论中国动画如何摆脱“低龄化”认识误区—来自日本的启示;アニメの「低年齢論」の誤解から脱する--日本からの示唆毕业论文_日语毕业论文

论中国动画如何摆脱“低龄化”认识误区—来自日本的启示;アニメの「低年齢論」の誤解から脱する–日本からの示唆毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

本文对于国产动画当下普遍存在的“低龄化”现象进行了分析与思考。由于一直以来的传统观念,枯燥乏味的内容,陈旧的题材,粗制滥造的画面效果等原因,使得国产动画在许多中国人心目中,一直被认为是“面向儿童的”存在。国产动画一直以来被局限在儿童消费的范围内,市场定位的狭隘使得后续产业链难以得到有效的发展,导致国产动画在市场竞争中一直处于举步维艰的状态。

纵观邻国日本,作为“动漫大国”,动漫产业在其文化产业中占有相当大一部分的比重,同时也是现代人生活中不可或缺的一种娱乐方式。像宫崎骏的作品那样老少皆宜的例子有很多。这也向我们表示了动画应该面向于更多年龄段的群体。

本文通过中日两国动画作品的对比以及对日本动画产业发展历程的了解和学习,探讨了中国动画“低龄化”认识产生的原因、影响并提出完善我国动漫产业链,积极创新丰富题材,设立分级制度等解决建议。试图尝试为提升国产动画的质量,打开市场,脱离现在的发展困境起到一定的促进作用。

关键词国产动画;日本动画;低龄化;市场

本論文は中国のアニメーションの「低年齢論」という現象について分析したい。伝統的な理念、味気ない内容、題材の古さ、粗製濫造の画面などの原因によって、アニメーションが子供向けのものとみなされている認識は中国で一般的である。この「低年齢論」が中国のアニメーションの発展に大きな障害を来たしている。

隣国の日本では、アニメ産業は文化産業の大きな柱であり、アニメーションが現代人の生活に欠くことのできない娯楽の方式である。しかも宮崎駿の作品のような全年齢層向けのアニメーションが多い。アニメが子供だけでなく、多くの年齢層に向けられることを示している。本文は中日両国のアニメ作品の比較を通して、日本のアニメーション産業の発展史を理解しながら、その経験を学び、中国のアニメの「低年齢論」が生じた原因を究明し、その解決策を探ってみたい。最後に、題材の選択や産業チェーンの整備などの提言を行い、アニメーションの「低年齢論」という誤解から抜き出し、市場を開拓し、中国のアニメーションの価値を高めたい。

キーワード: 国産アニメーション;日本のアニメーション;低年齢論;市場

1 はじめに 1

2日中アニメーション産業の比較 2

2.1中国のアニメ発展の歴史 2

2.2中国のアニメ発展の現状 2

2.3日本のアニメ発展の歴史 3

2.4日本のアニメ発展の現状 3

3 「低年齢論」形成の要因分析 6

3.1現実的な内容の欠乏 6

3.2題材の乏しさ 6

3.3市場モードの不健全 7

4 「低年齢論」の誤解から脱する提言 9

4.1産業チェーンの完備 9

4.2題材の充実とイノベーション 9

4.3 レイティングシステムの設置 9

5 終わりに 11

参考文献 12

谢辞.....................................................................13

アニメの「低年齢論」の誤解から脱する       ──日本からの示唆

1 はじめに

アニメーションは21世紀に「朝日産業」と呼ばれ、文化産業の形成だけではなく、漫画、おもちゃ、ブランドの授権など周辺産業の発達も目覚ましく、産業の多角化が進んでいる。アニメは文化産業の重要な一部として、近年、政策の影響で中国のアニメ企業は雨後の竹の子のように現れ、アニメ作品が大量に制作されている。2017年のデータによると中国のアニメの生産量は世界一となっているようである。

しかし、アニメーションが子供向けのものという認識は中国で一般的である。確かにアニメーションは生き生きとしている演出形式と内容があり、明らかに「子供向け」の特徴を備えている。そして、人々の潜在意識の中で、「アニメーション」イコール「子供向け」との考えが根深く存在している。しかし、時代の発展と審美観の変化につれ、アニメーションの機能が多様化している。

中国のアニメーション産業の発展は決して順調とは言えない。

2004年から、中国政府はアニメ産業の発展を促進するため、一連の政策を打ち出し、中国のアニメーション産業が急速に成長しはじめたが、国際的にもアニメ産業の発達が有数の日本に比べ、まだ短時間である。中国のアニメーションはまだ健全な市場メカニズムが構築されているとは言えないが、その将来は多くの国民に期待されている。

