由“暖帘”谈日本传统文化的传承;「のれん」から見る日本伝統文化の伝承毕业论文_日语毕业论文

由“暖帘”谈日本传统文化的传承;「のれん」から見る日本伝統文化の伝承毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

暖帘是日本大众文化的一种外在体现形式。暖帘在作为店铺“脸面”的同时,也是日本文化的脸面。随着时代的推移,生活和环境发生了变化,暖帘不再只是单纯的防风挡寒的实用性用具,它演变成了日本大众文化的代表物之一。从过去到现在,暖帘随着时代的发展变化也发生着变化,暖帘反映着日本的风土人情和日本人的审美意识,它作为一个时代的文化表现散发着深厚的魅力。

本文将从暖帘的起源、暖帘的发展状况、暖帘的功能转变、暖帘反映出的日本传统文化等部分进行分析,探究日本传统文化的传承及其启示作用。

关键词:暖帘;日本传统文化;传承

大衆文化の一つ外在的な体現の形式である。のれんはそれぞれのお店の「顔」であると同時に、日本文化の「顔」でもあるのだ。時代や生活 、環境の移り変わりによって、単に防寒や風よけといった実用的なものではなく、日本の大衆文化を代表する物の1つとなる。過去の時代から現在に至るまで、時代流れの推移にとともに、のれんも変化してきた。のれんは日本の風土や日本人の美意識の凝縮として、その時代の文化も反映されて奥深い魅力に溢れている。

本論では「のれんの起源」から、「のれんの伝承状況」「のれんの役割の変化」「のれんから見る日本の伝統文化」に分けて、のれんの継承と発展状況を研究しながら、日本伝統文化承継と発展及びその啓示を分析してみる。

キーワード: のれん;伝統文化;伝承

1 はじめに 1

2 「のれん」について 2

2.1 定義と語源 2

2.2 「のれん」の歩み 2

2.3 「のれん」の役割 3

3 「のれん」から見る日本伝統文化の伝承 5

3.1 伝統と現代の共存 6

3.2 文化伝承から、文化創造へ 7

4 終わりに 9

参考文献 10

謝辞.....................................................................11

「のれん」から見る日本伝統文化の伝承       

1 はじめに

 21世紀では、社会の様々な分野が変化し、国際競争が加速する同時に、異なる文化や文明との共存や国際協力の必要性も強化させている。また、人間は古くからの文明や伝統文化を継承した上で、新しい物を創造し、自分の生活を豊かにさせてくる。国際化やグローバル化がもたらす外国の文化との混ざり合い、それにともなって様々な新しい現象の登場によって、伝統文化の価値は軽視されるような問題が次々と出るようになった。では、各国の歴史に独特な位置を持っている伝統文化はどうやって現代社会に生き残れるだろうか。日本の伝統文化がよく守られていることは誰の目にも明らかである。

 古くからある日本伝統文化のひとつであり、今もまだわれわれの日常生活に溶け込んでいるのれんは簡素な布切れに日本文化の凝縮と言える。「ちょうちん」と並んで、日本の大衆文化を語るうえで欠かせないアイテムでもある。日本文化の審美の方向性、そして日本のデザインにおける質朴なスタイルを映し出している。 

 本論では、のれんの継承と発展状況を分析して、現在においても注目されている原因を明らかにしてみる。伝統文化の承継と発展に関しては、日本人なりの方法を持っている。これをめぐって分析してから、長所を取り入れ、わが国の伝統文化の発展に役立つことが出来ればいいと思う。

以上を踏まえ、次のことを明らかにすることは目的である。

①のれんの定義と語源 

②のれんの歴史  

③のれんの役割

④のれんから見る日本伝統文化の伝承 

 本論で、日本伝統文化伝承の特徴と原因深く理解してもらいたい。それによって、伝統文化をもっと重視しようと願う。

2 「のれん」について

 のれんとはもともと、風や光が屋内に直接入るのを防いだり、寒さよけとして使われておる。時代流れを経て、柄、文字、素材、色、形においてのれんは様々な変遷を遂げ現在に至って、いろいろな文化の内包も付けられている。ここでのれんの起源と変遷を明らかにしてみる。 

2.1 定義と語源

 のれんとは、店先あるいは部屋の境界に日よけや目隠しなどのために吊り下げる布のことである。商店の入り口などに営業中を示すため掲げられ、屋号・商号や家紋などが染め抜かれていることも多い。

 現存の歴史資料には,平安時代の末期にのれんは絵巻物に初めて登場する。この時代にのれんがすでに存在していた証拠は、信貴山縁起絵巻には現代と同じ形ののれんが描かれている。ただし、この時代では「のれん」とは呼ばれておらず、「帳」、「垂布」と呼ばれていた。

 もともとは仏教用語の言葉だが、のれんは禅宗と共に伝わった。禅寺でも同じ様に布を垂らし、寒さ対策として利用した。禅宗ではこの様な布を「暖かい」「簾」と書き「暖簾」と呼称した。漢字の字音である唐音は鎌倉時代以降に中国から伝わったとされており、「暖簾」という呼び方が始まったのもこの頃とされる。  

2.2 「のれん」の歩み

 発祥はまだはっきりしていませんが、平安時代末期の絵巻物にのれんがかけられた画面が既に描かれていることから見ると、その時代にのれんは存在していたことが推察できる。

 それから日本国以外、世界中の跡あとからの書物や絵などにも暖簾らしきものは遺されていないこともあり、日本独自の伝統文化であると考えられている。当初は、日差しをよける、風をよける、塵をよける、人目をよける、などを目的に農村、漁村、山村の家々の開放部に架けられていた。デザインは無機質な白無地や色無地が主である。

 鎌倉時代武家が台頭してきた当時、暖簾には家紋が染め抜かれることが流行りだしたとされる。「家紋」自体は平安時代末期に公家の一部で流行ったようだが、一般的ではなかっ た。本格的な合戦が増えた鎌倉時代に、自分の身分を象徴する「家紋」が武家の間で爆発的に普及し、旗印や甲冑に付けられるようになる。家紋はあらゆる場面で利用され、その一つとして玄関先に掲げる暖簾も挙げられる。これが看板としての暖簾の始まりと考えられている。

 室町時代になると、あらゆる商家がそれぞれ独自の意匠を入れはじめ屋号や業種などを知らしめるメディアとしての機能を担うようになった。

 さらに江戸時代に入り庶民の識字率が高まると、文字の入った暖簾が広く使われるようになり、特に寛永・延宝時代には、文字を染め抜いたいわゆる白抜きのデザインが多く見られ、商家にとっての主要な「広告媒体」として普及していた。またこの頃から素材も、染色の困難な麻から染色のしやすい木綿に変わり始め、同時に色も多様化してゆく。

 それから時を経て、柄、文字、素材、色、形において暖簾は様々な変遷を遂げ現在に至っている。

2.3 「のれん」の役割

 のれんの歴史は古く、平安時代末期には現代と同じ形が存在していたとされる。このため、日本文化への浸透も深い。また、のれんの本来の目的とは別の意味合いも派生し、日本人独特の解釈にも影響を与えている。のれんの役割もますます多様化になった。

2.3.1 古代

 平安時代末期以前、「帳」、「垂布」等と呼ばれ、日除け、風除け、埃よけ等実用的に使用されていた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接