考察日本社会的“尼特族”现象--以御宅文化为中心毕业论文_日语毕业论文

考察日本社会的“尼特族”现象–以御宅文化为中心毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

自20世纪90年代末以来,不升学、不进修、不就业的日本“尼特族”青年人数急剧增加、已经引起日本社会各界极大的关注。而且,随着日本ACG文化的壮大,“宅”文化的兴起也对年轻人的生活方式产生了很大的影响。本文以日本“尼特族”现象为研究课题,结合日本的“御宅族”文化,从社会经济、家庭、个人的角度对其产生的原因、影响、对策等方面进行分析和研究。日本“尼特族”现象的产生与社会经济发展和雇佣形态、学校教育、家庭和个人因素等方面有着密切的联系,围绕“尼特族”现象,日本政府、教育机构、家庭等都提出了积极的支援对策和改善方案,作出了多样化的努力。中国的“啃老族”问题也日益严重,希望通过本文对日本“尼特族”问题的研究,为改善中国的“啃老族”问题提供一定的参考。

关键词:“尼特族”;“御宅族”;成因;影响;对策

要 旨

20世紀90年代以来、日本では、教育、雇用、職業訓練のいずれにも参加していない「ニート」青年の人数が急激に増えてしまった。すでに社会各界の絶大な関心を引き起こした。そして、日本のACG文化の発展とともに、「オタク」文化は勃興して、若者の生活方法に大きい影響を与えてきた。本論は日本における「ニート」現象を研究課題として、「オタク」文化と結びつけ、社会経済、家庭及び個人要素などの面から「ニート」現象の成因、影響及び対策について分析した。日本の「ニート」現象の誕生は日本社会の経済状況と雇用制度、学校教育、「ニート」の所属家庭の環境及び個人的な要素と密接なかかわりがある。「ニート」現象に対して、日本政府、教育機関、日本家庭は積極的な支援や改善案を提出し、いろいろ協力している。「すねかじり」問題が深刻になりつつある中国において、本文の研究を通して、「すねかじり」問題を改善するには有益な示唆を与えられると期待する。

キーワード:「ニート」;「オタク」;成因;影響;対策

1 はじめに 1

1.2 日本における「ニート」現象 1

2「オタク」文化の視点から見る「ニート」現象の成因 3

2.1厳しい就職環境 3

2.2学校教育の不足 4

2.3家庭と個人問題 4

3「ニート」による日本社会への影响 6

3.1社会保障制度と社会の安定性への影響 6

3.2家庭への負担 6

3.3若者の社会離れ 7

4日本における「ニート」問題への対策 8

4.1政府からの協力 8

4.2教育機構からの助け 8

4.3家庭による自立精神の育成 9

5終わりに 10

参考文献 11

謝 辞 12

日本における「ニート」現象についての考察

――「オタク」文化を中心とする

1 はじめに

社会の変遷と発展につれて、日本社会の人口、経済と文化状況は多大な変化が発生した。日本では、ここ数年間「ニート」グループは絶えず強大になっていて、分布した年齢範囲は一層広範で、深刻な社会問題になりつつある。2004年、政府は発表した労働経済白書の中に、「ニート」の人数を初披露した。2003年まで「ニート」の数は52万人はいて、学校に通わず学生と就職せず既婚者を含めると「ニート」の数はおよそ64万人がいる。2015年内閣府が発表した子ども・若者白書から見て、2014年「ニート」の数は56万人がいる。「ニート」問題に関する研究は多数あったが、主に教育学と青少年の成長の視角に集約して、社会学の視点から社会構造と家庭構造の影響からそのマイナスな影響を研究することに留まる。近年、日本のACG(アニメ・コミック・ゲーム)文化の発展途上に出した「オタク」文化の強大な影響で、「二次元」、「オタク」等の名詞が相次いで現われた。本文は主に「オタク」を中心に日本の「ニート」現象の成因を分析して、「ニート」の影響とその対策を分析してみる。

1.2 日本における「ニート」現象

「ニート」とはnot in education, employment or training(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない若者)の略で、元々はイギリスの労働政策において出てきた用語である。日本では、若年無業者のことをいっている。厚生労働書と内閣は「ニート」についての定義が少し違ったから、本論は厚生労働省の定義を基準にして分析する。若年無業者とは、「15~34歳の非労働力人口のうち、通学、家事を行っていない者」をいう。日本は20世紀90年代のバブル経済破滅後、社会経済は絶えず悪化して、終身雇用制度も存在しなくなって、日本社会に生きる若者たちの失業率は高位に留まって下がらない状態になってしまう。これによって、「ニート」は始めて大衆の視線に現われて、そして社会各界の関心を引き起こす。「ニート」メンバーから誘発した家庭内暴力や、社会犯罪などはすでに社会ルートを動揺させた深刻な問題になってしまう。 各ニュースメディアは「ニート」についての報道を日増している。2013年度の「子ども・若者白書」の調査によって、15~34歳の若者で、仕事に就かず、学校にも行っていない「ニート」が2012年は63万人に達し、同年代の人口に占める割合は2.3%で、統計を取り始めた1995年以降最も多かった。そして、厚生労働省職業安定業務統計新規学卒者の離職状況によれば、中学、高校、大学の卒業3年後の離職率は、それぞれ65.3%、40.0%、32.3%となっている。存在した「ニート」だけではなく、「ニート」に似っている群体も大勢と見られる。この調査から見て、日本の「ニート」現象は厳しい状態になってしまう。

2「オタク」文化の視点から見る「ニート」現象の成因 

「オタク」とは、ある趣味・事物には深い関心を持つが、それ以外の広汎な知識、また社会性・社交性は欠けている人物として説明される。王卉の『日本漫画文化及び「オタク」現象について』によると、「オタク」という言葉は時代によって変わている。今は、ACGに没頭する人だけではなく、あるいはサブカルチャーなど特定の分野に詳しい人を指す言葉として定着している。そのイメージから、すくなからず「オタク」はサブカルチャーなど特定の分野に詳しい人、一般的な人々と比べると外出頻度の少ない人と社交性に欠ける人を指すこともある。

「ニート」の概念から見ると、「ニート」の主な構成部分は若者であることが分かった。15~34歳年齢層である彼らは元々社会各個階層に活躍して、自分自身の力を発揮して社会のために貢献を作り出すはずである。しかし、多くの若者はすでに大人になったにもかかわらず、依然として両親の懐に隠す。そして、日本のACG文化の発展途上に出した「オタク」文化の強大な影響で、「二次元」、「オタク」等の名詞が相次いで現われた。「オタク」文化の勃興によって、若者達の生活態度はこっそりと変わている。それによって、「オタク」を視点として、「ニート」の成因を考えてみる。  

2.1厳しい就職環境

日本は20世紀90年代のバブル経済破滅後、社会経済は絶えず悪化して、終身雇用制度も存在しなくなって、日本社会に生きる若者たちの失業率は高位に留まって下がらない状態になってしまう。

21世紀に入ってから派遣などの非正規雇用の促進化もあり、一時的に失業率は改善の動きを見せている。ところが2007年夏以降の金融危機、さらにはリーマンショックに伴う景気悪化で、失業率も上昇していく。景気動向に左右されやすい若年層ほど、急激に失業率の値を積み増している。
 内閣府は2015年6月5日発表した2015年版となる「子ども・若者白書」によれば、20代前半の失業率は6.3%ことが分かった。この数字は平均の失業率の1.75倍である。この高い失業率のゆえ、日本の若者の就職情況が一層困難になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接