制服の着用からみる日本人の教育観毕业论文_日语毕业论文

制服の着用からみる日本人の教育観毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

在日本无论你做什么工作, 都是与制服紧密联系的。本文从制服看日本人的教育观。首先介绍了制服出现的社会背景。接着, 介绍了制服的历史。最后, 介绍制服的意义。

主要以校服为例, 介绍日本校服的由来。校服的出现, 使得学校的面貌有了新的变化。学生的行为更加的规范, 学习氛围更加的浓厚。

与日本相比, 我们还有很多要学习的地方。比如校服的样式, 校服的搭配等。正是因为这个原因, 学生对于校服有很大的偏见。中国应该向日本学习。从样式进行改革, 消除学生对校服的偏见。

关键词:制服 教育 日本 校服

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 1
    4. 研究方法と手順 1

第 1 章制服の紹介 2

    1. 日本の制服着用の社会背景 2
    2. 制服の歴史 3
    3. 制服の意義 3

第 2 章日本の学生服の重要性 4

    1. 学生服の定義 4
    2. 学生服の変遷 5
    3. 学生服の影響力 6
    4. 学生服は学校教育への影響 7

第 3 章中国の教育観に対する啓示 7

3.1 中国人の教育観 9

終わりに 10

謝辞 11

参考文献 12

はじめに

問題提起

日本と言えば、まず日本の制服が思い出すであろう。日本は着服のほかに、学生服も人気の制服である。なぜ制服が好きなのでであろうか。制服の流行の意味は何か。制服の発展と日本の教育に何か関係があるのか。日本の制服に対して、日本人の教育観が制服の影響を受けているかどうかなどの疑問を持って、本論文に至った。

先行研究

陳( 2013) は制服を以下のように紹介している。制服は日本の独特の文化である。制服の出現と発展は日本の教育と文化の産物である。日本の初期の制服と軍国主義の歴史に関係ある。その時、統一性、規律性を強調した。制服はこのような政治気候を体現していた。現代の日本には「制服の大国」のイメージがある。日本人が自律で、公共秩序を守り、職業に尊重し、仕事に責任感があると見られている。制服の流行は、ちょうどこのような国民性を表れている。学生服もそうである。学生服の出現は学校の勉強の雰囲気が良くし、学生は自分の束縛の能力が強化されている。

研究目的

日本人は制服を着ることが好きである。これは日本国民の共通文化になる。制服は日本の民族文化を体現する。特に制服の出現によって学校制度が標準化されている。学生は良い生活習慣を身につけるようになる。本研究の目的は制服の着用から日本人の教育観を究明することである。

研究方法と手順

まず、資料を調べて、日本制服の歴史と影響をまとめる。次に、学生服に関する資料を整理し、学生服の出現と発展を詳しく紹介する。学校の教育にとって、学生服がどんな存在なのかを究明しようと思う。

最後、日本人の教育観と制服との関係を明らかにする。

第1章制服の紹介

制服とは、会社・学校あるいは軍隊・警察など、ある一定の集団や組織の所属者が着用することを目的に規定された服のことである。同じ集団内でも男性と女性の制服の格好が異なる場合も多い。また、普段の着用義務がない服は、標準服や奨励服と呼ばれることもある。なお、制服を英語でいうと、uniform( ユニフォーム) となるが、日本語でユニフォームというと、違ったニュアンスの言葉として使われることがある。

日本の制服着用の社会的背景

第二次世界大戦後、敗戦国としてはどうして日本の経済を快速に発展させるのか。答えは「毎日何千万の人が不安全感と絶えず心配を異動されている」ことである。日本人は一つの普遍の信念を持っている。人々は他人の監督を受けなければならない。それで、一人の外見は最も重要である。そして、他の人との統一性が重視されている。日本の社会で、どんな社会のキャラを演じるにせよう、制服とは密接な関係がある。

日本の初期の制服は、日本軍国主義の歴史と緊密な関係がある。当時の社会背景には国民の統一性、規律性を強調した。制服がこのような政治気候の外在の体現となっていた。今の日本には人々に「制服の大国」のイメージがあるのは、日本人の自律、公共秩序を守るからである。制服は 1 種の文化である。制服の文化

は人々の普段の生活に浸透させる。制服の着用は職業への尊重と仕事への責任感を強調している。

制服の歴史

西暦 6~ 7 世紀、商店、級別あるいは業界の制服は日本の制服史の序幕を開いた。その時の朝廷の官吏が官吏の等級によって違う制服を着た。聖職者は異なる服装で自分の身分を証明する。幕府の武士の制服は着物であるが、その身分と官職の高低によっても細かい点で違うところがある。

20 世紀 50 年代後に、日本の経済は高度発展の時期に入った。特に 1964 年の東

京のオリンピックと 1970 年の大阪の世界博覧会後で、制服は各分野に入り始めており、ファッションブームになった。普及度は最高に達した。日本の制服はこの時期でデザインから理念まで世界の先端を歩んだ。

現代日本の制服は仕事の制服、サービス業の制服、学生服、スポーツウェアの六大類に分けられる。20 世紀の 80 年代のバブル経済は消極的な影響を持ってきて、ここの数年、制服はサービス業に引率される。制服は多元化の時代に入る。制服の需要が急速に増加する。

制服着用の意義

制服は職業の特徴を表示してある。制服は社会生活の各方面に使われる。例えば、ホテルの従業員の服や学生服や看護婦の服や学位の服などがある。日本で、制服は人々の生活の各方面を浸透されている。たとえば清掃員や保安であり、きれいで整然な制服を着る。

集団主義は日本人の人間関係と社会行為の一つの顕著な特徴であるので、どこで旅行をするにせよ、一人で旅行する日本人の姿が少ない。彼らは常に会社と集団を単位に活動を行う。だから、制服の着用は統一感と帰属感が持たせる。外国人が日本に来、町中に制服の光景を見ることに思わず驚く。日本文化の中で、秩

序整然として、個性的な部分を無視するのは日本の制服文化によって達成している。

不同な仕事の制服を着、身分も変化する。制服を着用することによって人の外見を変えるだけではなくて、人々の生活の態度を変える。

第2章日本の学生服の重要性

学生服の定義

現代の中国語大辞典の注釈によって、学生服は学校の統一のデザインの学生の服装である。その初期で、宗教活動の人員は標準服装を着る。また、ローマ帝国と他の古い文明の軍隊は制服を使用したのである。後で、制服は発展し、学校の学生の特定の服になる。中世のイギリス教会の学校には学生服が現れる。イギリスで、学生服は一種の符号であり、一つの印であり、身分のシンボルである。その後、日本は西洋を勉強し、学生服制を実行する。

学生服の変遷

日本の伝統学生服は 2 つの発展段階に分かれている。明治時代の学生服は特定の社会階級を表示し、中学だけに存在して、社会の傑物を指すという作用がある。明治時代の後で、日本は徐々に大衆教育へ発展し、制服も一般大衆に向けるようになった。

日本伝統的な学生服は、ヨーロッパ軍服の影響を受けた。男子学生は一般に黒色あるいはネイビーブルーのスーツパンツを着、また立ち襟ジャケットを着る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接