『竹取物語』における中国文化の受容;关于《竹取物语》中中国文化的受容毕业论文_日语毕业论文

『竹取物語』における中国文化の受容;关于《竹取物语》中中国文化的受容毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

《竹取物语》是日本现存最古老的平安前期的传奇故事。平安时期,日本派遣了很多遣唐使来中国学习汉文化并带回日本,与日本的传统文化融合后进而产生了国风文 化。学习本稿主要对《竹取物语》中关于中国文化的受容进行论述。通过分析《竹取物语》和中国民间神话《嫦娥奔月》的比较、中国道教和中国唐代传奇的影响,得出了

《竹取物语》是受到了中国文化的影响的结论。同时也对《竹取物语》日本受欢迎的原因进行了分析,《竹取物语》展现了日本自己独特的文化。比如:日本的民间故事的两个特点就是多不设定结婚情节、多出现老人角色。辉夜姬对父母和皇帝的感谢行为,也表现了日本人对“报恩”的重视。此外,辉夜姬的光辉形象也表现了女性崇拜的思想。

关键词: 辉夜姬 中国道教 受容 报恩 女性崇拜

要 旨

『竹取物語』は日本の現存の最古の物語で、物語の祖とされる。平安時代に、多くの遣唐使が中国に派遣されてから、中国文化を勉強して日本に戻って、日本の文化と融合して国風文化が生んだ。本稿は『竹取物語』における中国文化の受容について検討する。中国の『嫦娥昇月』との比較、中国道教からの影響、中国唐代伝奇との関わりの分析に基づき、『竹取物語』が中国文化からの影響を受けた結論に至った。国風化された『竹取物語』について、日本の昔話の特徴、恩返し、女性崇拝思想にも触れた。例えば、『竹取物語』は日本の昔話には老人の役の重視や結婚しないという特徴を示した。かぐや姫は親と帝へ感謝の表現が日本人の「恩返し」を重視することを体現した。かぐや姫の輝くイメージは女性崇拝の思想を示した。『竹取物語』の人気理由は日本の国風文化も体現するからである。

キーワード:かぐや姫 中国道教 受容 恩返し 女性崇拝

目 次

はじめに 1

    1. 背景説明 1
    2. 先行研究 2
    3. 問題提起 3
    4. 研究目的 3
    5. 研究方法と手順 3

第一章『竹取物語』の概説 5

    1. 由来と変遷 5
    2. 位置づけ 6
    3. 評価 6

第二章 『竹取物語』における中国文化の受容 7

    1. 『嫦娥昇月』との比較 7
      1. かぐや姫と嫦娥の共通点 7
      2. かぐや姫と嫦娥の相違点 8
    2. 中国道教からの影響 8
    3. 中国唐代伝奇との関わり 10

第三章 国風化された『竹取物語』 12

    1. 日本の昔話の特徴 12
    2. 恩返し 13
    3. 女性崇拝の思想 14

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 19

はじめに

背景説明

物語は文学形態の一つである。広義には作者が見たことや聞いたことや、または想像を基礎とし、人物や事件について叙述した散文の文学作品である。狭義には、日本の古典文学で、『竹取物語』『伊勢物語』①に始まり鎌倉時代

②の擬古物語に至るまでの物を指す。

『竹取物語』の成立年、作者ともに未詳である。仮名で書かれた現存最古の物語で、物語の祖とされる。『竹取物語』とは通称である。それは『竹取翁の物語』とも『かぐや姫の物語』とも呼ばれてきた。その主な物語は竹取の翁が竹の中から得てかぐや姫の成長と、五人の貴公子や帝の求婚、姫の月世界への昇天である。平安時代に、多くの遣唐使が中国に派遣され、唐の文化を勉強して日本に戻ってから、日本の伝統的な文化と融合させて国風文化が生まれた。『竹取物語』を分析すれば、その中における中国文化の影響があると伺える。

現在、『竹取物語』と中国の『斑竹姑娘』には似ている内容があるので

『竹取物語』と『斑竹姑娘』の比較研究は存在している。さらには、『竹取物語』は中国から日本に伝えられてきたという研究結果もある。古典教材として『竹取物語』の研究もある。『竹取物語』の主題考、主人公輝夜姫と竹取翁の性格論、帝像、求婚などの研究がはるかに多い。しかし、『竹取物語』の輝夜姫が昇天した筋は中国の嫦娥のイメージを受け継いだことが指摘され、不死の薬と長生は中国の道教の影響の研究、『竹取物語』は中国の古代の書物の影響の研究も存在しているが、そのような研究は十分であるとは

① 伊勢物語:平安時代に成立した歌物語。一巻。作者不詳。120 余の短い章段からなり、在原業平らしい人物の恋愛を中心とした一代記の構成をとる。

② 鎌倉時代:(1185 年頃ー 1333 年)日本史で幕府が鎌倉に置かれていた時代を指す日本の歴史の時代区分の一つである。

言いがたい。従って、『竹取物語』における中国文化の受容については検討の余地があると思う。

先行研究

李海蓉(2009)は日本の『竹取物語』と中国の『嫦娥奔月』の内容に対して調査を行い、以下のようなことが明らかになった。

①『竹取物語』は月の信仰と崇拝を全般的に受け継ぎ、月の宮は神様がのんびりと穏やかに生活するところと指摘した。その根拠として、『竹取物語』の構想の基礎を挙げていた。

②『竹取物語』は中国の「嫦娥」のきれいなイメージを受け継いでから、日本人らしいきれいな女の子に変わって、主人公とされた。

③『竹取物語』は中国の昔話『嫦娥奔月』の中の不死の薬と月へ入った内容もあった。そこから、両者とも中国の道教から不老や長寿や昇天の影響を受けた。

曹仪婕(2015)は『竹取物語』が日本の初めての仮名で書かれた文学作品 と述べた。その物語の主人公のかぐや姫の昇天したイメージは中国の嫦娥のイメージを受け継いだと論じた。また、かぐや姫の昇天した内容が出た原因 について、曹仪婕は日本の平安時代の文化は唐の時代の文化や日本自分自身の文化と結び付けいるので、国風文化が形成されたと述べ、さらに『竹取物語』の内容と精神が六朝と唐の伝説の影響を受けてから、日本人によって再創作されたと強調した。

陈晓雪(2012)は日本昔話にはたくさんの物語は中国、西洋の昔話と似た 部分が多く、二つの特徴があると述べた。さらに日本の『竹取物語』と中国 の『斑竹姑娘』を比較し、日本の昔話には老人関係や結婚しないという内容 が多いという特徴を述べた。

曹仪婕(2015)はかぐや姫が両親に孝行し、昇天したとき、親と帝に不死の薬を差し上げ、彼らには長生してほしいということを述べた。それはかぐや姫が親と帝としての知己の感謝の表現であると指摘された。

問題提起

多数の研究者の努力のおかげで、『竹取物語』における中国の文化は徐々に明らかになった。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。『竹取物語』における中国文化の受容の例は少ないように見え、国風の思想によって、『竹取物語』が再創作された今まで日本に影響に関する深い研究も少ないように気づいた。従って、『竹取物語』は中国の

『嫦娥奔月』からの影響を受け継いだ一つの課題となると思う。

研究目的

本研究の目的は、中国の『嫦娥奔月』と『竹取物語』における同じプロットに基づいて、具体的な中国文化の受容を分析してみる。また、『竹取物語』に反映されている日本の昔話の特徴をまとめ、日本の独特の昔話の意義を例に挙げて検討してみる。本研究を通して、日本の『竹取物語』は中国の

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接