关于日语“ P1とするとP2 ”句型前后事项真实性的考察毕业论文_日语毕业论文

关于日语“ P1とするとP2 ”句型前后事项真实性的考察毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

  在我们人类生活中语言是我们主要的交流途径。随着时代的发展,现在语言已经不像之前那么简单易懂,更多的语言文学随着社会的进步被运用下来,语法句型的表达自然也就不再像之前表达的那么单一化。

  本论文研究的目的主要是更好更深入的了解“P1とするとP2”这个句型的使用方法,对句型的构成也稍有提到。在日语语法中,很多语法句型可以表达着相同的意思,但两者之间是否可以自由转换不是我们研究的目的,但是我们知道每个句型肯定有它自己存在的意义和自己独特的用法。表达假设的句型很多,所以我们来研究“P1とするとP2”这个句型在不同条件的假设下,和在不同时态假设的情况下,是如何对行为动作产生不同影响的,有利于我们更好地对句型的掌握和运用。

本论文主要通过网上查询,研究相关前辈的先行资料,通过询问相关专业老师以及和同学交流等方法来完成。主要对句型前后事项的真实性进行考察,从中总结了两大要素,一是假设的既定条件和假定条件,二是假设发生的时态问题。既定条件下,事项真实性我们可以判断,但在假定条件下,真实性是很难掌握的。另外,假设发生在现在,是对现状的一种陈述。假设发生在未来,算是一种未来规划了。我认为每个句型都有独特的意义,虽然不能精确的了解,但对我们学习和掌握会有一定的帮助。

关键词:P1とするとP2;真实性;时态;应用;实证

目 次

はじめに 6

1. 先行研究 7

2. 題材と収集方法 8

3. 「P1とするとP2」の基本的な研究 9

3.1 「P1とするとP2」の構成 9

3.2 「P1とするとP2」の用法 10

4. 「P1とするとP2」の前後事項の研究について 11

4.1 「P1とするとP2」の前後事項の真実性の研究 13

4.2 「P1とするとP2」の前後事項の時制の研究 14

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

 論文の主な分析は「P1とするとP2」この文型の基本的な研究に関して、前後の文型は事実時、想像など。以下は実例を挙げて説明してください。

 第一個の実例:「今からお金を貯めるとすると、十年後に五百万円ぐらいたまって、小さな会社を起こすぐらいの資金にはなるだろう。」意味は“如果从现在开始存钱的话,我想10年后大约可以存到500万日元,办一家小公司的资金应该不成问题吧。”第二個の実例:「もし、今後も雨が降らないとすると、水不足になるのは避けられないだろう。」意味は“如果以后不下雨,用水不足的问题将不可避免吧?”

 第一個の実例、今からお金を貯めるとすると、今の事は、事実になることができる。しかし十年先の後は未来の事、予測できない。具体的にお金を貯めるかどうか、五百万円を貯目るかどうか、お金を貯めても十年後には会社を一軒もすることは予測できないことだ。第二個の実例、もし、今後も雨が降らないとすると、将来は未来、想像の事、その後に水不足をもたらして、私たちにも知ることができないのかどうかわからない。でも、これから本当に雨が降ることができない?私たちの認知には、基本的には発生の可能性はない。

 実例を通して見えて、文型前の仮設は事実にして、後期の影響に影響を与えるの可能性があって、真実の存在は真実だ。事実とは反対だとしても、後期は何の結果も発生しない。また、仮設は今の事実時、実例は真実かどうか知っている。仮設は未来の事実時、実例は真実かどうかはわからないなどの問題、私たちは解決しなければならない。論文の主な解決の問題は大体このようにしていて、この論文の具体的な分析を通じて、この文型を理解することを望みている。

  1. 先行研究

 論文の先行研究について、私は前者の関係研究の各方面に従って勉強して、運用している。「P1とするとP2」に関して、研究という文型の前後については真実性の考察、現在は大体以下の何種類に帰っていて:

 先輩によって研究して、私は何篇の例文を見つけた。以下はどの一つの先行研究において、すべて、「P1とするとP2」に関して、この文型によって使用の価値の標準、分類されている。この中に、私はそれの実例を二つの大きな種類に分けて、第一は文型の使用、第二は文型の仮設の仮定条件と既定条件だ。以下の先行研究、私は、砂川有里子(2002)と刘晓华、罗丽杰(2003)に帰るの方と思って、前後の事項を通して、分析して、文型の使用を解明することだ、使用に合わせて使用すると代替できないということなどだ。もう一方、私はグループ·ジャマしい(1998)と陆静华(2011)に帰るの方と思って、両者は前後のそれぞれ事項を分析して、それぞれ仮定条件と既定条件の下に真実であるかどうかはっきり事項を実現することができるかどうか。

 砂川有里子(2002)、「P1とするとP2」に関して、この文型は助詞「と」と「すると」と構成されている。文型の文は、それは事実の時、実現の時を表示して、こうした現状と事実の基礎にして、などの意味だ。後半の部分は上述の状況によって成立の判断をすることができる。その考えに設定する条件だから、単独の「と」はこんな意味がないのだ。ですからこの文型はほとんどの場合、「と」にも入れ替わることができないというわけではないだ。

 グループ·ジャマしい(1998)、仮定条件では、事実とははっきりしないが、また、実現できるかどうか、事実だとしたら、実現ができると認定して、意味は「かりに」、「もし」を伴っている。既定条件では、現状や、相手から聞いた

情報は、こういう現状や事実の基礎上の意味を表っている。この用法を使うと、「かりに」、「もし」でもできない。

 陆静华(2011:8)、活用後の終止形について、文型の前は仮定条件の意味が多く、それは事実の場合だと考えてはなら、文型の後項は前項で成立する場合

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接