由过度包装谈环境污染--从中日两国的包装方式和包装材料谈起毕业论文_日语毕业论文

由过度包装谈环境污染–从中日两国的包装方式和包装材料谈起毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

近来,中元节和岁末赠送礼品的过度包装问题引起了广泛关注。在倡导可持续发展的当今社会,人们对于环境污染、垃圾处理以及资源再利用等问题都表现出了极高的关注度。

随着经济的发展和科学技术的进步,零售商品种类日益丰富,人民生活水平得到了提高。企业在努力提供更加丰富的商品的同时,也在积极地改进商品包装。这对于进一步体现商品价值、增强商品的市场竞争力发挥了重要作用。但是,商品的过度包装由于浪费资源而产生了过量垃圾,从而造成污染环境等问题,这些都引起了社会各界的广泛关注。这些问题不仅是日本,在中国也出现了了过度包装现象。

本文从分析过度包装的原因入手,以中日两国的包装材料和包装方式为出发点,比较中日两国过度包装的现状,阐明过度包装对于污染环境的影响,同时参考国外已设立的相关法律,提出改进包装的建议,进而为中国的过度包装问题的解决提供可参考的建议。

如今,以德国和日本为代表的先进国家对于过度包装的相关法律已比较完善,而中国对于过度包装的法律还不是十分完善。当然,要解决中国的过度包装问题,仅仅依靠相关法律的设立是不够的,还需要国家、企业以及消费者的共同努力。据此,本文将从政府、企业和消费者等方面针对过度包装问题提出建议。

关键词:过度包装;资源;环境污染;对策

 近年、歳暮、中元などのいわゆる贈答用品の包装が過剰されたという環境問題は取り上げられた。循環型社会の今、環境問題、ゴミ問題、資源問題に関心が高まっている。

 経済と技術の発展を伴って、商品の種过度包装類も増えている。企業は一層豊富な商品を生産している同時に、商品の包装を改善しつつある。消費者に一層良い商品を提供している。一方、包装材料を無駄にして、過剰なゴミをもたらした故に、過剰包装も社会的に注目された。日本だけではなく、中国も近年、過剰包装の傾向が現れ始まった。

 この論文では、過剰包装の原因を分析しながら、中日両国の包装材料と包み方を主して、中日両国における過剰包装の現状を比較し、過剰包装から環境汚染への影響を明らかにしてみる。海外の設立した法案を参考しながら、中国において今後期待される過剰包装への対策の方向性の参考に提供したいと思う。

 海外にはドイツ、日本といった先進国をはじめ、過剰包装に関する法律が設立されている。一方、中国では過剰包装についての管理は不十分だと言わざるを得ない。包装の適当化を実現するために、法律の設立だけではなく、消費者と企業の努力が不可欠である。それで、本論は政府、消費者や企業それぞれの方面から包装を適当化するためにいくつかの対策を提案してみる。

キーワード: 過剰包装;資源;環境汚染;対策

1 はじめに 1

2 過剰包装の現状 3

2.1 包装とは 3

2.2 過剰包装について 4

3 環境の現状 6

3.1 都市成長と環境悪化 6

3.2 資源の収奪と環境破壊 7

4 適正包装への取り組み 9

4.1 適正な包装 9

4.2 包装材料のリサイクル 9

5 過剰包装の解決策 11

5.1 法律に則る包装法規 11

5.2 消費意識の変更 11

6 終わりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

過剰包装からの環境汚染に

ついての研究

      ──中日両国の包み方と包装材料を主して

1 はじめに

 商品が、必要以上に紙やフォームプラスチック等で包まれていることを「過剰包装」という。包装の本来の機能は、商品の品質保証期間を延ばし、運送や携帯をより便利にすることだ。しかし、最近贈り物やお土産などは、商品を美しく見せるために箱や袋などで何重にも過剰包装されていることが多くみられる。過剰包装は資源の浪費、ごみの増加、消費者の負担になるといった要因によって、近年社会的に関心を集めている。

 最近、歳暮、中元などのいわゆる贈答用品の包装が過剰されたという環境問題は取り上げられた。そして、人間交際の一環としての贈答という習慣がある日本において、過剰包装に慣れた人間が非常に多いだろう。循環型社会の今、環境問題、ゴミ問題、資源問題に関心が高まっている。日本だけではなく、中国も近年、過剰包装の傾向が現れ始まった。近年、経済と技術の発展を伴って、商品の種过度包装類も増えている。企業は一層豊富な商品を生産している同時に、商品の包装を改善しつつある。消費者に一層良い商品を提供している。一方、包装材料を無駄にして、過剰なゴミをもたらした故に、過剰包装も社会的に注目された。

 地球的環境問題には、温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、砂漠化等は、国際政治の話題になっている。そのことと自分たちの生活、ゴミ処理の仕組みがどう関連しているのかという話よく考えなければいけない。過剰包装によって、大規模な森林の伐採、工業排水による水質汚染、ゴミの増加による土壌汚染などは主な地球環境問題として国際的に注目を招いた。包装の適正化を実現することは、環境問題の解決という目標にとってはささやかな挑戦に過ぎないかもしれない。しかし、これまでのような出されたゴミを処理するという対策に比べて、最初からゴミになるものを少なくなるという積極的なゴミ対策として、その意義は大きいというべきだろうと思う。

 この論文では、過剰包装の原因を分析しながら、過剰包装から環境汚染への影響を明らかにし、過剰包装への改善対策を提案してみる。中日両国の包装材料と包み方を主して、中日両国における過剰包装の現状を比較し、海外の設立した法案を参考しながら、中国において今後期待される過剰包装への対策の方向性の参考に提供したいと思う。海外にはドイツ、日本といった先進国をはじめ、過剰包装に関する法律が設立されている。一方、中国では過剰包装についての管理は不十分だと言わざるを得ない。包装の適当化を実現するために、法律の設立だけではなく、消費者と企業の努力が不可欠である。それで、本論は政府、消費者や企業それぞれの方面から包装を適当化するためにいくつかの対策を提案してみる。

 本論は過剰包装の現状と環境問題を踏まえ、

 ① 過剰包装の現状、

 ② 環境問題への思い、

 ③ 過剰包装への対策の提案。

 以上のことを明らかにすることは目的である。

2 過剰包装の現状

 日本では、お店で買い物をするとき、商品を過剰なまでに包んでくれる場合が多いと言えるだろう。日本の商品(特に食品)は海外に比べて紙やビニールなどを使って何重にも包装しているものが多い。ちょっと買い物をして家に戻って整理してみると、包装用の紙袋やパッキング材でごみ箱はすぐに満杯になってしまう。特に御中元、歳暮の時、贈答用品の包装は度に過ぎているという現象が多く見られている。

 日本だけではなく、中国においても最近、酒・たばこ、お茶、元宵団子など各種各様の商品が美しく包装されている。特に近年、ブランド意識が高まると伴って、お土産を買う時、どこで買った化を示すために、専門店の包装紙を求めることが多い。統計データによると、中国都市部の家庭ゴミのうち、包装ゴミが3分の1以上を占める。包装ゴミが個体ゴミ全体の50%を占め、年間4千億元(約6兆円)相当の包装ゴミが捨てられている。

2.1 包装とは

 日本工業規格によると、包装は『物品の輸送、保管などにあたって価値及び状態を保護するために適切な材料、容器などを物品に施す技術および施した状態のことである』と定義している。簡単に言うと、包装は物品を包み装うことである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接