关于在中国进行“厕所革命”的必要性和可行性研究----以日本的“厕所革命”为例;中国における「トイレ革命」の必要性と可能性に関する研究ーー日本の「トイレ革命」を例として毕业论文_日语毕业论文

关于在中国进行“厕所革命”的必要性和可行性研究—-以日本的“厕所革命”为例;中国における「トイレ革命」の必要性と可能性に関する研究ーー日本の「トイレ革命」を例として毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

所谓中国的“厕所革命”,指的是改变当前中国厕所的落后现象,提高厕所整体质量水平。厕所问题不仅关系人们的健康、生活质量,更关乎国家形象,体现文明程度。因此,厕所革命迫在眉睫。在当今中国,随着经济的发展,人们也开始追求高质量的生活,越来越多的国人走出国门,去感受异国风情。去过日本的人几乎都会对日本的厕所留下极为深刻的印象。这种深刻的印象来自于日本的厕所与中国厕所相比,有着强烈的反差。在今天的日本, 无论是在酒店、机场、百货商店、图书馆、大学、甚至是普通街道和公园的厕所都非常干净。多数公共厕所还专门有供残疾人使用的厕间。然而,20世纪30年代的时候,日本厕所也非常落后,后来在政府和全民的共同努力下,进行了“厕所革命”,使厕所发展成为世界上最干净的厕所,而且还在不断向智能化发展。中国政府现在也出台了相关政策在努力改进,人们的观念也在逐渐发生改变,这些条件都为中国的“厕所革命”提供了可能性,中国的“厕所革命”或将迎来黄金期。把握机遇,从日本“厕所革命”的案例中学习经验,以期更好地推动中国的厕所革命。

关键词:中国厕所;日本厕所;厕所革命

 

中国のトイレ革命とは、つまりトイレを美化運動のターゲットにし、今のトイレの悪い現状を改善することだ。トイレは人々の健康や生活に関わるのみならず、国のイメージや文明レベルにも関係がある。したがって、できるだけ速くトイレ革命を行う必要がある。

今の中国において、経済の発展に伴って、海外まで観光・旅行の人が増えている。日本に行ったことがある人のすべては、日本のトイレのきれいさに驚く。なぜかというと、中国のトイレと比べて、大きな格差を実感したからだ。今の日本において、ホテル、空港、デパート、図書館、大学などにおいても、町や公園においても、トイレは非常にきれいだ。多くのところには多目的トイレもある。

実は、1930年代日本のトイレも非常に悪い状態であったが、政府や国民の協力で、「トイレ革命」を進めてきて、今まで世界一きれいなトイレになった。それに、科学技術によって、自動化、知能化へ発展していこうとしている。

中国において、政策が打ち出される上に、人々の意識も変わっている。中国における「トイレ革命」の可能性があるということが分かる。中国は「トイレ革命」の黄金期を迎えているだろう。これをきっかけとして、日本の「トイレ革命」の経験に学んで、中国の「トイレ革命」を推し進める。

