从《棉被》来看明治时期新女性的悲剧毕业论文_日语毕业论文

从《棉被》来看明治时期新女性的悲剧毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

如今,几乎在所有的行业中,都能看到女性自信、勇敢、活跃的身影。随着现代社会的飞跃的发展,现代女性的社会地位也逐步提升,经济上独立、自我支配意识强烈,对生活热爱,兴趣爱好更加的广泛。但同时几千年的传统意识的积淀使女性将自己定义为“第二性”,甚至一些女性把改变自身命运的希望寄托在男性对自己的爱上。在一程度上,我们可以得知:女性自身尚未真正独立。

所以,通过这次对《棉被》的解析,本文将芳子的心理变化分为三个阶段,来突出日本近代新女性的形象。其次将以芳子为代表的与传统女性作对比,来探讨二者之间的异同。最后分析造成新女性的悲剧,不仅有客观因素、也有新女性自身的不足。

关键词:棉被;新女性;传统;冲突;悲剧

目  次

はじめに 1

1 芳子に対する解析 3

1.1 時雄に極力に称賛されたハイカラな芳子 3

1.2 神聖な愛情を追求する芳子 4

1.3 軟弱、妥協、悲惨な芳子 5

2 伝統女性と芳子 8

2.1 伝統女性と芳子の共通点 8

2.2 伝統女性と芳子の衝突  8

3 明治女性の悲劇発生の原因 11

3.1 低い社会地位 11

3.2 封建的な思想 11

3.3 高い社会男権 12

3.4 女性自身不足 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

田山花袋は日本の有名な小説家である。『蒲団』は日本の文学に対して大きな影響があって、日本自然主義文学の発展方向を確立する。そのため田山花袋自身も日本自然主義文学の先駆者と言われる。小説『蒲団』の中で、この時期、日本の新しい女性のイメージがよく現れた。

小説のヒロイン芳子が時雄の文才に慕って、時雄の生徒になってから彼の家に住でいる。彼もハイカラな芳子に引かれているが、しばらく、奥様の嫉妬だから、芳子が奥様の姉の家に寄宿させる。いちど、芳子は故郷を帰った途中、恋人をえた。時雄は自分の恋人が田中にう奪われたようだとか感じして、彼は保護者で芳子が彼の家にもう一度住んだ。その後、田中が東京にきって芳子を合って、時雄が芳子のお父さんに来る。最後に彼らは芳子に帰国される。             

『蒲団』と森鴎外、夏目漱石などの作家の作品に比較して、田山花袋は個人の地域の制限から跳び出して、社会の現実に着眼して、直ちに明治40年代に社会の際立った問題を捕まえる。近代社会の急変と変化期に、男女が欲求を追求していて、社会の新しいことを展示し、社会性差の下で女性の運命を掲示する。『蒲団』は新しい日本近代の女性を解読することを絶対に良い手本である。    

小説の中で、社会の発展で、新しい女性を代表する芳子は多彩な物質と精神の生活に恵まれるが、男性にとって女性は自身の憂いを晴らす対象に過ぎない。新しい女性は一定の社会権利を得たが、根本から依然として伝統社会の束縛を抜け出すことができない。新しい女性はちょっと男権社会に流行で新鮮な人形だけ。 [1]

以上は肖霞さんが『蒲団』中の芳子に評価である。

『蒲団』が比較的典型的に女学生が「堕落」[2] する過程を描写した。まず、芳子は時雄に極力に称賛されたハイカラな女学生である。それから、彼女が神聖な愛情を追求する。最後に、いろいろな圧力で、芳子は運命に屈することを選ぶ。新しい女性は伝統的な家父長制を反対して、女性の自覚があって、自由平等な恋愛を主張する。あたしい女性の態度からみって、理想社会は女性の権利を承認し、女性の特質を尊重することである。つまり、このような社会を創立することを望む。しかし、芳子から見って、男性が主流の価値観と消費を導く社会で、女子が教育を受けることができて、目覚めと追求がある。しかし、強大な男権センターの社会の圧力に直面し、女性は依然として弱々しく力がない。彼女たちは願望があるが、実現しにくい。追求があるがいつも敗北する。どうしても「堕落する女学生」とさせられて、残酷な運命の手配を受けなければならない。最後に、新しい女性が発言権を失って、もとの出発点を復帰しまった。

