日本情人节巧克力折射出的义理与人情 ( バレンタインのチョコに見られる日本人の義理意識)毕业论文_日语毕业论文

日本情人节巧克力折射出的义理与人情 ( バレンタインのチョコに見られる日本人の義理意識)毕业论文

2021-04-02更新

要旨

バレンタインのディーは西欧から日本に伝わった祝日であるが、そのチョコの贈答習慣やルールは西欧のと違って「本命チョコ」と「義理チョコ」という日本特有の方式で行われる。本論文の研究重点は「義理チョコ」に置かれ、その贈答の意義、注意点とルールを詳しく述べることで中から垣根見られる日本人特有の集団意識、恩返し意識や贈答意識といった義理意識や日本人の言動に及ぶその影響を深く分析する。結論は義理は日本人の社会道徳規範の基本として日本人の民族性格に根深く定着してしまっていることを指摘し、そのうえ、 遡って「義理」の定義、本質、日本社会におけるその影響、また「人情」との関係をさらに研究して「義理」への分析と理解を一段と強化することを目指したいと思う。

キーワード:義理チョコ 義理意識 社会道徳規範 影響 人情

概要

情人节是从西方传到日本的节日,但是其巧克力的赠与习惯和赠与规则与西方不同,产生了“本命巧克力”和“义理巧克力”这一日本独有的庆祝方式。本论文的研究重点放在义理巧克力上,通过详细叙述其赠答的意义,注意点,和赠与规则从中窥视出日本人独有的集团意识,报恩意识,以及赠答意识等义理观念以及对日本人言行的影响。得出的结论是义理作为日本人的社会道德规范基准已经在日本人的民族性格中根深蒂固。在此基础上追根溯源,对义理的定义,本质, 对日本社会的影响以及和人情的关系进行研究,进一步加强对义理本身的分析和理解。

关键词:义理巧克力 义理观念 社会道德规范 影响 人情

目次

はじめに 1

*本論の意義 1

*本論の研究方法と手順 1

第一章 日本のバレンタインディーについて 1

    1. 日本のバレンタインディーについて 1
    2. 日本のバレンタインディーの起源とチョコの流行 2

第二章 「義理チョコ」から見られる義理意識 3

    1. 集団意識について 3
    2. 恩返し意識と贈答意識について 5

第三章 「義理」の定義、本質と言動への影響と人情 6

    1. 「義理」の定義と本質 6
    2. 義理意識の言動への影響について 8
    3. [義理]と「人情」の関係について 9

おわり 10

はじめに

*研究の意義

日本のバレンタインディーは周知のことであると思う。そして、その日に女性から男性へチョコを渡すのも常識であろうが、なぜ本命のチョコのほかに義理チョコが存在しているか、義理チョコの贈答規則はなにかと知っている人はあまり多くないと思う。西洋のバレンタインディーはなぜ日本にこんな特別な形になるかと疑問を抱えている人はかなりいるであろうと思う。本稿は日本のバレンタインのチョコの贈答を詳細に紹介する上にその原因は日本社会に根深く定着している義理意識にあると解明し、さらに義理意識の文化根源、定義、社会風俗習慣や日本人の価値観念への影響などを述べてみる。これによって、日本人の道徳観と行動モードを理解するのに役立つであろうと思う。

*本論の研究方法と手順

日本のバレンタインのチョコの贈答とその中に含まれた意義についてもっと知りたいと思っている。そして、雑誌に掲載された論文や雑談、新聞記事にでてきた材料ならびにインターネットから検索された資料を分析し、整理してみたいと思う。慨して言えば、まずはバレンタインに関する基礎知識、例えば起源、流行や贈答規則などを紹介しようと思う。それから、チョコの贈答にあわせてチョコの中にこめられた抽象的な文化意義や人情義理を詳細に分析することによって、結論を導き出そうと考える。

第一章 日本のバレンタインディーについて

日本のバレンタインディーの起源とチョコの流行

日本で一年中にわたっていろいろな伝統行事が行われている。その中のバレンタインという祝日がもともと日本独自のものではなく、西洋から伝えられた今のところ特に若者の中で人気的な祝日である。毎年の二月十四日は一年一度のバレンタインのディーで、チョコレートの贈答が大変活発になる。ところが、 日本人にとってこの祝日の祝い方と意義は欧州各国と異なり、日本独自の味や習慣が形成されている。

バレンタインディーは1936年菓子製造会社のモロゾフが広告の中で初めて祝日を日本に紹介してチョコを愛のプレゼントに推薦した。しかし、話によれば最初のバレンタインにチョコは3しか販売されなかったそうである。その後、1958年もうひとつのマリアというチョコ製造会社の営業主任がまたこの話題を借りて東京の新宿の伊勢丹というデパートで「バレンタインにはチョコレートを女性から男性に」と名づけたキャンペーンを繰り広めた。この日に女性が積極的に好きな男性に愛意を象徴したチョコを渡すことを励ました。 しかし、当時女性から愛を告白するのは恥ずかしいどころか、ぜんぜん考えられないほどのことなのでこういう相対的に大胆なスローガンは人々にあまり関心されていなかった。愛している人やお友達、家族にプレゼントしようというコンセプトのものである。1970年代になって少しずつ流行しはじめた。 なぜならその時はちょうど日本の女性が社会進出を始めたところである。女性はだんだん社会に進出し、意見を言えるようになったゆえ、「愛の告白」もようやく勇気を出して告げられるようになった。そこで以前誰からも誰にでも贈れる「バレンタインのチョコレート」を「この日だけは女性から男性に愛を告白する日」であるというイメージをつけ、女性の購買意欲をそそった。そして日を追って1980年に入って、こういう女性から男性へチョコを贈る習慣は完全に根深く定着してしまった。ただし、その贈る相手の男性は必ずしも自分の気に入った男性にとどまらず、普段世話になっている何人かの男性にも贈ることがある。前者のチョコは「本命のチョコ」、後者のチョコは「義理チョコ」 と呼ばれて日本ならではの言葉が生じたのである。

「義理チョコ」の贈答ルールについて

「本命チョコ」は普通手作りのチョコで女性の愛意のこもったものであるから自分の愛している男性一人だけへ渡すことである。ただ、「本命チョコ」より一段と広く盛んに送られるのは「義理チョコ」と言うものである。日本は非常に礼法を遵守し尊ぶ国であるからここで「本命チョコ」と「義理チョコ」をはっきり区別するように注意しなければならない。間違いが出たら相当な窮屈なことになるかもしれない。したがって、贈る相手やチョコなどに限って、一定のルールがあるわけである。

「義理チョコ」は普通「本命チョコ」と違ってデパートとかスーパーとかで買える既製品である。相手に「義理チョコ」を渡すとき、適当な社交辞令を付き添えて相手にこれはただ単純な感謝の意を表すチョコであると感じさせるべきである。例えば、商業活動の場合では「いつもお世話になります」などを言い添える。もし相手は既婚者なら「お帰りになって奥さんと一緒にめしあがってください」とかをいって、誤解を招かないように留意しなければならない。 これでたとえ相手がどれだけ鈍感な男性でも「義理チョコ」であるとすぐ分かるのであろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接