戦後の日本における家庭観の変化について毕业论文_日语毕业论文

戦後の日本における家庭観の変化について毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

战后,日本社会发生了很大变化,经历了民主改革,大家族分裂,人口向大城市转移。小家庭数量增加,人们的思想也发生了很大的变化。女性地位的提升,婚姻观念发生变化,男性不再是家里唯一的经济来源。

步入现代,老人退休后与家人的沟通产生隔阂,中老年的离婚率不断上涨。其次晚婚晚育甚至不育的思想在年轻一代中影响逐渐变大,直接导致了现代年轻人对于家庭观念的改变,结婚率逐年下降,离婚率逐年上升,同时也间接产生了一系列的社会问题,近几年在日本不法分子又把目光放在孤寡老人上,「オレオレ詐欺」事件再一次进入大家的视野。

本文通过研究战后日本年轻人与中老年人的婚姻观变化,分析其对于现在日本家庭产生的直接影响。其次研究现在日本社会中比较严重的少子高龄化社会现象,分析少子高龄化问题产生的原因,以及对于日本当今社会产生的影响和对于现在现在日本人家庭观的影响。

关键词:婚姻观;离婚率;少子高龄化;「オレオレ詐欺」事件

目  次

1 先行研究 1

2 現代日本における婚姻観の変化 2

2.1 日本の若い世代の婚姻観念の変化について 2

2.2 日本における離婚率の推移 3

2.3 中高年の熟年離婚 4

3 少子高齢化社会現像 7

3.1 少子高齢化が生まれた原因 7

3.2 経済の影響 7

3.3 社会政策の影響 9

3.4 婚姻観が家庭観念の及ぼす影響 9

4 家庭観念の弱体化 11

4.1 現代の日本社会の家庭問題 11

4.2 近年の「オレオレ詐欺」事件について 12

おわりに 13

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

戦後、日本の社会は大きく変化し、それに伴い、人々の思想も大きく変化した。女性の社会的地位は向上し、社会進出を果たしたことで、男性は家庭の唯一の稼ぎ手ではなくなった。それに伴い、女性は、自身の婚姻観や家庭観などが大きく変化し、若い世代には晩婚晩育の思想を生み、そのため結婚率は年々低下し、少子化に繋がっている。

また、老人は定年退職後、急速に増えた家族との時間で家族とのコミュニケーションがうまくいかない等の原因で中高年の離婚率は年々上昇している。若者から高齢者まで一連に直接ながっている現代社会の中で人々の家庭観が変化するのと、同時に間接的に生じている社会問題は、少子高齢化、たくさんの老人の空き巢や、近年、日本では老人に目を向けた犯罪行為も横行しており、「オレオレ詐欺」事件などはその典型的な例である。

まず、本文では戦後日本における若い世代と中高年の結婚観の変化について、婚姻観が変化することで現在における日本の家庭に直接的な影響を与えている要因を分析する。そして、日本社会において問題である深刻な少子高齢化についても分析する。少子高齢化が生まれた原因、日本の現在社会における影響、現在の日本人の家庭観に対する影響を分析する。

本稿の研究では、結婚観が薄れることによって少子高齢化が生まれ、日本人の家族関係の弱体化に直接的つながっていると考える。そのため、日本における、近年の「オレオレ詐欺」事件の起こった背景を考える。事件を研究することで、家庭観念の弱体化と社会問題の関係を分析し、日本社会における問題点をさらに検討する。

上述の研究を通じて、社会の問題と家庭の観念の変化について必然的な関係があるかどうか、社会が変革することで、家庭観念がどのように変化し、どのような影響を受けているのか、社会発展にはどのような役割が必要なのかといったことを総括する。また、日中両国社会の発展の趨勢を対比していく。少子高齢化社会に入り始めた中国で、今、若者の社会に与える圧力は大きくなっている。老人との交流問題はずっと私たちの隣に存在し、日本と同じように家庭観念の弱体化も、中国の社会に現れる可能性がある。本論を通じて、今後生じるかもしれない問題に対して、どのようにして解決していけばいいのかを分析検討する。

1、先行研究

先行研究では、国内外には日本人の家庭観念についての研究は多い。国内外の研究者は概ね日本人の婚姻観、中老人の離婚率の分析、日本社会の少子高齢化や現在日本人の家庭関係など方面から日本人の家庭観念を研究している。そして、社会の問題と家庭の観念の変化について必然的な関係があるかどうか、社会が変革することで、家庭観念がどのように変化し、どのような影響を受けているのか、社会発展にはどのような役割を果たしているのかを究明している。

楊易瑩(2014)『现代日本人的婚姻观』[1]において、現代における日本の若い人の婚姻を見て、スループット解析しここ数年来の日本の若い世代の結婚率、日本の若い世代の婚姻を分析する研究を行い、経済的な問題と老後問題のため、日本の若い世代の結婚率は年々下がっている。

李卓(2013)『从家到家庭:跨越三个时代的艰难历程 日本家庭关系演变对照』[2]では戦後の日本社会のそれぞれの期間の家庭の研究を通じて、現在、日本社会は高齢化となり、子供が欲しくないと思う若い夫婦も増えるなど、家庭への観念が薄れている。

NHKスペシャルの「職業“詐欺”」取材班(2009)『職業“振り込め詐欺”』ディスカヴァー・トゥエンティ―ワンでは、日本はここ数年来「オレオレ詐が欺く」[3]事件は頻繁に発生して、この問題も反映して、現代の日本社会の中の一部の人の家庭の観念が弱体化し、日々の様々なストレスなどで家族間の交流を重視できなくなっている。そのため、ここ数年来「オレオレ詐欺」事件が頻繁に発生している。

2 現代日本における婚姻観の変化

ここ数年来、日本人の婚姻の観念は非常に大きく変化してきた。戦後の様々な要因に影響されていると思われる。そのため家庭の観念の変化、現代の日本人の婚姻の観念にも影響が生じている。

2.1 日本の若い世代の婚姻観念の変化について

表1 厚生労動省の調査を提示したデータ

表1の婚姻数の推移(昭和45年)厚生省データ[4]によると、昭和45年年の102万9405組みをピークとして婚姻件数は下がり続け、平成2年前後に一旦回復したものの現在も依然下がり続けている。平成11年には76万2028組みまで減少した。

日本JNNラジオ放送局は日本各地にあり、若い未婚者に対して婚姻の問題に関連する調査を行っている。その解答は概ね以下のとおりである。

まず、未婚の若い男性は結婚を考えたことはあっても、一生懸命に働いているため恋愛する時間がなく、結婚することが自分自身にとってあまりよいところがないと感じているようだ。回答の中では結婚はしたいがまだ、好きな人に出会っておらず、ずっと待っているというものもあった。

一方、若い女性はまだ彼氏がおらず、もし彼氏ができたならば結婚を考えるというものである。また結婚するには十分な条件が揃っておらず、現在結婚することはできないというものもあった。もっとも多い回答は実は結婚しても、子供を生んでも経済的圧力はとても大きく、結婚しなくても、経済的な面などで自分の老後生活について非常に心配しているということである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接