1 芳子に対する解析

1.1 時雄に極力に称賛されたハイカラな芳子

小説のヒロイン芳子は神戸女学院の学生で、彼女も時雄の崇拝者である。手紙を通じて芳子は時雄に崇拝の気持ちを直接に表す。あの時、人々の思想が始めに変化するが、女性が男性に自発的に手紙を書くのがやはりめったにない。これが伝統に違い。

最初、時雄が返事を出さない、しかし芳子は絶えず手紙を書く。「年は十九だそうだが、手紙の文句から推して、その表情の巧みなのは驚くべきほどで文字は走り書のすらすらした字で、余程ハイカラの女らしい。」 [3]これは新しい女性のイメージをはっきりと示す。最後に時雄の返事を待てきた。その手紙には、女性として、文学創作に従事するのはとても軽率で、女性は生理の上で母の義務に必ず締めなければならなくて、かつ文学の新人としての危険におよび文学に嫌悪があるなどをに触れていた、これをもって文学に従事する考えを諦める。しかし、芳子が諦めない、そして両親の同意を得ることができると表して、彼女は東京に来ることができるのを望んで、時雄の生徒になりたい、全身全霊で文学を学ぶ。

伝統の観念によって、自分の意志で事をするのはとても困難だ。しかし、芳子は神戸の女学校で学んでいるので、しらずしらず明治の女学生の長所と短所を兼備する。時雄の妻の姉の家に下宿する時、芳子は男性の友達が多くいる。その時代に多くの伝統の女性がこんな特徴がない。これも新しい女性のイメージをはっきりと現わる。

お前達のような旧式の人間には芳子の遣る事などは判りませんよ。男女が二人で歩いたり話したりさえすれば、すぐあやしいと変だとか思うのだが、一体、そんなことを思ったり、言ったりするのが旧式だ、今では女も自覚しているから、為ようと思うことは勝手にするさ。 [4]

これによって、小説の中で、芳子は新しい女性として、彼女の思想、文学の追求やその身なり、友人と付き合う方式にかかわらずから見ると、とてもハイカラな女性である。彼女は自由で、開放的で、純真無垢だ。日本の新しい女性として、自らで考えて自らで行うようにしなければならない。

1.2 神聖な愛情を追求する芳子

それから芳子が恋愛を得た。彼女は恋人田中と一緒に京都の嵯峨に遊んだ。故郷の両親から見ると、学生として、こっそりに男と嵯峨に遊んだのは、もうその精神の墜落である。しかし、芳子は他人と先生の忠告を顧みなくて、ロマンチックな愛情を選んだ。芳子は時雄の前に彼らの愛情が神聖さを誓い、後でどんな事が発生するのにも関わらず、愛情を徹底的に行わなければならない。だが、芳子は彼女の両親に伝える勇気がないから、どうしても時雄に願って彼女のためにその秘密を守る。目下、彼女は沈黙を守りたくて、ひたすらに勉強して、時機がまとまる時を待って、両親に彼らの愛情を宣告するつもり、思想の衝突があっても、こちらの恩師に承認されてさえすれば彼女は満足だ。時雄が自然に彼らの愛情の保護者になった。

それから、田中は芳子に追随して東京に来て生計の道をはかって、ふたり人の感情は日に日にブームになって、芳子は両親との関係を断ち切って恋人に追随しなければならないのを決定した。彼女は志と信念が一致する愛情を求めて、愛のために自分のすべてを犠牲にする。彼女が田中との恋愛は自由恋愛に属して、全く魂と肉に合って一致する近代恋愛観で、このような自らで考えて行動した能力は彼女が全くすべての責任を引き受けることができると説明する。このような恋愛は心からの純粋な愛ので、魂と肉は一致していかなる不純物は混ぜない。彼女は金銭の欲求がなくて、家柄の観念もないので、愛情は神聖だ。このために、彼女は学業を中断することができて、甚だしくはアルバイトで自分を扶養する、更に親子関係を断ち切りのを恐れない。つまり、自分を実現して、愛情を成し遂げるために、彼女は喜んですべてを捧げてすべてを捨てる。

1.3 軟弱、妥協、悲惨な芳子

芳子は時雄にとても信用して、彼女は正真正銘に先生の説教を引き受けて、もともと先生の保護を得るべきだ。しかし、先生は「温情なる保護者」 [5]の身分で妨げて、強烈な嫉妬は彼らを離散させたがる。 先生の手配と操作のもとに、芳子は強大な封建の勢力に直面して、どうしても態度を変えなければならなくて、おとなしく時雄の手配に素直に従う。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接