2 日中アニメーション産業の比較

2.1 中国のアニメ発展の歴史

中国最初のアニメーションは、1922年にその元祖と言われる「万氏兄弟」(万超塵、万古蟾、万滌寰、万籟鳴の四兄弟)が、「舒振東華文打字機(舒振東の中国語タイプライター)」の広告を制作したことによって現れた。その後、万氏兄弟は1926年に中国で初めて本格的なアニメ「大閙画室(アトリエの大騒ぎ)」、1935年に中国最初のトーキー・アニメ「駱駝献舞(ラクダの踊り)」などの名作が作り出した。

30年代後半に、万氏兄弟は戦争中の上海で中国最初にしてアジアでも初の長編アニメーションの制作を始めた。それは名作「鉄扇公主(西遊記 鉄扇公主の巻)」である。「鉄扇公主(西遊記 鉄扇公主の巻)」は1941年に上海で公開され、翌年日本でも輸入公開されて大ヒット作となった。当時は戦争中だったので、万氏兄弟はこの作品を通じて国民全体で団結して日本に打ち勝とうと中国の国民の士気を奮い立たせるようだった。あの時期は戦争の時代だが、アニメ時代が切り開かれていた。当時の「鉄扇公主(西遊記 鉄扇公主の巻)」は、「マンガの神様」と評価された手塚治虫を代表として、たくさんの日本の漫画家やアニメ制作者にも大きな影響を与えている。

50年代と60年代は、中国アニメーションの黄金期と言える。当時の作品には、中国最初のカラー人形アニメとして1953年に「小小英雄(小さなヒーロー)」、そして最初のカラーセルアニメとして1955年に「烏鴉為什麼是黒的(カラスはなぜ黒いのか)」など、たくさんの名作が現れた。この時期には「百花斉放、百家争鳴(異なる芸術と思想は自由に発展させること)」運動のためアニメーションの数が急増し、作品の質も向上している。水墨アニメ「小蝌蚪找媽媽(オタマジャクシがお母さんを探す)」と折り紙アニメ「聡明的鴨子(賢いアヒル)」、切り絵アニメ「猪八戒吃西瓜(猪八戒がスイカを食う)」などは、中国独自制作のアニメーションとして世界の高い評価を受けていた。特に、1961年と1964年に上下巻に分けて公開された「大閙天宮(大暴れ孫悟空)」は国内外で高い評価を勝ち取って、その後の衰退期を前に大いに異彩を放っていた。

2.2 中国のアニメ発展の現状

現在の中国のアニメーション産業の発展は極めて迅速である。アニメ産業の発展が進む中で、いまの中国アニメには「ストーリーが単調で、製作が粗雑であるので、子供だけに似合うようだ」との批判が付いて回る。低年齢層向けのアニメから、大人も楽しめるアニメへと進化するために、創造性あふれる魅力的なアニメ作品が求められている。ここ数年のアニメのランキングを見てみると、「喜羊羊と灰太狼(シーヤンヤンとホイタイラン)」、「熊出没」、「猪猪俠」、「賽爾号」などの子供教育を主とした作品がずっと主導的地位に立っている。「喜羊羊と灰太狼」と「熊出没」のいずれの主人公も動物である。「猪猪侠」は豚が地球を支配する時代と設定されて、「賽爾号」はロボットの物語である。総じて、国産アニメのほとんどの主人公は動物、ロボットなどである。これらの主人公は中国のアニメが子供向けという「低年齢論」の誤解をもたらした。

近年では、中国のアニメにも変化があり、心を込めて作ったいい作品が多く生まれた。例えば「全職高手(マスタオブスキル)」、「狐妖小紅娘(縁結びの妖狐ちゃん)」、「魁抜(クイバー)」などの作品はネットで大きな反響を呼んだ。「魁抜(クイバー)」(2011年)は「日本アニメに負けないほど良い作品だ」と高い評価を受け、大成功した。「魁拔」とは、333年に1度誕生する恐ろしい怪物で、主人公の「蛮吉」とその父「蛮殿下」らが目覚めの兆しを見せた「魁拔」を倒すため、長い旅に出るというアクションアニメである。しかしこれまでの誤解で、まだ多くの人がこれらの作品を知る機会がない。「低年齢論」はすでに中国のアニメーションの発展に大きな障害となっている。

2.3 日本のアニメ発展の歴史

日本に初となるアニメ映画の技術が外国から伝わってきたのは今から大体121年前の1897年(明治30年)であった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接