中日厕神文化对比ーー仅以中国“紫姑”和日本厕神为例毕业论文_日语毕业论文

中日厕神文化对比ーー仅以中国“紫姑”和日本厕神为例毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

厕所是我们窥视文化的独特视角。它使得人类远离排泄物的困扰,从而可以固定居所,不用迁徙。人类的生存本能就是吃喝拉撒睡,因此有人的地方就会有厕所。虽然朱莉bull;霍兰在《厕神:厕所的文明史》中肯定了厕所的文明史。但是纵观滚滚前尘和社会百态,肯为厕所撰文者少之又少。大概是文人学者均以为这时候不雅之处,实难歌颂礼赞,更不好鄙视唾骂。但就在这不雅之处,还有神的存在。饭岛吉晴在《灶神与厕神》之中写道:“厕神是日本的家神之一,是民间的传统信仰。”厕神在各国文化中均以女神的形象出现。中国的厕神紫姑和日本厕所女神虽有相似,差异更为明显。厕神文化差异更是展现了两国民俗的区别。以中日厕神为研究对象,通过比较分析两国厕神文化,具体解析两国信仰和风俗的不同之处。

关键词:紫姑;日本厕神;厕神文化;民俗

トイレは各文明圏に対して、その文化の独特の特徴を覗く特殊視点の一つでもある。食ったり、眠ったり、そして排泄したりするのは人類の生理的な本能である。そのため、人間の住居には必ずトイレがある。しかし歴史と社会を見ると、トイレ文化を研究する文章は少ない。その理由は多分、文人学者たちはトイレそのものを汚いものとして考えているからだが、その汚いところに神様がいる。『竈神と厠神』(講談社、2007年)の著者である飯島吉晴は「厠神は日本の神の一つ、伝統的な民間信仰という存在である。」と言っている。厠神は各文明圏で女神の姿として現れていた。厠神として存在している中国の「紫姑」と、日本のトイレの女神には共通点もあるし、差異も明らかである。厠神文化から現れている差異も両国の信仰と風俗の違いからである。本論文は日本と中国のトイレの神様を研究対象とし、日中厠神文化の分析比較を通して、両国の信仰と風俗の区別を具体的に解析する。

キーワード:中国「紫姑」;日本厠神;厠神文化;風俗

目  次

1 はじめに 1

2日本と中国の厠神像 2

2.1日本の厠神 2

2.2中国「紫姑」 2

3両国の厠神文化の比較 4

3.1厠神の女性化における両国の共通性 4

3.2両国の厠神文化の差異 4

4終わりに 8

参考文献 9

謝  辞 11

日中厠神文化の比較

         ——中国「紫姑」と日本厠神を例として

1 はじめに

「文明の源は文字から生まれたということではない、便器からである」と、ジュリbull;ホランの著書「厠神:トイレの文明史」の中にそういう話が書かれている。廃物の処理によって、人類は自分の尿糞を避ける必要はなかった。そして定住することが可能になった。トイレは各文明圏に対して、その文化の独特の特徴を覗く特殊視点の一つでもある。食ったり、眠ったり、そして排泄したりするのは人類の生理的な本能である。そのため、人間の住居には必ずトイレがある。しかし歴史と社会を見ると、トイレ文化を研究する文章は少ない。その理由は多分、文人学者たちはトイレそのものを汚いものとして考えているからだが、その汚いところに神様がいる。

『竈神と厠神』(講談社、2007年)の著者である飯島吉晴は「厠神は日本の神の一つ、伝統的な民間信仰という存在である。」と言っている。厠神は各文明圏で女神の姿として現れていた。厠神として存在している中国の「紫姑」と、日本のトイレの女神には共通点もあるし、差異も明らかである。厠神文化から現れている差異も両国の信仰と風俗の違いからである。

本論文は日本と中国のトイレの神様を研究対象とし、日中厠神文化の分析比較を通して、両国の信仰と風俗の区別を具体的に解析する。

2 日本と中国の厠神像

2.1 日本の厠神

トイレに神を祭るという伝統は日本でよく見られている。日本の厠神はもともと神道の「植山姫神(土神)」と「岡象女神(水の神)」を指している。『日本書紀』によると、彼らは伊奘冉尊が火の神を生産する時排出した尿から生まれたのである。ほとんどの地域では厠神は女神の姿で現れているが、例外もある。群馬県利根郡では、男性と女性のカップルが厠神として崇拝され、男性と女性の紙人形を祭られている。福岡県では、美しい辮髪をしていた人形を「厠神」とされている。また、福島では、人々はトイレには人間が見えない「神」が存在していると思われ、トイレに入る前、必ずノックして、外で「おはようございます」「こんばんは」などの挨拶してから入るべきであるが、黙ってトイレに入ったら、「厠神」に失礼になるばかりか、自分もひどい目に遭ってしまう恐れもある。

厠神への祭りは地域によって様々である。東北地方では、毎年の1月15日の夜に、お母たちがトイレの電気を切り、ろうそくに火をつけ、短冊形の餅を入れたパレットを便座の前に供えておいた習慣はある。「厠神」を供養すると、一年中家族は無事になると言われている。福島では、子供が生まれてから21日目、祖母は赤ちゃんを抱いて三軒の近所周りをする習慣がある。近所の家に入ってから、彼らに赤ちゃんを見せるだけでなく、抱せながらトイレに五円玉を置いて、「厠神」から赤ちゃんの健康と成長を祈願する。東日本では、「雪隠参り」、つまり赤っちゃんが生まれた七日目に、産婆に抱かれてトイレに入り、健康な子供に成長するように厠神を参拝する習慣がある。また、ある地方では、「朝と夜はトイレに入ってはいけない」という習慣があるのは朝晩が家族を守る神(厠神を含む)の相談時間なので、この時にトイレに入ったら、神様のお邪魔になると思われているからである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接