中日拒绝表现的对照研究--基于礼貌理论(中日の断り表現の対照研究—ポライトネス理論に基づく)毕业论文_日语毕业论文

中日拒绝表现的对照研究–基于礼貌理论(中日の断り表現の対照研究—ポライトネス理論に基づく)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

众所周知,语言是文化的载体。每个国家由于文化背景的不同,其语言表达的方式也会不同。有关拒绝的表达方式也会不同。因此,为了提高成功交际的可能性,减少在跨文化交际过程中产生的误解,摩擦,对拒绝行为进行全面的研究是很有必要的。

拒绝是一种违背对方意愿的行为,具有破坏人际关系的危险性。而在日常生活交际中,拒绝对方的请求是不可避免的。如果无法在拒绝过程中使用合适的拒绝方法,很可能会引起误解进而导致交际的失败,让被拒绝者无法接受。

鉴于此,本文着重在公司中交际场合的“拒绝”行为,以礼貌策略原则角度出发,对中日拒绝请求行为进行对比研究,从而找出以构成拒绝请求表达的典型组成部分,即“语义公式”为方法进行分析考察,找出中日两国语言使用差异。希望中日的职员在了解中日在拒绝行差异的基础上,实施“拒绝”行为时,进而减少一些跨文化交际的障碍,使得交际顺利进行。

本论文由以下内容构成:

第一章即序章,简单阐述本研究的动机,目的,意义,以及礼貌原则先行研究的概况,拒绝行为的中日先行研究成果。

第二章主要对拒绝行为的概念,研究方法,以及中日的电视剧动漫中的商务场合拒绝行为进行研究。研究方法具体包括数据的收集,研究的顺序,研究的意义公式。最后是研究的总结。

第三章主要对中日的拒绝行为表现差异的原因进行阐述,从拒绝表现来看中日的文化不同。

第四章即终章,简单的阐述中日两国在拒绝表达行为上的特征及原因,概括本文的结论和观点。

キーワード: 拒绝表现 礼貌原则 语义公式 中日对比

要 旨

周知のように、言語は文化のキャリヤーである。文化の背景が異なって、その支配の言語を受けて交流の方法を表現してきっととても大きい相違が存在する。その断り方法も一つである。そのため、交際の可能性を増大して成功させるために、文化交際の過程で発生する誤解および摩擦を減らして、断り行為に対しての研究を行う必要がある。

断りは相手の願望の行為に背くので、人間関係を破壊する可能性がある。日常生活交際の中で、場所によって相手の願いを拒絶するのが避けられない。もしその過程で適切な断り策略を使うことができなく、恐らく誤解至っては交際の失敗を招き、拒絶者は受けないと感じられる。

それゆえ、本文は会社の中で断り行為について、ポライトネス原則を使い、中日の拒絶行為に対しての対照研究を行い、断り表現の典型的な部分を見つけて、「意味公式」1を方法にして分析と考察し、中日両国の言葉の相違を探す。中日の職員は中日の断り行為の相違を了解の上、断り行為を実施する時、できるだけ文化交際時の障害を減らして望む。

当論文は以下の内容から構成している:

第一章では序章、本論のねらい、構成および本論におけるポライトネス理論の先行研究の概況、中日の断り行為の先行研究成果を詳しく解釈する。

第二章は主に断り行為の概念、研究方法、および中日のドラマの中のビジネスの場面の断り行為を研究する。

第三章では主に中日の断り行為に対して相違の原因を詳しく述べ、断り表現から中日の文化の相違点を見る。

第四章は終章、中日両国の断り表現の特徴とその原因を述べる、本文の結論をまとめる。

キーワード:断り表現 ポライトネス理論 意味公式 中日対照

1 『意味公式』:藤森(1995)によると、「意味公式とは発話を社会の相互作用の中で見た場合の発話行為具現化のための最小機能単位である。」

目 次

第一章 序 論 1

    1. 本論のねらい 1
    2. 先行研究 1
      1. ポライトネス理論に関するの先行研究 1
        1. ポライトネスとは 1
        2. Bamp;L のポライトネス理論 1
        3. リーチによるポライトネス理論 2
      2. 断り表現に関する先行研究 2
        1. 日本側の研究結果 2
        2. 中国側の研究結果 3
    3. 先行研究の意義と問題点 3
    4. 本論の構成 3

第二章 ポライトネス理論に基づく中日の断り表現 4

    1. 断り表現とは 4
    2. 研究方法 4
      1. データ収集 4
      2. 研究の手順 4
      3. 意味公式 4
    3. 研究 7
      1. 日本語のテレビドラマにおける断り場面 7
      2. 中国語のテレビドラマにおける断り場面 9
    4. 研究のまとめ 10

第三章 断り表現の成因 11

    1. 日本人の断り表現から見られる日本文化 11
    2. 中国人の断り表現から見られる中国文化 12

3.3 結論 12

第四章 終わりに 13

参考文献

第一章 序 論

    1. 本論の目的

断りのは相手の願望に背く行為である。日常生活交際の中で、場所によって相手の願いを拒絶することが避けられない。

最近、中日の貿易関係の発展につれて、中国の会社員と日本の会社員がよく接触し、お互いのコミュニケーションする機会も増えできた。当然そのような接触の中で、文化的なと社会的な原因で、摩擦や誤解が生じることが予測される。そして、文化の違いによって、日本人の会話習慣をよく知らないのため、不適な言い方を使うと、不愉快なコミュニケーションを引き起こす可能性が高い、あるいは、相手に良くないイメージを残される。したがって、本論は、日本人社員と中国人社員を対象とし、会社における依頼に対する断りの場面を調査する。また、日本人はポライトネスを重視するという点をよく知られるゆえに、本論はポライトネス理論を基づき、中日の断り表現の違う点を探し、分析する。今後の日本企業に働くときに役に立とうと願う。

先行研究

ポライトネス理論に関するの先行研究
ポライトネスとは

Brown amp; Levinson (1978/1987以下 Bamp;L) によってポライトネス (politeness) とは、「会話の参加者がお互いのフェイス(自己決定・他者評価の欲求)を侵さないために行なう言語的配慮のことである」と確立された。北尾(1988)は「ポライトネスとはコミュニケーションにおいてお互いの人間関係をより円滑にし、効果的なコミュニケーションを行うためのストラテジーであり、敬語表現や丁寧表現を含んださらに大きな概念である」と述べた。

これまで発表された主なポライトネス理論は、リーチ、Brown amp; Levinson、グライスを中心に行われた。以下詳しく説明する。

Bamp;L のポライトネス理論

彼らのポライトネス理論とは、「polite」という一般用語とは異なり、「円滑な人間関係を確立・維持するための言語行動」(宇佐美 2002)と定義される。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接