“赢在起跑线”等于“赢在终点”?----比较中日小学教育毕业论文_日语毕业论文

“赢在起跑线”等于“赢在终点”?—-比较中日小学教育毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

自1949年10月1日中华人民共和国宣告成立以来,中国政府就在不断地探索教育事业发展的正确方向。时至今日六十多年已过去,中国的教育仍有较多的不尽人意之处。

随着现代社会的发展,知识技术成为衡量一个国家综合国力的重要指标。1995年,中国政府首次提出了“科教兴国”的战略,力求以教育事业的发展来提高全民素质,以推动国家科学技术的发展,进而提高国家的综合国力,促进中国国际地位的不断提升。

在此社会背景下,国人对教育的关注度也越来越高,甚至出现了“让孩子赢在起跑线”的宣传语,无论是学校还是家长,都在积极地寻求“让孩子赢在起跑线”的方法。赢在起跑线上等于赢在终点吗?本文将围绕这个问题,对日本小学教育现状和中国小学教育现状进行比较分析,对中国小学教育现状进行调查,以证明“赢在起跑线不一定能赢在终点”之论点,同时反思中国现行小学教育,试提出小学教育的改革建议,以期成为中国小学教育的参考。

发展教育需要树立正确的教育理念。小学教育是教育的初级阶段,良好的小学教育将对人生起到极其重要的作用。探索小学教育模式以及树立怎样的教育观念来发展中国的小学教育,是一个有待研究的课题。

关键词:小学教育; 赢在起跑线;日本;中国

1949年中華人民共和国の成立から今まで、中国はずっと正しい教育の進路を探しつつある。その歴史が60年くらいがあるが、中国の教育は完璧と言うことではない。

現代社会の発展とともに、科学技術と知識は国家総合国力を判断する指標の最も重要な一部分になる。1995年、中国は初めて「教育立国戦略」を提出して、教育の発展を通して、全国人民の素質を高め、国家の科学技術を進め、さらに国家の総合国力を高め、中国国際地位を高めつつことを求める。

そのような社会を背景にするとともに、中国人民もますます教育を重視し、「子供をスタートラインで勝たせる!」のスローガンを作り出す。学校であれ、両親であれ、積極的に「子供をスタートラインで勝たせる」方法を探しつつある。しかし、スタートラインで勝った人はゴールまで勝てるか?本文はこの問題を巡って、中日小学校教育現状を比較しながら、「スタートラインで勝った人はゴールまで勝てる可能性がない」この論点を証明し、中国の小学校の教育への思いを明らかにしてみる。そして中国小学校教育改革の方法を提出してみて、中国の未来の小学校教育の発展へ参考を提出したい。

中国小学校教育を進めるために、正確な教育観点を持つ必要がある。小学校教育は教育の初段である。いい小学校教育は人生に重要極める役に立てる。本論は、スタートラインで勝った人はゴールまで勝てる可能性がないこと、そのために日本の小学校教育に比べて、今の中国教育方式の不足を認識し、中国教育方式を転換させたいという発想から生まれている。

キーワード: 小学教育; スタートラインで勝つ;日本; 中国

1 はじめに 1

2 日本小学校教育の現状 3

2.1 厳しくない教育要求 3

2.2 クラスの魅力 4

3 中国小学校教育の現状 6

3.1 幼稚園段階からの競争 6

3.2 厳しい小学校 7

3.3 負担が重すぎる小学生 8

4 中国小学校教育への思考 11

4.1 中国小学校教育の全面的な改革 11

4.2 スタートラインで勝った人はゴールまで勝てる人ではない 12

5 終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

スタートラインで勝った人は

ゴールまで勝てるか

    ──中日小学校教育を比較しながら

1 はじめに

1949年中華人民共和国の成立から今まで、中国はずっと正しい教育の進路を探りつつある。その歴史が67年間もあるが、中国の教育は完璧だと言えることではなく、いろんな教育上の問題があると思う。

しかし大人物であれ、無名氏であれ、誰でも小学校から正式に知識教育を受け始める。人間は小学校教育を通して、いろいろな質問を出し、先生あるいは本から答えを求め、客観世界を認識し、世界観・人生観・価値観をたてはじめる。そうすれば小学校教育は人生の第一歩と言っても過言ではない。すると、いつでもどこでも小学校教育を重視するのが当然である。と同時に、科学社会の発展とともに、国家総合国力を強くするために、優秀な人材を育成するのも重要な課題になっていく、小学校から教育を重視する必要がある。21世紀、中国には両親であれ、学校であれ、小学校教育に対して「スタートラインで勝った人はゴールまで勝てる」という観点を持っているので、まるで競技に参加するように、一生懸命に小学生に余計な負担を増やす。

