从日本化妆品销售解读日本人的经营方式毕业论文_日语毕业论文

从日本化妆品销售解读日本人的经营方式毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

随着经济的快速发展,从近代开始,化妆品产业已经成了经济总体不可缺少的部分。而在亚洲,日本的化妆品公司具有领头羊的作用。日本的化妆品产业具有硬实力和软实力,有资生堂、高丝、花王等大型公司。

本文从日本化妆品产业的优秀和潜力以及誉满全球的现状入手,以「化妆品的流通系统」为切入点,以知名企业为例,从「制度品流通」「一般商品流通」「访问贩卖流通」「通信贩卖流通」几方面说明日本化妆品公司的经营战略和日本化妆品的销售方法。现如今以资生堂为首的日本化妆品公司正瞄准中国市场,对于这种状况,中国化妆品公司陷入苦战,在竞争中难胜敌手,有些中小化妆品公司被收购和合并。中国是拥有13亿人口的大国,是个具有发展潜力的市场。未来的中国化妆品行业或会快速成长,但是,目前中国化妆品行业中的某些公司常常轻视品牌效应的现象,市场上充斥着大量的山寨化妆品和劣质化妆品,使中国人对中国化妆品的信赖感下降,不买或少买国产化妆品,中国化妆品行业逐渐失去了国人支持。

本论文通过对中国化妆品行业的潜力点和问题点进行分析,得出中国化妆品产业必须花大时间提高国产品牌信用和化妆品的质量,才能在国人心中树立品牌形象之结论。

关键词:化妆品产业;营销;日本;中国

経済の高速発展とともに、近代から、化粧品産業はもう経済全体に欠かせない部分となった。日本の化粧品会社はアジアで見事な手本のような存在といっても過言ではない。日本の化粧品産業はハード、ソフトの両面の実力があり、資生堂、花王、コーセーなどの大手会社が代表とした。

本論ではまず日本化粧品産業の優秀さ、有望性と世界においても人気が高い現状を説明する。「化粧品の流通システム」から、「制度品流通」「一般品流通」「訪問販売流通」「通信販売流通」に分けて、有名な企業を例として、日本化粧品会社の経営戦略と日本化粧品の販売術を明らかにしてみる。

現在、資生堂をはじめとする日本の化粧品会社も中国進出に意欲を燃やしている。しかしながら、このような状況に対し、中国化粧品会社は苦戦している。中小規格の化粧品会社は外資の企業との競争に負け、買収されることも多くなっている。中国は13億の人口があって、有望な市場であり、今後、化粧品業界も急成長が予想される。しかし、中国化粧品業界にたくさんの会社が「ブランド」というものの重要性を軽視する問題がある。模造品や劣悪品の横行で、中国人から信頼感が下がり、支持を失うようになっている。

本論は中国化粧品業界から有望性と問題点に分けて分析する。その結果、中国化粧品会社は時間をかけ、ブランドの信用と商品の品質を上げるこそ、良いイメージをのんびり定着できるという結論になった。

キーワード: 化粧品産業;販売術;日本;中国

1 はじめに 1

2 日本の化粧品業界の現状 2

2.1 好みとなった日本の化粧品 2

2.2 有望な化粧品産業 4

3 化粧品流通システムからみた主要メーカーの動き 6

3.1 制度品流通 6

3.2 一般品流通 7

3.3 通信販売――ファンケルの成長 9

3.4 訪問販売――ポーラの活性化対策 9

4 日本化粧品の販売術 10

4.1 新商品の開発 10

4.2 商品の定価 11

4.3 販売ルートがポイント 11

4.4 化粧品プロモーションのカラクリ 11

5 中国製化粧品業への思い 12

5.1 中国化粧品市場の有望性と問題点 13

5.2 中国製化粧品への展望 13

6 おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

日本化粧品の販売術について

1 はじめに

化粧品は化粧を目的とする物品の総称である。つまり自身の長所を突出し、欠陥を補うことである。古い昔から人は美の意識をもって、化粧品を人体の部位に、たとえば皮膚、髪、爪などに塗って、保養、美容、清潔、装飾の目的を達成する。経済の高速発展とともに、近代から、化粧品産業はもう経済全体に欠かせない部分となった。

日本の化粧品会社はアジアで見事な手本のような存在といっても過言ではない。古い歴史をもって、研究開発に力を注いできた日本の化粧品は、世界でもたいへん人気がある。もちろん、中国の女性も日本の化粧品を購入するのが好みである。資生堂をはじめとする日本の化粧品会社も中国進出に意欲を燃やしている。しかしながら、このような状況に対し、中国化粧品会社は苦戦している。外資の企業との競争に負け、買収されることも多くなっている。どうして日本化粧品会社がこのように成功し、その秘密がどこかあるか、私たちは考えるべきであろう。

本論ではまず日本化粧品産業の優秀さと世界においても人気が高い現状を説明する。それに「化粧品の流通システム」から、「制度品流通」「一般品流通」「訪問販売流通」「通信販売流通」に分けて、有名な企業を例として、日本の化粧品業界にさまざまな流通システムを説明しながら、日本化粧品会社の経営戦略と日本化粧品の販売術を明らかにしてみる。特に、セルフ化粧品、チャーン店流通、百貨店ブランドなどの方面から主要メーカーの対策を分析し、化粧品ビジネスのカラクリを明らかにしてみる。中国化粧品会社にはよい参考になれば喜びである。

本論は日本化粧品の販売術を踏まえ、

①日本の化粧品業界の現状、

②主要メーカーの動き、

③化粧品の販売術への思い、

④中国製化粧品の展望。

以上のことを明らかにすることは目的である。

2 日本の化粧品業界の現状

日本の化粧品産業は、国際競争力も高い有望な産業である。安定な化粧品人口で、今後も化粧品需要は安定的な伸びが予想される。また、日本の化粧品は、アジア諸国の女性の憧れのような存在となっている。アジア諸国の市場は伸びが続いているので、海外への進出も十分期待できる。つまり、国内、海外の両方を考え合わせても、日本の化粧品産業は今後も伸びが期待できるといえる。

2.1 好みとなった日本の化粧品

現在、日本の化粧品は以前にも増して海外での人気が高まっている。化粧品大国のフランスや米国は、フレグランスの使用率が高いため、フレグランス、メイクアップが中心であった。しかしながら、日本と韓国、中国など、アジア諸国の化粧品市場はスキンケアが中心である。中国をはじめ、アジア諸国の経済の伸びは極めて高く、アジアの化粧品購入金額が増えている。当然、スキンケア市場も伸びている。こんな中、長年、スキンケア製品の研究開発に力を注いできた日本の化粧品は、アジアでもたいへん人気がある。アジア諸国から日本に観光に訪れた女性は、お土産に、必ず日本製の化粧品を買う。日本で人気のある化粧品はアジア諸国で日本より高い価額で販売されていることもある。最近は現地生産して中国で販売している日本の大手化粧品会社があるが、中国の女性の中、日本の化粧品ブランドを購入する場合、日本で生産するかどうかを確認して製品を買う人もいる。

2.1.1 ハード面とソフト面の優秀さ

化粧品産業はハード、ソフトの両面において知識、技術を集約したものであり、他国の追随を許さない産業になると思われる。

日本の製造業の中に化粧品産業は、知識と技術の粋を集めた産業であるという。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接