从日本文学作品中的女性形象看日本狐文化;日本文学作品における女性像から見る日本狐文化毕业论文_日语毕业论文

从日本文学作品中的女性形象看日本狐文化;日本文学作品における女性像から見る日本狐文化毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

狐,不仅是现实生活中真实存在的动物,在文化上说,更是一种超越现实的存在。其文化上的意义,主要表现在信仰和审美意识创造这两点上。关于狐文化,已经有很多学者从各方面进行了研究,其中大部分都是以与狐相关的传说和民间信仰等为素材,多倾向于以狐文化的传承,崇拜狐的原因等为落脚点来进行论述。

在日本,狐与人和鬼不同,被认为是特殊的异类存在。很久以前,日本人对狐就持有一种特殊的情感和信仰。在文学作品中,狐是拥有魅力和令人厌恶的魔性的矛盾体。在日本,狐的形象一般被赋予了许多女性的特征。关于狐文化,在本篇论文之中,列举了日本文学作品中几个典型的女性形象,旨在通过分析这些女性形象来考察日本的狐文化。 本论文主要是分三个部分进行论述。第一章介绍与“狐”相关的传说以及文学作品。主要介绍传说或文学作品中呈现的拥有灵性力量的狐和具有善恶两面性的狐形象。第二章将以文学作品中的狐女为中心进行论述,本章将详细分析说明文学作品中玉藻前和葛叶这两个具有代表性的“狐女”人物。第三章从文学作品中狐的女性形象来论述日本的狐文化。本章主要分析存在于狐文化中的女性观和婚姻观,表现了男性对自由婚姻和理想婚姻对象的追求。

关键词:日本狐文化;玉藻前;葛叶

狐は、自然界に生きている実在の動物だけれども、文化上に現実を超える存在である。その文化的意義は、信仰と美意識創造という二つの部分に現われている。狐文化について、すでに多くの学者たちが様々な方面から研究されたが、その多くは狐に関する伝説や民間信仰などという観点から、主に狐文化の伝承、狐の崇拝原因などに焦点をおき、論じられてきた傾向がみられる。

 日本では、狐は神様と人間と鬼と違い、特殊な異類だと思われる。昔から、日本人は狐に対して、特殊な感覚や信仰を持っている。文学作品において、狐は魅力的なものであると同時に、魔性のものとして嫌われるものともいう矛盾的な存在である。日本では、狐のイメージによく女性の特徴がつけられている。本論では、狐文化について、日本の文学作品におけるいくつかの女性像を取りあげて、その女性像の分析を通して、日本の特殊な狐文化を考察したい。

 本論は主に三つの部分に分け論じられる。第一章は狐に関する伝説、文学作品を紹介する。主に、伝説あるいは文学作品における霊力を持つ狐、善と悪のイメージを付ける狐この二つの部分から紹介する。第二章では、日本文学作品における狐の女性像を中心とする。本章では、文学作品に登場する玉藻の前と葛の葉この二つの代表的な女性像を説明しながら、分析する。第三章は文学作品の女性像から見る日本の狐文化である。本章では、主に狐文化における女性観と婚姻観から分析する。本章から男性が自由の婚姻や理想的な結婚相手に対する希望が見られる。

キーワード: 日本の狐文化;玉藻の前;葛葉

1 はじめに 6

2 狐が登場する伝説、文学作品 6

  2.1霊力を持つ狐たち 6

2.1.1 ものを変える狐 7

2.1.2 神様の使者としての狐 7

2.2 善と悪のイージーを付ける狐たち 8

2.2.1 善のイメージを付ける狐 8

2.2.2 悪のイメージを付ける狐 9

3 日本文学作品における狐の女性像 10

3.1 狐と女 10

3.2 人を惑わす悪しき存在ー玉藻の前 10

3.3 狐花嫁の典型ー葛葉 11

4 女性像から見る日本の狐文化 11

4.1 狐文化における女性観 11

4.2 狐文化における婚姻観 12

  4.2.1異類婚姻譚と狐女房 12

  4.2.1狐女房から見る日本人の婚姻観 12

5 終わりに 13

参考文献 15

謝辞......................................................................16

日本文学作品における女性像から見

る日本の狐文化

1 はじめに

狐は、自然界に生きている実在の動物だけれども、文化上に現実を超える存在である。その文化的意義は、信仰と美意識創造という二つの部分に現われている。狐文化について、すでに多くの学者たちが様々な方面から研究されたが、その多くは狐に関する伝説や民間信仰などという観点から、主に狐文化の伝承、狐の崇拝原因などに焦点をおき、論じられてきた傾向がみられる。

 日本では、狐は神様と人間と鬼と違い、特殊な異類だと思われる。昔から、日本人は狐に対して、特殊な感覚や信仰を持っている。文学作品において、狐は魅力的なものであると同時に、魔性のものとして嫌われるものともいう矛盾的な存在である。日本では、狐のイメージによく女性の特徴がつけられている。伝統物語からよく出てくるのは、陰陽師安倍の晴明の母、花嫁の典型と称されている葛葉と、一番邪悪な狐玉藻の前と言う妖女である。

 秋田大学の『狐の文学』中で文学作品の狐女について、狐女のイメージが日本人の女性観に関わり、どんな時代でもどんな神と妖怪でも、女性のキャラクターはいつも男性に負けているということを述べた。荒川結香の『中世異類女房譚の形成ー御伽草子の「木幡狐」を中心に』の中では、妖狐は人々の理想の女性像を体現し得る存在として愛され、異類女房譚の重要な部分である、と書いた。また、長尾彩子は『信太妻伝承の研究』の中に、狐は他の動物とは異なる側面をいくつも持つ特殊な生き物であり、人間じみた生態に、元々親しみを感じている存在であると語った。

 本論では、狐文化について、日本の文学作品におけるいくつかの女性像を取りあげて、その女性像の分析を通して、日本の特殊な狐文化を考察したい。

2 狐が登場する伝説、文学作品

2.1 霊力を持つ狐たち

 霊力を持つ狐は特別な性格がないが、超自然の能力を持っている。本節では、ものを変える狐と神の使者などの霊力を持つ狐から紹介したい。人は、あることの成功かどうか、ある現象と関連するという習慣がある。歴史上あるいは文学上、狐の現わしは吉凶予兆と思われるから、文学の狐イメージそのものは、吉凶を予兆する意味がある。この種類の狐たちは、実際の動物の狐とは違い、特別な意味を持って、神様の代理として、人の夢の中に現れたり、予兆の作用を発揮している。

2.1.1 ものを変える狐

 『今昔物語巻』二十七(三十七)の中には、ものを変える狐が現れる。ある夜、春日神社の宮司は馬を探すために、神社に五六里離れの所に至った。目の前には突然高さ二十丈の杉が現れた。宮司はそんな高さの杉を見ることがなかったので、妖怪に惑わされるかもしれないと疑った。宮司は下人の勧めに従って、杉を射て早速神社に帰った。翌日、宮司と下人は先の所に戻って、杉はもうなくなって、ただ矢に射られる狐が見つけた。

2.1.2 神様の使者としての狐

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接