本論では問題だと思われた「スタートラインで勝った人はゴールまで勝てるか」から、「中日小学校教育」という代表的なものを抜き出して、「日本の小学校の教育の現状」「中国の小学校の教育の現状」に分けて、中日小学校教育を比較しながら、中国の小学校の教育への思いを明らかにしてみる。

本論はスタートラインで勝った人はゴールまで勝てる可能性がない焦点を当てるということを踏まえ、①中日小学校教育の現状をもとにして、今まで両国のノーベル賞の受賞人の数を比較しながら、「スタートラインで勝った人はゴールまで勝てるか」に否定的な答えをする。そうすれば、今の中国教育の観点の不合理な部分を認識する必要がある。中国教育は新しい教育方法を探すほうがいいと思う。②国家政策・教育概念によって、中日小学校教育方式も異なっている。近年、中国には数多くの人は「スタートラインで勝った人はゴールまで勝てる」という観点を信じているので、子供の教育に対して、スタートラインで勝つ政策を採択し、いろいろな複雑な課程を増えている。例えば、学校において、一年生から加減を学びはじめ、二年生から乗除を学び始めなければならない。中国の子供に比べて、日本の子供は小学校卒業まで、ただ加減を学ぶだけである。中日小学校教育の異なることを通して、中国小学校教育の問題を認識し、そして中国小学校教育の進めを実現するかもしれない。

以上を踏まえ、次のことを明らかにすることは目的である。

① 日本小学校教育の現状、

② 中国小学校教育の現状、

③ 中国小学校教育への思い

2 日本小学校教育の現状

日本において、平成14年4月から現行学習指導要領が順次実施されている。現行学習指導要領は子供の将来のために、「生きる力」を育むという理念のもと、知識の習得を除いて、自然や社会、人、文化などいろいろな課程と活動を通して、子供の個性・自立性・自律性の養いを図る。日本人から見れば、ただ知識の習得だけより、課程かつ活動から人としての人間性を育成するのが重要である。日本の小学校教育は詰め込み教育ではない。

2.1 厳しくない教育要求

日本現行の学校教育法によって、小学校は子供たちの心身の発達に応じて、初等普通教育を施すことを目的とする。そうすれば、学校の経験をもとにして、子供は基礎・基本的な内容を身に付けるとともに、ボランティア活動など社会体験活動、自然体験活動などの教育活動を通して、日常生活における現象を観察し、人間関係を体験し、一般的な理解力・処理能力を養う。換言すれば、日本小学校に知識の習得が第一ではなく、かえって、日本人は子供の自分自身の各方面、例えば判断能力・処理能力・自立能力・規律性などに目が止まる。

2.1.1 重要な基礎教育

基礎教育を重視するのは日本小学校教育の特徴であろう。日本の学校教育法であれ、学習指導要領であれ、小学校がただ基礎的な知識と技能を習得するだけことをよく強調する。そのような教育概念は綺麗なスローガンではなく、かえって、日本人は小学校課程に対して本腰を入れていろいろな規定を作り、本格的に教育規則に応じて進む。

中国において小学生が加減乗除を学ぶだけでなく、もっと奥深い数学世界へ進む。それに比べて、日本の小学生は卒業まで加減だけを学ぶだけである。それだけではなく、日本の小学生が数学の知識を確実かつ簡単に習得することを確保するために、日本の新たな学習指導要領にはちょっと複雑な数学内容、例えば不等式・多角形の面積の計算などを削減する。多すぎる知識を習得するのが日本小学校教育の目的ではないというような考えをもとにして、多量な知識の習得より、日本の小学校教育はもっと習得する知識の活用を重視する。さらに、子供たちにフロンティア精神のはぐくみ・フロンティア能力を高めつつあるのを図る。

2.1.2 豊富な課外活動

小学校がただ知識を習得するだけではなく、ここから小学生はいろいろな知識の活用を通して、自然・社会など多様な活動から自らの価値観・世界観・人生観を育成する。小学校は人生のスタートラインと言うこともできる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接