试论日中主题公园的服务营销意识----以日本迪斯尼乐园和中国珠海长隆海洋王国的对比为例;日中のテーマパークにおけるサービスマーケティングの違いに関する考察ーー東京ディズニーランドと珠海長隆海洋王国を比較しながら毕业论文_日语毕业论文

试论日中主题公园的服务营销意识—-以日本迪斯尼乐园和中国珠海长隆海洋王国的对比为例;日中のテーマパークにおけるサービスマーケティングの違いに関する考察ーー東京ディズニーランドと珠海長隆海洋王国を比較しながら毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

  随着“迪士尼乐园”落户上海,我国主题公园产业进入了蓬勃发展的时期。然而,数据显示国内主题公园有80%处于亏损状态,20%收支平衡,仅有10%能够实现盈利。而邻国日本则表现突出,据美国顾问公司AECOM统计,2015年亚太区排名前二十五主题公园中,日本主题公园集团包揽前三,共占4席,游客数约达5千万人次;中国主题公园集团共占11席,游客数约为4.8千万人次。

  本研究以服务营销7P理论为理论基础,通过对东京迪士尼乐园和珠海长隆海洋王国的实例考察,分析两主题公园服务营销意识的差异,结果表明中国主题乐园在服务人员教育方面存在较多问题。旨在为中国主题公园的发展提供一定参考。

关键词:服务营销;7P理论;东京迪士尼乐园;长隆海洋王国

 「ディズニーランド」が上海に登場するとともに、中国のテーマパーク産業が盛んな発展期に入ってきた。しかし、中国テーマパークは7割が赤字で、2割収支相当で、わずか1割が赤字を実現した。一方、日本のテーマパークが絶好調といえる。アメリカ調査会社AECOMのデータによると、「2015年アジア圏テーマパークランキング」で、中国は11本を占め、入場者数が総計48百万人に達したのと対し、日本は前三位を含め4本を占め、入場者数が50百万人にも達したという。

本研究はサービスマーケティングの7P理論を基礎理論とし、東京ディズニーランドや珠海長隆海洋王国の事例考察を行い、二つのテーマパークのサービスマーケティングの意識の違いを分析することを通し、中国テーマパークはサービス人員教育においては大きな問題が存在することが明らかになった。中国のテーマ公園の発展に参考になることを目指す。

キーワード: サービスマーケティング;7P理論;東京ディズニーランド;長隆海洋王国

1 はじめに 1

2 サービスマーケティングに関する基礎理論 3

2.1 サービスマーケティングとは 3

2.2 基礎理論 3

3 テーマパークに関する先行研究 5

3.1 テーマパークとは 5

3.2 中国におけるテーマパーク産業の現状と特徴 5

3.3 日本におけるテーマパーク産業の現状と特徴 6

4 中国の珠海長隆海洋王国と日本の東京ディズニーランドに関する比較 8

4.1 珠海長隆海洋王国 8

4.2 東京ディズニーランド 11

5 日中のテーマパークにおけるサービスマーケティングに関する考察 15

5.1 事例分析からの考察 15

5.2 中国におけるテーマパークの方向性 16

6 終わりに 19

参考文献 20

謝辞......................................................................21

日中のテーマパークにおけるサービスマーケティングの違いに関する考察

       ──日本東京ディズニーランドと珠海長隆海洋を比較しながら

1 はじめに

近年、グローバル経済がて低迷しているのと反対に、テーマパーク産業は全体的に穏やかな成長を保っている。そのうち、アジアは世界的なテーマパーク市場の重心になっている。調査会社TEAAECOMのデータによると、「2015年アジア圏テーマパークランキング」で、中国は11本を占め、入場者数が総計4.8千万人に達したのと対し、日本は前三位を含め4本を占め、入場者数が5千万人にも達したという。ここから、日本のテーマパーク特に東京ディズニーリランドは入場者数が圧倒的に高いことがわかる。日中のテーマパークには大きな差があると言えるだろう。

表1 アジア太平洋地域のテーマ・パークの入場者数(単位100万人)

順位

テーマパーク

所在地

入場者数

1

東京ディズニーランド

日本 東京

16.60

2

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

日本 大阪

13.90

3

東京ディズニーシー

日本 東京

13.60

4

長隆海洋王国

中国 珠海

7.49

5

エバーランド

韓国 京畿道

7.42

6

オーシャンパーク

中国 香港

7.38

7

ロッテワールド

韓国 ソウル

7.31

8

杭州宋城公園

中国 杭州

7.30

9

香港ディズニーランド

中国 香港

6.80

10

ナガシマスパーランド

日本 桑名

5.87

(調査会社TEAAECOM 『テーマパーク、ウォーターパークおよび美術館・博物館の年間動向報告書』2015を基に作成)

そのため、本研究の目的は、日本テーマパークの代表とされている東京ディズニーリランドがなぜ圧倒的人気を誇っているのか、また、独自の強みを、サービス・マーケティングの観点から確認することである。さらに、中国テーマパークの代表とされている珠海長隆海洋王国のサービス・マーケティングは、サービス・マーケティングの中で重要な7つの戦略、7Pに当てはまるのかを考察していく。最後に、事例分析から中国におけるテーマパークの方向性を検討する。

なお本稿では文の冗長さを防ぐために、下記のような略字を使用したい。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接