるという祝賀活動に発展した。ここからみると、龍船競漕や粽など全部は屈原としっかり繋がってきた。唐代詩人文秀の「端午」の「節分端午誰が言える、万古より伝聞す屈原の為と、堪笑す楚江の空渺々たるを、直臣の冤を洗ぐを得ず」[6]という文でこのような変遷を表している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接