中日现代儿童文学中的“学校”的比较(中日現代児童文学における「学園」の比較)毕业论文_日语毕业论文

中日现代儿童文学中的“学校”的比较(中日現代児童文学における「学園」の比較)毕业论文

2021-04-01更新

 

内容提要

中国与日本的儿童文学中,学校是一个很重要的形象,以学校为舞台的作品也很多,曹文轩的《草房子》与黑柳彻子的《窗边的小豆豆》就是其中的代表作。本论文通过对两部作品的内容和对作者的比较分析,可以对作者所追求的理想学校有更明确的认识。《草房子》把贫困乡下的油麻地小学作为舞台,基于自己孩提时代的经历,用诗意的笔触记叙了少年少女们的成长故事。而《窗边的小豆豆》则以昵称为小豆豆的黑柳彻子曾就读的巴学园为舞台,栩栩如生地描绘了校长小林宗作和巴学园的小伙伴们。曹文轩在作品中强调了历经苦难在学校中的成长,而黑柳彻子则通过作品描绘了巴学园的尊重孩子个性发展的独一无二的教育理念。从两部作品所带来的巨大社会反响中,可以感受到作品对学校教育有更深远持久的意义。

关键词:学校 对比 成长 个性

要旨

中日の児童文学において、「学園」は重要な舞台であり、「学園」を舞台にした児童文学作品も多数ある。曹文軒の『サンサン』や黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』はその代表作の一つである。『サンサン』は貧しい田舎のある草ぶきの油麻地小学校を舞台とし、作家の子ども時代の物事をモチーフに、少年少女たちの成長の物語を詩情豊かに描いたのである。『窓ぎわのトットちゃん』はトットちゃんこと黒柳徹子が通学したトモエ学園を舞台とし、そこで学ぶ子どもたちと校長先生小林宗作の姿をいきいきと描いたのである。本論は作品内容と作家自身の比較によって、作家たちの理想的「学園」の特徴を明らかにする。曹文軒は作品において、苦難を通し「学園」での成長を強調するのに対して、黒柳徹子はトモエ学園の子どもの個性を尊重するユニークな教育方法を書いた。作品の多大な影響力から、学校教育に対する深い意味がわかる。

キーワード:学園 比較 成長 個性

目次

はじめに ……………………………………………………………………………1

第一章 中日児童文学の流れ …………………………………………………1

1.1 中国児童文学の歴史  ………………………………………………………1

1.2 日本児童文学の歴史  ………………………………………………………2

第二章 作品から探る「学園」の特質 ………………………………………4

2.1 「学園」の様子 ………………………………………………………………4

2.2 校長(教師)像と教育方針 …………………………………………………6

2.3 子ども像 ………………………………………………………………………10

第三章 作家を語る  ……………………………………………………………13

3.1 曹文軒という作家 ……………………………………………………………14

3.2 黒柳徹子という作家 …………………………………………………………15

おわりに ……………………………………………………………………………16

はじめに

目標と構成

中日の児童文学において、小学校を舞台にした児童文学作品は多数ある。本論は、中日現代児童文学における学園像を研究したいと考えている。理想的「学園」の特質とは何かという課題を、文学作品から探ることによって明らかにしようとする。曹文軒の『サンサン』(1997)や黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』(1981)を中心に考察する。

まず、第一章では、先行研究により、中日児童文学の歴史を把握することに努める。児童文学の歴史を段階ごとに整理する。特に両国の発展の過程、当時の社会文化、背景などを跡付ける。

次に第二章では、作品論を中心に、作品そのものから学校に関する内容を抽出し、実例をあげながら分析する。共通点と相違点を比較しながら、作家の理想的「学園」の特徴を明らかにする。

第三章では、作家論を中心に、作家個人の人生経験や人間性などの側面から検討する。また、作品における「学園」が読者の目にどのように映っているのかについて研究する。感想や評論を整理し、その作品の影響力と教育意義を研究する。

最後に、それまでの考察に基づき、自分なりに結論を出し、また、小論の不足点と今後の課題について述べる。

第一章 中日児童文学の流れ

まず、先行研究により、これまでの中日児童文学歴史を簡単にまとめる。

1-1 中国児童文学の歴史 

中国において、児童文学が系統的文学の一つのジャンルとして認められるのは一般文学と同じく、1919年の五四運動期である。孫毓修による『童話』叢書(1909~1920)は最初の子ども向けの出版物とされている。このシリーズは、近代中国児童文学の基礎を築いたと言えよう。

解放前には、魯迅と周作人をはじめ、張天翼、冰心、茅盾らは中国児童文学の発展に大きい役割を果たした。魯迅は小説『狂人日記』(1918)の最後で「子どもを救え!」と叫んで子どもに関心を寄せ、啓蒙的活動に力を尽くした。一方、周作人は『童話研究』(1923)や『児童文学小論』(1932)などの児童文学理論著作を残して、「児童本位」という新しい児童観を提唱した。児童本位とは、子どもの視点や子どもの興味を大事にすべきだという理念である。だが、数多の作家たちが作品を武器として当時の社会や政府を批判する政治性は強く、「子どもを対象という側面が見えにくいきらいはあった(張錦江1994)」。

1949年以降には、孫建江(1995)は現代中国児童文学の「思潮的流れを教育性→文学性→児童本位」として捉えている。50年代の児童文学作品において、子どもから遊離したものが多く、具体的な子ども像を描くより、作品の教育性が求められていた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接