キーワード: 中国のトイレ;日本のトイレ;トイレ革命

1 はじめに 1

2 研究する目的と意義 1

3 中国におけるトイレの現状 2

3.1 都市部 3

3.1.1 自宅トイレ 3

3.1.2 公衆トイレ 4

3.2 農村部 5

3.2.1 農家トイレ 6

3.2.2 道端で用を足す田舎者宅 6

3.3 観光地 7

3.3.1 ニーハオトイレ 8

3.3.2 暗く冷え込む場所で用を足す旅行者 8

4 日本におけるトイレの現状 8

4.1 さまざまなトイレ 8

4.1.1 公衆トイレ 9

4.1.2 多機能トイレ 9

4.2 トイレの設備や機能 9

4.2.1 温水洗浄便座 9

4.2.2 音姫 9

4.2.3 赤ちゃん椅子 10

4.2.4 トイレットペーパー 10

4.3 トイレ掃除 10

4.3.1 洗剤や用具 10

4.3.2 意識 11

5 成因分析 11

5.1 歴史的な原因 11

5.2 文化的な原因 12

6 中国における「トイレ革命」の必要性 12

6.1 劣悪な衛生環境 12

6.2 男女の疾患 13

6.3 臭い、臭いと、みんな鼻をつかんでいる 13

7 中国における「トイレ革命」の可能性 13

7.1 政府主導で進行中の「トイレ革命」 14

7.1.1 『中国十三五ヵ年観光業発展計画』 14

7.1.2 新しい農村の改築・建設に関する政策 14

7.2 トイレ革命の黄金期 15

7.2.1 生活習慣の変化 15

7.2.2 観光客行き来の増加 15

8 終わりに 16

参考文献 17

謝辞 18

中国における「トイレ革命」の

必要性と可能性に関する研究

       ──日本の「トイレ革命」を例に

1 はじめに

本論では「中国におけるトイレの現状」から、「日本におけるトイレの現状」「中国の現状の成因分析」「中国におけるトイレ革命の必要性」「中国におけるトイレ革命の可能性」に分けて、日本の1980年代行った「トイレ革命」を踏まえ、とるに足りるところをあげながら、中国におけるトイレ革命の必要性と可能性を分析し、助言を述べてみたい。

近年、中国の経済はますます発展してきて、いろいろな分野では著しく変わっていた。しかし、「トイレ」というところを重視しないという現象が存在している。政府であれ、個人であれ、トイレを重視する意識がなさそうだ。劣悪な衛生環境、疾患といった現状に対して、トイレ革命は本当に必要があるし、そしてその可能性もある。

2016年中国国家観光局約10万箇所の公衆トイレの改善に、今後4年間で2900億ドル(約32兆円)を投資すると発表した。政府は重視度を高めるということが分かる。さらに、一般民衆もきれいなトイレを利用しようという意欲が高くみえる。トイレ革命は黄金期を迎えているだろう。

2 研究する目的と意義

トイレは、誰もが 1 日に何度も行く場所で、生きていく上で欠くことのできない重要な空間だ。そのため、トイレは清潔で快適に利用したい場所だ。家庭においてトイレは家の顔と言われ、商業施設では客を掴むための重要なサービスの一つとして位置づけられている。イレは人々の健康や生活に関わるのみならず、国際的なイメージや文明レベルにも関わっている。トイレ革命は内外にも大きな意義を持っている。

内には、劣悪な衛生状態、疾患といった現状を改善したり、健康を保ったり、より良い環境を作ったりすることができる。外には、トイレは国際的なイメージに関わっている。中国国家観光局によると、公衆トイレが清潔かどうかで、今後数年間の観光客数に大きな影響を及ぼすという。したがって、中国におけるトイレ革命を行う必要がある。日本のトイレはきれいで、最先端的な設備も整っている。それを研究して、トイレ革命の方向や方法を探し出してみたい。

3 中国におけるトイレの現状

前に述べたように、中国のトイレは経済の発展と伴って、改善されているが、不足のところはまだまだある。ここでは、都市部、農村部、観光地という三つの方面からトイレの現状を説明していきたいと思う。

3.1 都市部

経済の発展に伴って、都市部のトイレは以前より改善されているが、解決されていない問題がたくさんある。本論では、住宅トイレと公衆トイレという二つの面から、都市部のトイレの現状を説明してみたいと思う。

3.1.1 住宅トイレ

日本においては、トイレとお風呂が別になっている。それに対して、中国においてはトイレ・シャワー・洗面台の3セットが普通だ。このスペースで、用を足したり、シャワーを浴びたり、洗濯や洗顔をする。便器には和式も洋式もあるが、和式のほうが圧倒的多い。洋式トイレに慣れない人も少なくない。住宅トイレは、一般的にキレイだ。なぜかというと、健康意識や衛生意識などが一般的に高いほうだろう。

日本では使用された温水洗浄便座は、中国では普及されていないので、2015年の正月に、多くの中国人観光客が日本の温水洗浄便座を爆買いした。微博(中国版ツイッター)などの調査によると、売れた商品のベストスリーは①医薬品、②化粧品、③温水洗浄便座、の順だった。(深港在线,2015)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接