从《first class》看日本的职场文化 『first class』から見る日本の職場文化毕业论文_日语毕业论文

从《first class》看日本的职场文化 『first class』から見る日本の職場文化毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

在日本工作的中国人对于日本的职场文化都有自己的意见。同时,这样的一种看法也反映在工作中,因为不能很好地理解文化习惯,从而在工作中增加麻烦,因此在本文中详细阐述了日本的职场文化。

日本人集团意识强烈,遵守规则,有上进心,对组织忠诚。日本人的这些特征也构成了日本职场文化,虽然日本世界第二次世界大战战败后,经济遭到较大的衰败,但是日本的经济任然迅速发展起来。这也是因为日本有着自身特点的职场文化,并付出持之以恒的努力达到的。因此,职场文化是日本经济快速发展的重要原因。本论文为了把握日本职场文化的精髓,主要论述了日本职场文化的发展,进而探讨了现今的职场文化。本论文是通过《First Class》来考察日本的职场文化。

关键词:《First Class》 职场文化 企业文化 发展

目 次

はじめに 1

第一章 『first class』について 2

1.1 『first class』の概要 2

1.2 『first class』の特徴 3

1.3 『first class』における日本の職場文化 3

第二章 日本の企業文化の形成 3

2.1企業文化とは 4

2.2企業文化の発展 4

第三章 日本の職場文化について 5

3.1仕事への献身精神 5

3.2人情味 6

3.2.1他人に迷惑をかけない 6

 3.2.2厳格な仕事スタイル 6

第四章 どうすれば日本企業の職場達人になるか 7

4.1人間関係 7

4.2職場の心理を応用する 8

4.2.1明確な目標 8

4.2.2順調に進む職場の1歩 8

4.2.3自分を維持して、初心を忘れない 9

おわりに 9

参考文献 10

謝辞 11

はじめに

本論の目標

 日本は慎重的な国であり、この精神は、日本人の仕事や生活にも浸透している。特に職場では、このような態度はどこにでもある。日本の職場では、世界に注目された発展があって、そのため、日本の職場風土も自分の特性を持っている。そして、日本企業で働く中国人として、その国の文化に適応するために、前もって日本の職場の発展、文化の特徴、また、職場のルールを理解しなければならない。それによって、よりよく仕事できるようになる。

先行研究

 先行研究を調べると、日本の永田美江子の『日本における企業文化とホスピタリティの関係』で複雑化する社会と人々の価値観の変化の中で、私たちが自覚したいひとつの指針としてホスピタリティを議論にあげ、ホスピタリティが日本の企業文化の中でどのような位置を占めているのかを考えていく。中国の董臨萍による「職業キャリア初期における従業員のエンゲージメント度の研究」では、職務専念度は従業員の行動に影響する重要な要素であり、企業の存続と発展と密接に関連している。

本研究の方法

 本研究を始める前に、『first class』を視聴して日本の職場文化を検討する。さまざまな資料を集め、先行研究を多く読み、日本の職場文化の発展について、日本企業の職場達人になる方法をまとめる。最後に、自分なりのいくつかの考えを総合、整理する。

論文の構成

 まず第一章では、『first class』をまとめ、日本の職場文化を詳しく展開する。第二章では、日本の企業文化の形成について、職場文化の定義と発展をまとめる。第三章では、日本の職場文化を詳しく説明し、それを本論の中心としてまとめる。第四章では、日本企業の職場でうまく立ち回る方法をまとめる。

最後に、前に述べたことをまとめ、自分なりの意見を述べる。

第一章 『first class』について

1.1 『first class』の概要

 ファッション業界で働くことを夢見ながら、東京ー下町の衣料材料店で働いていた吉成ちなみがファッション雑誌『first class』の編集部に勤務することになるも、編集部の上司や先輩、専属のファッションモデルから壮絶ないじめに遭う物語を通じ、女性同士のコミュニケーションにおいて、自己の優位性を態度や言葉で主張し上下関係の格付けをしあう「マウンティング」の生態を描くことがテーマとなっており、タイトルの「first class」とはこの上下関係の頂点を意味している。それと同時に、吉成ちなみが困難を乗り越え、頂点に立つ物語を描く「現代版・裏シンデレラストーリー」であることも強調された。

1.2『first class』の特徴

 番組では、「悪魔の心の声解説」と銘打ち、登場人物が副音声で作品を解説するという試みが行われた。内容は本編に比べ、バロデイやメタ発言、楽屋落ちが連発されるコメディタッチのものになっており、レミ絵役の菜々緒は「雑音漫才実況」にコメントしている。また、フジテレビ系列での再放送においては第1・2話分の解説が新録され、その収録の様子もメイキングとして公開された。この副音声に対しては、ザテレビジョンドラマ アカデミー賞で特別賞が授与された。バラレルショートドラマ(通称:パラドラ。)『ファースト・クラス・ガールズ』の動画配信をしている。この作品では本編の主人公であるちなみは登場せず、本編の合間に起こったMIINAとERENAの舌戦とそれを取り巻く編集者たちのマウンティングを中心として描き、最後に勝者を決めるというストーリーである。

1.3『first class』における日本の職場文化

 『first class』の主人公は吉成 ちなみである。彼女の身分はこのような変化を体験した。衣料材料店「Tokai」販売員 → 『first class』アルバイト編集部員 → 『プエルト』副編集長 → 『first class』編集長。ファッション業界を志望し、服飾系の専門学校を卒業して、衣料材料店の販売員として働いていたが、不況の煽りで閉店することになり、大沢の母・美佐枝の口添えでインターン(見習い)として詢香社ではたらくチャンスを貰う。

 主人公は編集部でのマウンティングでは圧倒的な最下位で、先輩や専属モデルからの壮絶な嫌がらせを受けたが、困難を乗り越えて行くことにする。新雑誌『プエルト』の副編集長に抜擢されるが、小夏にこれまでの仕事の仕方やファッションなどは全否定され、同時にエディターとしての責任を取ることにより、他人を思いや甘い考え方を捨てた。大沢が退職後、彼女を推薦し、『first class』の新編集長に就任した。

 『first class』最終号を作り、編集部の仕事をやめ、退職した。服を作ることは自分の理想として、服飾デザイナーになり、転職する。番組サブタイトルやナレーションでは一貫し、役名ではなく「沢尻エリカ」と呼ばれている。

第二章 日本の職場企業文化の形成

2.1 企業文化とは

 「企業文化」という言葉がアメリカ人から提唱されたが、それは日本人によって最初に実践をされていた。第二次世界大戦で、日本の国内経済は深刻な破壊を蒙った。人々は日本が経済を回復するために、長い時間がかかったと思っているが、すぐ事実はそうではないことが発見された。日本製品が次々と世界の各国のドアをノックして、特にテレビ、車などがほとんど米国の市場を占めていたとき、米国は日本の発展の謎を研究し始めた。日本が短い期間の経済成長を実現し、世界第2位の経済大国に急速な上昇する主因が日本の企業文化

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接