从网络招聘广告看中日企业对人才需求的不同;インターネットでの求人広告から見る日中企業における人材需求の違い毕业论文_日语毕业论文

从网络招聘广告看中日企业对人才需求的不同;インターネットでの求人広告から見る日中企業における人材需求の違い毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

随着互联网的发展,越来越多的企业通过互联网发布招聘广告、求职者利用互联网来寻找招聘信息。无论中国还是日本,银行都是求职中颇受学生青睐的就业单位。本文以银行业为切入点,了解中日企业对人才需求的不同。本文先分别从中国的前程无忧、应届生求职网、智联招聘以及日本的リクルートホールディングス、マイナビ転職、デューダ招聘网站等知名网站上选取了有关银行业的数条招聘广告,然后运用内容分析的方法,比较各自的招聘条件和要求,分类整理中日银行企业招聘广告的内容,分析两者对应聘者的要求以及重点关注的应聘者的能力要素等,进而比较两者对人才需求的不同。通过比较分析得出中日企业在人才需求方面存在以下不同:中国企业重视学历、应聘者的专业以及个人能力,而日本企业更重视应聘者对工作的态度以及人际交往的能力。

本文共分为四部分。第一部分是中日银行网络招聘广告的研究方法和研究样本的选择。第二部分是中日银行网络招聘广告内容的比较。第三部分是中日企业人才需求的不同和原因。第四部分是对中国的日语学习者的建议。希望通过本文的研究,来理清楚中国和日本企业人才需求的不同,对中国的日语学习者的学习和就业提供有用的参考。

关键词:招聘广告;中日银行;中日企业;人才需求

インターネットの発展に従って企業はネットを通じて求人広告を掲載し、応募者はネットを利用して求人情報を探すことがますます多くなってきている。中日問わず、銀行業は学生の人気の高い就職先である。本論は銀行業を中心に中日企業の人材ニーズの相違を明らかにしようとする。本論はまず中国の「前程无忧」、「应届生求职网」、「智联招聘」及び日本のリクルートホールディングス、マイナビ転職、デューダなどの人気ウェブサイトにおいて、銀行業に関する求人広告を選び出した。そして、内容分析を用いて、それぞれの応募条件や要求を比較し、中日銀行の求人広告の内容を整え、応募者にどんな要求及び能力にアクセントを置くのかを分析し、中日企業の人材ニーズの相違を比較する。ネットでの求人広告の分析を通じて中日企業における人材需求は以下の相違点がある。中国企業は学歴、応募者の専攻、個人能力をより重視するのに対して、日本企業は仕事に対する態度及び対人関係(チームワーク)を重んじる。

本論は四つの部分に分けて論じている。第一部分は中日銀行におけるネットでの求人広告の研究方法とサンプルの選択である。第二部分は中日銀行における求人広告の内容の比較である。第三部分は中日企業の人材ニーズの相違とその理由である。第四部分は中国の日本語学習者へのお勧めである。本研究を通して、中日企業の人材ニーズの相違を明らかにしようとして、中国の日本語学習者の学習及び就職活動に少しでも参考を提供したいと思う。

キーワード: 求人広告;中日銀行;中日企業;人材ニーズ

目 次

1 はじめに 1

2 研究方法とサンプルの選択 2

2.1 研究方法 2

2.2 サンプルの選択 2

2.3 論文の構造 2

3 中日銀行における求人広告の内容の比較 3

3.1 中日銀行における異なる職種の求人広告の比較 3

3.2 中日銀行における応募条件の比較 5

4 中日企業の人材ニーズの相違について 8

4.1 中日企業の人材ニーズの相違 8

4.2 中日企業の人材ニーズの相違の原因 8

5 中国の日本語学習者へのお勧め 10

6 終わりに 12

参考文献 13

謝辞 14

インターネットでの求人広告から見る日中企業における人材需求の違い    

1 はじめに

グローバル時代では、世界各国の企業は海外へと進出し、現地での人材採用が一般的になってきている。日本企業も中国での発展が拡大し、中国での人材採用も企業経営の重要な一環となっている。日本語専攻の学生の殆どは日系企業の就職を目指している。日系企業に就職するには、その人材ニーズを知ったうえで、いろいろ準備しておくことが大切であることは言うまでもない。

