关于日本校园暴力欺凌问题的思考——从日本青春电影谈起 ; 日本における校内暴力#12539;いじめ問題に関する考察――日本青春映画から見る毕业论文_日语毕业论文

关于日本校园暴力欺凌问题的思考——从日本青春电影谈起 ; 日本における校内暴力#12539;いじめ問題に関する考察――日本青春映画から見る毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

校园暴力问题已经成为世界各国共同的问题。在欧美与日本等发达国家,政府对此出台了许多政策,与此相关的文学作品与学术研究也层出不穷。与之相对,尽管中国对于校园暴力的报道近年来有所增加,但学术上的研究却远远不如欧美与日本成熟。

另一方面,青春电影描写了青少年的日常生活,反映出围绕青少年的种种问题。其中,以校园暴力问题为题材的青春电影,描述了叛逆期的青少年在学校、家庭、社会中的现实争执与内心纠葛,对于认识校园暴力问题发挥着重要的作用。

因此,本文以日本青春电影为切入点,通过分析《告白》等电影中围绕加害者、被害者、观众、旁观者四类人物角色所展开的故事情节,结合现实中校园暴力的社会问题, 明晰校园暴力的形成原因与特征。同时,分析日本政府对校园暴力的应对之策,并在此基础上探究其对解决中国校园暴力问题的启示。

关键词:校园暴力;日本;电影

要 旨

学校におけるいじめ問題は、すでに世界各国が抱える共通の課題となっている。欧米や日本では、政府による対応策が次々と打ち出されているとともに、校内いじめが文芸作品に多数取り上げられ、いじめ問題に関する学術研究も一歩一歩進められている。一方、中国では、校内いじめ問題への報道は近年になって急増しているが、それに対する認識はまだ未成熟なところがあり、日本のような突っ込んだ研究もまだ立たないようである。

ところで、青春映画は青少年の日常生活を描き、青少年をめぐる諸問題を色濃く反映している。その中には、いじめ問題を取り上げる映画は多数を占め、反逆者の青少年が学校・家庭・地域社会にける葛藤を描き出し、いじめの実態への把握にも重要な役割を果たしている。

本論は「告白」をはじめとする日本青春映画に描かれたいじめられる人・いじめる人・はやしたてる観衆・無関心な傍観者という 4 種類の人間像を分析する上に、日本における校内暴力・いじめ問題の形成と特徴を明らかにし、日本政府の対応策を検討するものである。さらに、日本側の経験を中国の今更深刻化するいじめ問題に取り入れる可能性と課題についても考えてみたい。

キーワード: 校内いじめ;日本;映画

目 次

  1. はじめに 1
    1. 研究動機と研究意義 1
    2. 研究方法 2
    3. 先行研究 2
  2. 校内いじめ問題の基本的視点 4
    1. 定義 4
    2. 態様 5
    3. いじめの四層構造 6
  3. 日本青春映画と校内いじめ問題 7
    1. 校内いじめ問題を扱う日本青春映画 7
    2. 校内いじめの発生要因 8
    3. 校内いじめ問題による影響 10
    4. 校内いじめへの対応 12
  4. 日本校内いじめ問題の現状 14
    1. いじめのタイプの変化 14
    2. いじめの低年齢化 14
    3. 深刻化するネットいじめ 15
  5. 日本校内いじめ問題が中国に与える示唆 16
  6. 終わりに 18

参考文献 19

日本学校におけるいじめ問題に関する考察

――日本青春映画から見る

はじめに

研究動機と研究意義

学校におけるいじめ問題は、すでに世界各国が抱える共通の課題となっている。欧米や日本では、校内いじめ問題に対する関心が非常に高く、様々な形で研究が進められたいる。1995 年、日本を含め、イギリス・オランダ・ノルウェー・アメリカの研究者からなる「国際いじめ問題研究会」が発足し、国際的な視点からいじめの実態調査を行うようになった。同時に、民間では校内いじめは文芸作品に多く取り上げられ、政府による対応策も次々と打ち出されている。

日本では、1980 年代初期から学校でのいじめ問題が大きな社会的な関心を集め、深刻な社会問題となって浮上している。政府側は20 世紀初頭からその問題に対して様々な対応策を考え始めた。2005 年、答申「新しい時代の義務教育を創造」が中央教育審議会によって策定され、2007 年、教育委員会制度改革を導入した教育三法の改正が行われた。新しい教育の理念が強調されるようになった。長年に渡って、2013 年 6 月

28 日、「いじめ防止対策推進法」(衆第 42 号)が参議院本会議を通して成立した。同時に、日本文学界や芸能界も校内いじめ問題に注目し、数多くの作品を作り出し た。マスコミの力を借りることは、いじめ解決の有効な手段の一つであり、小説・映画などの関連作品はいじめ問題の各側面をそのまま反映する役割を担っている。とりわけ、青春映画は青少年の日常生活を描き、多くは小中高生をめぐるいじめ問題を色

濃く反映している。

一方、中国では、ここ数年、新聞やマイクロブログなどのソーシャルメディアではいじめへの報道は急増しているが、いじめを社会問題あるいは社会公害として注目されているとは言えない。校内いじめ問題に関する研究はより遅れ、多くの人はいまだにいじめをただ子供たちのふざけあいをみなしている。

中国社会科学網に掲載された記事「日本の学校におけるいじめの原因と対策」①に

① 师艳荣.日本校园欺凌的成因与对策.http://ex.cssn.cn/shx/shx_ywy/201612/t20161227_3360269.shtml (2017 年 2 月 15 日閲覧)

よると、1980 年代ごろから深刻化し社会問題となった日本の校内いじめが起る社会背景が「現在の中国と非常に多くの共通点がある」と作者に指摘された。つまり、日本学校におけるいじめ問題に関する考察は中国の校内いじめ問題にも参考になれるべきである。

以上のような視点を踏まえ、本論は時代背景を結び付き、「告白」、「十字架」及び「リリィ・シュシュのすべて」をはじめとする日本青春映画に描かれたいじめ現象を分析する上に、日本学校におけるいじめ問題の特徴、発生要因、影響を明らかにし、日本各界の対応策、これからの課題を検討する。さらに、日本側の経験を中国の今更深刻化する校内いじめ問題に取り入れる可能性と課題についても考えてみたい。

研究方法

本論は主に二つの研究方法を用いる。一、内容分析法

校内いじめ問題に関する日本青春映画(「告白」、「リリィ・シュシュのすべて」など)を中心に、内容分析法を通して、時代背景と結び付け、いじめの態様や四層構造を分析し、その発生要因、影響や対応策を系統立てて論述してみようと思う。

二、文献分析法

国内外の校内暴力・いじめへの研究や調査の資料やデータを集め、日本社会や政府によるいじめ問題の経験をよく調べ、論述への支えを提供する。

先行研究

日本のいじめ事件は 1970 年代以前にはすでに存在したが、校内暴力が初めて正式

的に論述されたのは 1980 年代のことである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接