从电影《日本沉没》来看日本人的危机意识 (『日本沈没』から見る日本人の危機意識 )毕业论文_日语毕业论文

从电影《日本沉没》来看日本人的危机意识 (『日本沈没』から見る日本人の危機意識 )毕业论文

2021-04-02更新

 

内容提要

《日本沉没》是一本于1973年出版、由小松左京著作的日本科幻小说。为第27回日本推理作家协会赏、第5回星云赏日本长篇组的得奖作品。同年东宝将之拍摄成电影,结果大大轰动了日本社会,也成为了灾难电影热潮的先驱者。东京广播公司于2006年将电影翻拍。另外,本作品也被改编制作成特摄电视剧、漫画和广播剧。

本文就2006年版的电影《日本沉没》中反映出的日本国民的危机意识进行讨论。笔者通过查找资料,首先就电影本身反映出的日本国民的危机意识进行简要分析,其次就日本国民的危机意识对日本社会产生的影响进行阐述,最后追究深藏在日本国民心中的危机意识产生的原因。笔者希望通过对日本人的危机意识的研究,能够对日本国民有进一步的了解,并从中得到启发。

关键词: 《日本沉没》 日本人 危机意识 影响 原因

要旨

『日本沈没』は、1973年に刊行された小松左京による日本のSF小説、及びこれを原作とした映画、テレビドラマ、ラジオドラマである。映画は、1973年と2006年に、ラジオドラマは1973年と1980年にそれぞれ2度製作された。

本稿では2006年版の映画『日本沈没』反映された日本の国民の危機意識について考察をしてみた。情報を集めた上で、映画自身から反映される日本の国民の危機意識について簡潔な分析を行い、そして日本の国民の危機意識が日本社会への影響に対して詳しい分析を行い、最後に日本国民の心の中に深く潜んでいる危機意識の原因を明らかにした。日本人の危機意識についての研究を通し、日本の国民への理解をいっそう深めること、そして啓発を得ることを望んでいる。

 

キーワード:『日本沈没』 日本人 危機意識 影響 原因

目次

はじめに………………………………………………………………………………………1

第一章…………………………………………………………………………………………2

1.1映画の粗筋……………………………………………………………………………2

1.2原作や前作と相違点…………………………………………………………………3

1.3映画についての評論…………………………………………………………………3

第二章…………………………………………………………………………………………4

2.1主人公から見た日本人の危機意識…………………………………………………4

2.2監督のやり方…………………………………………………………………………4

2.3特殊撮影の効果………………………………………………………………………5

第三章…………………………………………………………………………………………6

3.1良い点…………………………………………………………………………………6

3.2悪い点…………………………………………………………………………………6

第四章…………………………………………………………………………………………8

4.1自然的な原因…………………………………………………………………………8

4.2人為的な原因…………………………………………………………………………8

おわりに……………………………………………………………………………………10

はじめに

『日本沈没』は、1973年に刊行された小松左京による日本のSF小説、及びこれを原作とした映画である。映画を見ると、日本人の国民全体が心の中に強く危機意識を持っていることがよくわかった。そして、その危機意識が日本社会に各方面で深く影響していることもわかった。たとえば、日本では、自然的な要因でほかの国より地震が多いので、日本政府および日本国民の防災意識はずっと前からほかの国民より一層強い。それゆえ、地震が発生した後、死傷の状況はあまり深刻ではない。一方、危機意識のせいで、日本社会は重苦しい雰囲気に包まれている。日本人もそのため悲観的に自分の人生に直面しやすい。本論はその危機意識を追究し、多方面の原因をまとめ、いっそう日本の国民と日本社会を了解したいと考えた。

まず第一章では、映画『日本沈没』の粗筋とそれに関するの評論を紹介する。第二章では、映画から見た日本人の危機意識を述べる。主にシーンと主人公の角度から危機意識を分析しようとする。そして第三章では、危機意識の日本への影響を紹介する。第四章では、危機意識の発生原因を詳しく分析してみる。最後に、前に述べたことをまとめ、今後の課題について述べる。

  1. 映画『日本沈没』について
    1.  映画の粗筋

『日本沈没』に基づいて映画化した作品は1973と2006年のものがあるが、本稿は2006年版の映画『日本沈没』を研究対象とする。

『日本沈没』、映画のタイトルを見るとストーリーがほぼわかるだろう。ある日、日本南部の海面のある無人島が突然沈んだので、政府の臨時に成立した一つの専門家調査組みは国際海洋開発センター所属の深海調査艇「わだつみ6500」に乗って、その原因を究明に現場までたどりついた。有名な地質専門家の田所をはじめ、専門家たちが各方面のデーターに基づいて、日本列島は一年以内沈没することと予測した。それで、さまざまな分野の人は日本沈没に直面する時それぞれの考えを順番に述べた。まずは、首相をはじめ、日本人のほとんどは何もしないで、日本と一緒に沈むという消極的な考え方を持っている。それに対して、異なる考えた方を持つほかの人の代表として、首相代理はいかなる手段で日本を救おうと決心した。首相代理はリーダーとして、国民を分散さようという「D2計画」を立てた。外国と繰り返し交渉して、日本政府は21カ国へ1億2千万人口のうちの840万人を非難させた。しかし、一部の国は日本人にやたらに入られるとと本国の生活の水準の下落と疫病が流行っていることを招くこと心配していた。日本が沈む前、専門家たちが日本を救う方法を見つけた。この時、主人公が登場して、彼の大事にする人を守るため自分の命を捨てて、その方法を従って、日本の沈没することを止められた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接