从日本的“断舍离”现象看现代人的消费观;日本の「断捨離」から見る現代人の消費観毕业论文_日语毕业论文

从日本的“断舍离”现象看现代人的消费观;日本の「断捨離」から見る現代人の消費観毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

随着中国经济的高速发展,拥有一定消费能力的中产阶级不断壮大。然而,因不满足于国内的商品和服务,不少人将目光转向物美价廉的日本等海外国家。另一方面,购买能力不断增强的中产阶级开始追求高端消费,消费主义在中国逐渐抬头。与此相对,在日本,宣扬放弃对物质的执念,减少自身欲望,追求精神充实的“断舍离”之说风行一时。

本文以“断舍离”为切入点,通过分析这种价值观盛行的原因,探究现代人的消费观以及中日消费观的异同点,进而推测“断舍离”对中国人消费观的影响以及未来国人消费观的发展趋势。

关键词:断舍离;价值观;中日消费观

要 旨

 本稿では、具体的な事例として、「断捨離」を取り上げ、現代人の消費観は何か、中日の消費観念の相違点を分析しながら、将来中国における新たな消費観の形成を探求してみる。

 中国の経済の高速発展に伴い、売買能力のある階層は拡大しつつある。しかし、国内の商品、サービスなど彼らの需要に応じられないので、多くの人は価格が安くて品質も高い商品がある日本をはじめ、海外諸国を目指す。一方に、売買能力が高くなってきているにつれ、中産階層は高級品、贅沢品など求め始めている。消費主義は中国で台頭しつつある。それに対して、日本では、断捨離という価値観がはやっている。

 本稿では、「断捨離」の概念について明確した上で、このような価値観が流行した現況と原因を分析しながら、中日を中心に現代における両国の消費観の実態について触れていく。そして、両国の相違点を分析し、その原因を明らかにしてみる。最後に、「断捨離」は中国現代人の消費観にどのような影響を与えるのを考察し、将来中国における新たな消費観の形成を探求してみる。

キーワード: 断捨離;価値観;中日の消費観

 

1 はじめに 1

2 研究の目的と意義 1

3「断捨離」について 1

3.1 「断捨離」とは 2

3.2 「断捨離」の成因 2

4 現代人の消費現状 2

4.1中国人の消費現状 3

4.1.1外国の商品に「爆買い」 3

4.1.2ブランド品、高級品などの需要拡大 5

4.2日本人の消費現象 6

4.2.1ミニマリズム式の消費 6

4.2.2適度な消費 6

5中日両国の消費観の比較とその特徴 8

6中国人の消費観を形成する要因 9

6.1社会的な背景 9

6.1.1一人っ子政策の影響を受ける消費層 9

6.1.2交通、通信インフラ発達に伴う商品サービスの流行の広がり 9

6.2 経済状況の改善 10

6.2.1中間層の拡大 10

6.2.2内陸の消費需求の広がり、政策の支持 10

6.3 現代人の価値観 11

7 現代人の消費観への思い 12

8 終わりに 12

参考文献 14

謝辞.....................................................................15

日本の「断捨離」から見る現代人の消費観念

1 はじめに

 中国の経済の高速発展に伴い、購買力のある階層は拡大しつつある。しかし、国内の商品、サービスなど彼らの需要に応じられないので、多くの人は価格が安くて品質も高い商品がある日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパなどの海外諸国を目指す。一方に、購買力が高くなってきているにつれ、中産階層は高級品、贅沢品など求め始めている。消費主義は中国で台頭しつつある。

本稿では、具体的な事例として、「断捨離」を取り上げ、現代人の消費観は何か、中日の消費観念の相違点を分析しながら、将来中国における新たな消費観の形成を探求してみる。

2 研究の目的と意義

 消費は常に経済に大きな影響を与える。経済が高度に発展し、物が溢れている中国では、消費主義、贅沢品への過度追求などの不良な消費観は広がってしまう。しかし、経済の発展のため、日本の新技術、管理の規則、経営理念を取り入れる主張はたくさんあるが、正しい消費観を提唱する人は少ないようである。本文は中日の消費観の分析により、中国の消費観の改善に参考を提供できることを期待している。

3「断捨離」について

 断捨離は、もともと身の回りを整理する「片付け法」などとして注目を浴びたことから、物欲をなくし、シンプルに生きようというような意識になっている。平成22年(2010年)ころから流行になった言葉である。本文では、消費観を絞って、断捨離の応用と影響を観察してみる。

3.1 「断捨離」とは

断捨離とは、もともとヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、「もったいない」という日本の伝統的な考え方、価値観を改めてみてから提出される新たな概念である。具体的な意味は下の通りである。

 断:入ってくるいらない物を断つ。

 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。

 離:物への執着から離れる。

 すなわち、断捨離の目的は、不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れるということである。

3.2 「断捨離」の成因

 日本には古来から物を大切にするという考え方がある。子供の頃からもこういうふうに言われ続けられ、それが美徳とされていく。しかし、この考え方が行過ぎると物を捨てることができなくなり、すでに使わなかったもの、将来にいつか使える物など、家の中に次第に増えてきた。そのため、快適に生活する空間が狭くなり、精神も圧迫されてきている。人々は日々、膨大なものを扱っているうちに、大量な時間と気力を奪われるようになってしまい、心身も損害されるほどになってしまう。

断捨離は、「断・捨・離」として2010年の流行語にも選ばれ、近年では断捨離を実践する人を「ミニマリスト」と呼ぶことがある。その後、様々な著書が出版されるようになった。断捨離の意義範囲も広がっている。自分と物との関係だけでなく、仕事と人間関係にも断捨離を勧める声が大きくなった。

4 現代人の消費現状

 社会と経済の発展に伴い、生活レベルが向上しつつあり、基本的な生活条件の束縛から脱却した人間がさらに高レベル、多様化な生活を求め始めた。生産力の発展とライフスタイルの変更によって、現代社会はポストモダン社会という新たな社会段階に入った。「消費社会」も言える(伊世杰,2002)。

 消費社会とは、商品経済の高度発達の社会であり、個人生活、経済発展、社会態勢に至るまで、大きな影響を与える。市場での商品は種類が豊かになったり、品質も向上されたり、消費者の様々な求めに応じられる。現代人の消費領域が拡大し、消費内容も多種多様になる見込みである。

4.1中国人の消費現状

 改革開放30年以来、社会主義市場経済の発展や西欧諸国の経済との融合に伴い、人間の消費観も大きく変化してきた。都市部家計の消費構造(図表4.1)を見ると、所得が高くなるにつれて、交通・通信関連支出、文化、教育、娯楽関連支出、その他の支出(美容品、宝飾品など)の比率が増え、精神、物質、生態を重視する多様化消費になっている一方で、市場利益の誘惑と西方文化の衝撃によって、実際状況を軽視し、盲目にブランド品、高級品など求める消費主義が台頭しつつある。

(資料)中国国家統計局より、みずほ総合研究所作成。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接