日本在华养老产业现状分析和借鉴;中国における日系高齢化産業の現状分析と参照毕业论文_日语毕业论文

日本在华养老产业现状分析和借鉴;中国における日系高齢化産業の現状分析と参照毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

本文首先分析了中日两国的高龄化现状引出中日两国各自高龄化产业的发展状况。在分析中我们可以看到中国的养老产业存在服务水平低、专门人才稀缺、政府身份转化不明确以及国际化视野缺乏的问题。日本的高龄化产业则因为其成型早,政策完备而发展较好。

本文立足于分析日本在华养老产业的相关投资数据,分析了其产业类型分布以及城市分布特点,并结合经济和政策原因进行相关剖析,从而总结出在中的日系养老产业具有注重服务(具有多样化服务),有意识培养专业人才,注重发挥当地政府作用以及跨国经营成功等四个显著的特点。在华日系企业在一定程度上弥补了中国高龄化产业目前面临的不足问题,为中国高龄化产业的发展提供了经验。

关键词:在中日系高龄化产业;现状分析;借鉴

要 旨

本論文はまず中日両国の高齢化現状に関する分析から、両国における高齢化産業の発展状況を分析した。中国の高齢化産業はサービス水準の低下、専門人材の不足、政府の役割の不明確、国際化意識の欠乏という四つの問題が存在している一方、日本の高齢化産業は早い段階から発展してきたため、すでに成熟する産業となっている。

本文は中国における日系高齢化産業に焦点を当て、日系高齢化産業の投資データに基づき、進出企業の類型と都市分布の特徴を分析し、経済や政策の側面からも原因を究明した。日系高齢化産業がサービスの重視(多種多様なサービス)、専門人材の意識的な育成、地元政府との協力、グローバル経営という四つの特徴がある。これらの特徴より、中国の高齢化産業は今後参考できる経験が多く考えられる。

本論文は中国における日系企業の高齢化産業の現状を分析し、これまでの先行研究に参考しながら、国内の高齢化産業の発展に示唆を与えたい。

キーワード: 在中日系高齢化産業; 現状分析; 示唆

目 次

1 はじめに 2

  1. 中日両国における高齢化の現状と高齢化産業 4
    1. 中国における高齢化の現状と高齢化産業 4
    2. 日本における高齢化の現状と高齢化産業 7
  2. 中国における日系高齢化産業 9
    1. 日系高齢化産業の分類 9
    2. 日系高齢化産業の分布 11
    3. 日系高齢化産業の特徴 14
  3. 中国企業への参考 15
  4. おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

中国における日系高齢化産業の現状分析と参照

1 はじめに

本論文は,中国における日系高齢化産業の現状を分析し、急速に進む高齢化に対応するための中国の高齢化産業の発展に参考を与えることを目的としている。

中国の高齢化問題に関する先行研究や政府の統計データなどによれば、高齢者とは

65 歳以上の人を指すことが一般的である。本論文においても,高齢者を 65 歳以上の者と定義したい。

中国の「高齢化社会」への突入は,日本などの先進国より遅れているが,そのスピードは速い。中国は 1999 年に高齢化社会に入り、19 年間立たないうちに、すでに世界で最も高齢者人口の多い国となった。全国では、21 の省・自治区・直轄市が高齢化社会に突入したと言われている。

最新のデータによれば,2016 年に 65 歳以上の高齢者人口が 1.5 億人に達し、増加率が年 7.2%となっている。このようなスビートで継続すると、中国の高齢者人口は

2050 年に 4 億 5 千万人に達する見込みである。

高齢化率の急激な増加と同時に,中国の高齢化産業市場も拡大しつつある。改革開放以来の経済発展により、中国の高齢者の消費レベルも向上したが、中国の高齢化産業は依然としてサービス水準の低下、専門人材の不足、政府の役割の不明確、国際化意識の欠乏という四つの問題が存在している。

隣国の日本は 1970 年代から、65 歳以上の人口はすでに 7%を超え、1994 年にはさらに 14%を超えてあり、高齢化社会に入った。その後、高齢者の比率は 2007 年に総人口の 20%を超え、超高齢化社会に入った。日本統計局のデータから見れば、日本の総人口は 2016 年に 1.27 億で、65 歳以上の高齢者数は 26以上となった。

日本における高齢化社会の急速な発展に伴って、これまで家庭に依存してきた介護や政府出資中心の公共福祉事業の性格を持つ高齢化産業の運営はうまくできなくなった。日本政府は一連の介護政策の策定により高齢化産業の社会化、市場化、産業化を進めてきた。老年住宅、金融、福祉施設などを含む「銀髪の経済」が形成されていた。日本の「銀髪の経済」は国内で進めるだけでなく、中国をはじめとする海外市場にも広がって、高齢化産業を積極的に拡大している。

本文は特に中国における日系高齢化産業に焦点を当て、日系高齢化産業の種類や地域分布などを分析し、そのサービス内容の多様化、人材の意識的な育成、地元政府との協力の重視などの特徴をまとめた。

本文は中日両国の高齢化産業の比較を通じ、特に中国における日本の高齢化産業への分析を通じ、中国における高齢化産業の問題解決によい方法を探り、合わせて今後の発展に提言を行いたい。

2 中日両国における高齢化の現状と高齢化産業

中国における高齢化の現状と高齢化産業

2. 1.1 中国における高齢化の現状

中国国家統計局が発表した最新人口統計データによると、2016 年に中国の人口は

13 億 8271 万人に達した。その中で、65 歳以上の高齢者は 1 億 5003 万人であり、 総人口の 15%を占め、中国は 1 億人以上の高齢者人口を抱える世界唯一の国となった。

(詳細は以下の図 2.1 に参照)

図 2.1 中国総人口及び65歳以上高齢者人口数の推移(2010―2016 年)

出典:中国国家統計局のデータより筆者が作成

2012 年から 2016 年まで、中国の総人口は年 0.51%のスピードで増加してきたことに対して、高齢者の増加スピードは 3.95%で、人口増加率の約 7.7 倍になった。中国の高齢化は「未富先老(豊かになる前に老いてしまう)」の段階に入った一方、一部の高齢者の消費能力も確実に向上している。

①「未富先老」

中国の GDP は 2016 年に 743,585.5 億元に達し、世界第 2 位となった。速いスピードで経済成長を遂げてきた中国であったが、経済発展の途上で人口高齢化を迎えてしまったことになる。世界から見ると、ほとんどの先進国は一人当たりの GDP が 5,000

-10,000 ドルを超えて高齢化社会に入ったのが一般的であるが、中国は 5000 ドルにして早くも高齢化社会に入っている。中国は先進諸国の「先富後老」(老いる前に豊かになる)と異って、「未富先老」になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接