关于日本社会男性“结婚难”问题的考察毕业论文_日语毕业论文

关于日本社会男性“结婚难”问题的考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

当今日本,晚婚甚至不婚逐渐成为一种趋势。日本《东洋经济月刊》甚至发声称日本已进入了“超级单身社会”。在这股晚婚不婚的潮流中,男性“结婚难”问题正日益突显出来。本文围绕日本社会中男性“结婚难”现象进行考察。首先从日本社会男性“结婚难”问题出发,介绍该现象的存在现状、规模以及给日本社会带来的直接影响和潜在影响,然后,结合日本社会雇佣制度的变化,日本女性社会地位的变化等社会因素分析了该现象产生的社会背景及原因,接着,围绕日本社会、政府以及各个社会团体针对该现象采取的各种政策调整、婚活援助等对策进行了介绍,并分析了其对缓解该现象的积极作用。最后,结合中国近年出现的“结婚难”问题,提出了如政府和社会加强宣传男女平等、对生女孩的家庭给予一定奖励等具有可行性的建议和思考。

关键词:男性“结婚难”;原因;对策;启发

今日の日本社会では、晩婚化がますます盛んになっている。日本の経済誌『週刊東洋経済』は、日本はすでに「超独身社会」に入っていると指摘した。晩婚の風潮には男性の「結婚難」問題は日々注目されてきた。本論では、日本社会における男性「結婚難」問題をめぐって論じる。まず、日本社会における男性「結婚難」の現状から、その現象が存在する普遍性、規模や日本社会への影響を紹介する。そして、日本社会の雇用形態の変化や日本女性の社会地位の変化など社会的な要因と結合して、その現象の社会の背景や原因を分析する。また、この現象に対して日本の社会、政府及び社会団体によって実施されている各種の政策調整、婚活援助などの対策を紹介し、「結婚難」問題を緩和するのに果たした積極的な役割を分析する。最後には、近年中国で出現した「結婚難」問題について、「男女平等」意識を強化し、女の子が生まれた家庭を経済的に奨励する政策など実現可能性の提案と思考を提出する。

キーワード: 男性「結婚難」;原因;対策;示唆

1はじめに 1

2日本における男性「結婚難」問題の現状 2

3日本における男性「結婚難」現象の原因 2

3.1社会雇用形態の変化 4

3.2結婚意識の変化 4

3.3女性の社会進出 5

4政府や各自治体による支援と対応 7

5中国の男性「結婚難」現象への示唆 8

5.1中国における男性「結婚難」現状と成因 8

5.2中国の男性「結婚難」問題への示唆 8

6おわりに 11

参考文献 12

謝 辞 13

日本社会における男性「結婚難」問題について考察

1 はじめに

近年、社会環境の変遷に伴い、日本は既に「結婚難」の社会に入っている。平成22年の総務省「国勢調査」の統計結果による、およそ355万の日本男性が「結婚難」問題に直面すしているということから、男性「結婚難」は問題解決を迫られていると言える。「結婚難」問題に関する研究は人口学、女性結婚観、経済学、農村男性「結婚難」など様々な角度から研究されてきた。男性「結婚難」問題は、1980年代に端を発した農山村男性の「結婚難」問題について、内藤考至は『農村の結婚と結婚難一女性の結婚観・農業観の社会学的研究』というテーマで、女性たちは農村男性に好きにならない、それに農業生活の苦しさによって、農村男性と結婚しないということを述べった。日本社会全体の男性「結婚難」問題についての考察はまだないようである。

本論文は、「結婚難」現象に着眼し、日本の社会環境と日本人の意識変化をめぐって分析し、日本社会における男性「結婚難」問題の原因を究明したい。そして、男性「結婚難」問題に対して、日本政府及び社会団体によって実施されている積極的な対策を分析することを通して、いい経験を学びたい。さらに、近年中国で誕生した男性「結婚難」問題と結びつき、この問題の解決に有益な示唆を与え、実行可能な対策を提案したい。

2 日本における男性「結婚難」問題の現状 男性の「結婚難」問題は、結婚適齢期における未婚人口の男性人口の超過から生じてくる現象であり、近年では一種の社会問題となりつつある。 日本の厚生労働省が発表した「人口動態統計の年間推計」のなかで、男女の初婚年齢についての調査結果は次の表1のとおりである。

表Ⅰ 男女の初婚年齢の推移(2014年)上の表からもわかるように、男女とも初婚年齢は年々上昇する状態であることがわかり、これも日本社会の男性「結婚難」問題とつながっていると考えられる。 日本の男性「結婚難」は、男性が「結婚したくない」や「結婚したいけどできない」という二つ場合が分けれられる。 近年、「不婚化」や「晩婚化」の傾向に伴い、男性の「結婚難」問題がますます深刻になり、未婚男の人数はどんどん増えてきた。明治安田生活福祉研究所の調査によると、30~34歳男性の未婚率は、1950年の8.0%から2010年は47.3%へと急増し、25~29歳は同期間、34.3%から71.8%へと高騰した[1]ことを指摘した。現実としては、今の未婚男たちの中に、結婚したくない人も数少なくなっている。一方、「結婚したい」男性は人生のパートナーを見つけ、幸せな結婚生活を送りたい結婚願望があっても、結婚したいパートナーが見つからないという人が多く、今すぐ結婚できないという状況に陥っている。 男性「結婚難」問題は様々な社会問題を引き起こすと懸念されている。まず、社会の安定さを保つには不利な要素になっているといっても過言ではない。それに、男性「結婚難」によて、日本の少子化問題が一層深刻になり、日本社会の労働力不足問題をさらに悪化させる恐れがある。そして、日本経済ないし社会全体の活力が低下する悪循環になってしまう。3 日本における男性「結婚難」現象の原因 男性「結婚難」問題の誕生には、社会環境や男性の経済力の原因、結婚相手の結婚への意識変化など、様々な要因が考えられる。

3.1 社会雇用形態の変化

日本において、長い時期に新卒者が企業に採用され、原則として定年まで同じ企業で働くという雇用制度が採用されている。1958年から「終身雇用制」という言葉が誕生し、普及しはじめた。日本第二次世界大戦後の高度経済成長からバブル期までの長い間に、「終身雇用制」は日本雇用体系として、正社員での雇用が一般的であり、日本経済の成長に大きく寄与したと言える。しかし、高度経済成長期に生まれ、日本的な雇用形態と言われる「終身雇用」制度が、バブル崩壊に従って終了を向かえ、経済不況を背景に、雇用形態の多様化が進んでいる。そして、今の非正規雇用者としてフリーター、派遣社員が増加しつつある。

昔は、終身雇用年功序列といった制度が民間企業でも一般的であった。男性は最初からの収入は決して高くはなかったが、勤続の年数が増加するごとに確実に収入が上昇していくことが保証されていた。数年の通勤した結婚適齢の男性は、結婚に関する経済力は決して問題ではないし、結婚しても、男一人で働いても、家族全員を養える給料をもらっていた。しかし、今日の給料が上がるのは正社員でさえ難しくなってきており、長年勤めてきたけれども、景気の不安定さから会社に突然職をうしなって、無職の男になってしまう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接