今日の情報化時代では、金融業界の発展も大いに促進されている。また銀行は金融機関の代表として多くの新卒者の理想の職場になっているが、国によっては人材ニーズの異なる特徴が呈している。そして、インターネットの普及に従って、オンライン求人が企業の人材募集の主流的な手段となってきている。本文は銀行という企業業界の視点で、「インターネットでの求人広告から見る日中企業における人材需求の違い」というテーマを設定し、中日企業の人材ニーズの相違点を明らかにしようとする。

本論はまず学生の就職先としては人気の高い銀行業を対象に、ネットから中日両国の求人広告を選び出した。それからそれぞれの応募条件や要求を比較し、中日銀行における人材ニーズの特徴を分析して、中日企業の人材ニーズの相違を明らかにしようとする。

以上を踏まえ、次のことを明らかにすることは目的である。

①中日銀行における求人広告の内容の比較と分析

②中日銀行における人材ニーズの相違

③中日企業の人材ニーズの相違とその理由

④中国の日本語学習者へのお勧め

本研究を通して、中国の日本語学習者の学習及び就職活動に少しでも参考を提供したいと思う。

2 研究方法とサンプルの選択

2.1 研究方法

本論は内容分析の方法を用いる。内容分析はマスメディア研究やコミュニケーション研究などの社会科学において、雑誌や新聞記事等の文章の内容や、テレビ番組の内容、コミュニケーション内容(メッセージ)を、客観的かつ数量的に分析するための研究方法。クラウス・クリッペンドルフは内容分析を「データをもとにそこからそれが組みこまれた文脈に対して再現可能でかつ妥当な推論を行うための一つの調査技法である」と述べている。

2.2 サンプルの選択

本論は利用者の評価が高い人気の求人サイトを選んで、中国の「前程无忧」、「应届生求职网」、「智联招聘」及び日本のリクルートホールディングス、マイナビ転職、デューダにおいて、「銀行」というキーワードで検索した。そして、日付によって2016年2月25日から2017年2月25日までそれぞれ80件の求人広告を選び出した。その中で事務部門に関する求人広告は108件(中国の求人サイトは56件、日本のは52件)、営業部門に関する求人広告は138件(中国の求人サイトは72件、日本のは66件)、企画管理部門に関する求人広告は128件(中国の求人サイトは61件、日本のは67件)、審査部門に関する求人広告は106件(中国の求人サイトは51件、日本のは55件)である。

2.3 論文の構造

本論では、まず中日銀行の異なる職種の求人広告の内容を比較し、それぞれの違いを明らかにした上で、中日銀行における人材ニーズの違いをまとめていく。そして、中日企業の人材ニーズの相違及びその原因を探っていく。最後に、中国の日本語学習者の就職活動のためのアプローチや方法を提案していく。

3 中日銀行における求人広告の内容の比較

3.1中日銀行における異なる職種の求人広告の比較

銀行は大体四つの部門に分ける。事務部門は事務サービス、事務集中、IT戦略、システム、事務企画などを含む部門である。営業部門は市場営業、個人営業、法人営業、ローン営業、お客様サービス、営業支援などを含む部門である。企画管理部門はリスク管理、経営管理、経営企画、人材育成などを含む部門である。審査部門は審査、企業サポートなどを含む部門である。本論の求人広告は中国240件、日本240件で、職種は事務部門108件、営業部門138件、企画管理部門128件、審査部門106件中出し、応募資格のキーワードを選び出し、エクセルを使って統計した。

3.1.1 中国の銀行における異なる職種の応募条件の比較

求人広告は事務部門56件、営業部門72件、企画管理部門61件、審査部門51件中出し、応募資格の中で学歴、専攻、年齢、スキル、仕事に対する態度、会社勤務経験、個人能力、対人関係(チームワーク)、本籍地、性別というキーワードで選び出し、エクセルを使って統計した。

表3.1 中国の銀行における異なる職種の応募条件の統計

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接