日本人就職観の変化への考察ーー日本人の若者の就職現状を中心に毕业论文_日语毕业论文

日本人就職観の変化への考察ーー日本人の若者の就職現状を中心に毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

现在,日本社会少子高龄化逐渐加深,人口构造正发生急剧变化,信息化、国际化的发展,给家庭、职场、地域等与年轻人有关的环境带来了很大的影响。当今日本社会,自由职业者、应届毕业找不到工作的人、失业者却越来越多,年轻人的失业率也居高不下。各种与年轻人就业相关的问题成为了当今必须解决的社会问题。

导致产生这种严峻的就业形势的原因,并不只是因为严峻的就业环境等外界因 素,与青年的就业观、就业意识等年轻人自身的内在因素也有着密切关系。本文着眼于日本年轻人的就业现状,针对应届毕业生的就业情况进行分析,并将分析结果与 20 多年前的日本年轻人就业情况进行比较。围绕就业目的,选择公司的理由,跳槽原因等多方面进行分析,以弄清楚这二十年间,年轻人就业观发生的变化。

本文的研究有助于我们了解日本社会的现状,也希望对今后中国的青年劳动力就业和政府进行就业指导提供一定的参考。

关键词:就业观;青年;就业状况;变化

要 旨

現在、日本社会は少子高齢化という人口構造の急激な変化の下、情報化、国際化が進行し、家庭、学校、職場、地域など若年者を取り巻く環境にも大きな影響にも及んでいる。今の日本では、フリーターや新卒無業者の増加、若者の高い失業率など若年層をめぐる就職問題が現今の大きな課題となっている。

このような厳しい就職状況を招いた原因は、厳しい就職環境といった外的要因のみならず、若者の就職観や就職意識など、若者個人の内的要因もあると思われる。本文は若者の就職現状に着目し、新規卒業者の就職状況を分析し、その結果を約二十年前の日本の若者の就職状況と比べる。そして、「就職目的」や「会社を決める理由」と「転職する理由」をめぐって分析し、この二十年間、若者の就職観の変化を明らかにしようとする。

本研究を通して、日本の社会現状を理解し、今後中国の若者労働力の就職やキャリア支援センターの就職指導において少しでも参考になればと思う。

キーワード:就職観;若者;就職状況;変化

目 次

  1. はじめに 1
  2. 日本人若者の就職現状と就職意識 2
    1. 就職構成状況 2
    2. 就職意識 3
  3. 昔の若者の就職状況と就職意識 5
    1. 就職状況 5
    2. 働く意識 6
  4. 若者の就職観の変化 7
    1. 働く目的について 7
    2. 会社選択における重視要因 8
  5. 終わりに 10

参考文献 11

謝辞 12

日本人就職観変化への考察

——日本人の若者の就職現状を中心に

はじめに

今の日本社会は、少子高齢化問題は次第に深刻になりつつある。人口構造の急激な変化の中、就職環境は厳しくなる一方である。

経済が高速に発展し、職場競争が弱くなり、就職機会が多くなっているのに、なぜ若年層の就職難が続くのであろうか。若者の就職現状は、就職氷河期 1後、長期間にわたって厳しい状況が続いており、若年者の就職難は学校だけに留まらない大きな社会問題であり、日本社会が憂慮すべき課題となっている。

若者就職難に関する研究は職業ストレスや就職意欲と結びついて考察するものがたくさんであり、中国と日本の若者の就職意識の差別についての研究または少子高齢化に伴う社会と職場の減らす需要をめぐる研究も少なく存在するが、主に若者が就職に関する意識や職業イメージの変化を中心とする研究があまりない。

本論では、日本社会の若者就職難に着目し、政府が発表したデータを利用して若者の就職観や就職現状を分析し、過去の若者就職状況を比べ、この二十数年間に、若者の就職状況や就職観の変化を明らかにしようとする。

若年者が社会と密接な繫がりを持ち、彼らの職業能力を向上させることが、さらなる国の経済発展には必要不可欠でなので、本研究を通して、中国の発展の参考になり、日本語学習者にも日本社会の現状や日本の若者の価値観を理解するのに役に立つと考えられる。

1 日本ではバブル崩壊後の就職が困難であった時期(1993 年から 2005 年と定義されている)を指す語。

  1. 日本人の若者の就職現状と就職意識
    1. 就職現状

日本厚生労働省の統計によると、日本の若者層は非正規雇用者数が増加しつつ、若者の失業率も日本社会の平均失業率を上回っていることがわかっ た。

就職構成状況

図表 2-1 2016 年若者の就職状況

年齢別

正規社員数

非正規社員数

15-24 歳

265 万人

241 万人

25-34 歳

782 万人

279 万人

(資料出所:厚生労働省「労働人口調査」)

厚生労働省の調査から、2016 年の時点での日本人若者の就職構成がわかる。「15-24 歳」階級には、正規社員と非正規社員の比は約 1:1 となっており、全社会の若年層就職者には、3人の中に平均 1 人は非正規社員である。また、同年非正規社員は社会全体の就職者の三分の一を占める。言い換えると、就職している若者の 1/3 は、随時に失業危機に直面する可能性がある。

社会経済は徐々に上向きつつあるのに、就職状況は引き続き低迷している一因は非正規社員が増えていると考える。

高い失業率

図表 2−2 完全失業率(季節調整値)(%)

2016 年 12 月

男女計

実数 対前月増減

15 歳〜24 歳

5.1 0.6

25 歳〜34 歳

4.3 0.1

35 歳〜44 歳

2.9 0.1

45 歳〜54 歳

2.5 -0.2

55 歳〜64 歳

2.9 -0.1

(資料出所:内閣府「労働力調査」)

「15 歳〜24 歳」、「25 歳〜34 歳」の年齢階級で、前月に比べ上昇し、高齢者を含む全体における大きな割合を占め、社会平均失業率の 1.5 倍となっている。若年層の失業率の上昇傾向を中高年層と比較してみると、若年層の失業率の伸びの方が中高年層の伸びよりもかなり高く、約 2 倍にも及んでいる。失業者の要因としては、若年層においてより良い条件の職に就くため、結婚や育児のため、家族の看病のためなどの理由により「自発的離職」が多い。つまり会社方面の都合ではなく、自分自身の問題で離職することは若者の高失業率をもたらしている原因の一つと考えられる。

就職意識

雇用環境や経済情勢の影響で、日本の若者が仕事の意義や働くの目的に対する認識も変わりつつある。

働くことの目的

日本生産性本部が「15 歳~34 歳」の若者を対象に、「働くことの目的」について調査したところ、比率が高い項目は「楽しい生活をしたい」がもっとも多く、ついでに、「経済的に豊かになる」、以下は「自分の能力をためす」、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接