论退休生活--中日两国老年人的退休生活之比较;老後生活について--中日両国のお年寄りの定年退職の生活を比較しながら毕业论文_日语毕业论文

论退休生活–中日两国老年人的退休生活之比较;老後生活について–中日両国のお年寄りの定年退職の生活を比較しながら毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

本文在结合了大量数据以及参考资料的基础上,从以下四个方面来对中日两国老年人退休生活进行论证与分析。第一,介绍中日两国老年人的现状;第二,根据现状来剖析两国老年人退休生活的不同点;第三,从历史和社会等方面探究出日本人选择“继续工作”的原因;第四,强调我们作为社会上一分子的重要性以及人类与社会的联系,并由此引发对“老有所养,老有所依,老有所乐,老有所为”真正含义的思考。

通过分析,从人类自身角度出发,对两国老年人退休生活进行了比较,从而探究出中日两国对于社会观念不同的地方。本论文还以此为基础,探究中国的老年人如何做才适应社会这个大环境,并揭示了一个道理——无论处于什么样的年龄段,人类与社会是一个不可分割的共同体,不与时代脱节,保持住社会紧密度,是现代社会人的思考的问题。

关键词:中日老年人;退休;文化差异;社会观念;与时代同行

要  旨

本論文はいろいろなデータや参考資料をもとに、以下の四つの面から、中国人と日本人のお年寄りの定年退職の生活を説明していく。一つ目は、中日のお年寄りの生活の現状を紹介することである。二つ目は、中日両国のお年寄りの老後生活の相違点を、日本人と中国人の定年退職後の生活の現状を調べることである。三つ目は、日本人の「働き続ける」を選んだ理由を、歴史的と社会的な方面から探ろうとすることである。最後は、社会人の重要性と社会との繋がりを説明し、「老いて養い、老いて頼り、老いて楽しめ、老いて為せ」の本当の意味を考えてみることである。

以上の分析を通じて、主に人の自分の考え、歴史から出た問題及び日本の社会現状等の相違点を探し出した。また、それに基づいて、社会からみると、中国人のお年寄りはいかに社会という大環境にやって相応しいかことを探し、「年齢を問わず、人類と社会は分けてはダメな共同体である。時代と軌道を外れずに、社会との繋がりを守るかということは、社会人が考えるべき問題である」との道理を明らかに示し出した。

キーワード:中日のお年寄り;定年退職;文化の違い;社会観;時代と共に

目  次

1 はじめに 1

2 先行研究及び啓発 2

2.1 先行研究 2

2.1.1 お年寄りの定年退職後の生活に関する先行研究 2

2.1.2 日本の社会現状に関する先行研究 3

2.2 啓発 3

3 お年寄りの生活の現状 4

3.1 中国のお年寄りの生活現状 4

3.1.1 背景 4

3.1.2 「老いて楽しめ」の生活 5

3.1.3 「老いて頼り」の生活 6

3.1.4 「老いて養い」の生活 6

3.2 日本のお年寄りの生活現状 6

3.2.1 背景 6

3.2.2 「老いて為せ」の生活 7

3.2.2 「老いて戻り」の生活 7

4 中日両国のお年寄りの老後生活の相違点 9

4.1 「楽」と「頼」を主として 9

4.2 「働き続ける」を主として 9

5 「働き続ける」を選んだ理由 11

5.1 先行調査 11

5.2 理由 11

5.2.1 歴史的な理由 11

5.2.2 社会的な理由 12

5.2.3 思想的な理由 13

6 結論と考察 15

6.1 社会人の重要性 15

6.2 社会との繋がり 15

6.3 「老いて養い、老いて頼り、老いて楽しめ」の本当の意味 16

7 おわりに 18

参考文献 20

謝 辞 21

老後生活について

――中日のお年寄りの定年退職の生活を比較しながら

1 はじめに

定年退職のお年寄りの生活は、国文化によって違うことである。特に、中国と日本という両国のお年寄りを比較したら、この違いは見えやすいことが分かる。多くの中国人にとっては、定年退職のお年寄りの生活は、一生に働いた後で、寛いで暮らし、一家団欒の楽しみをエンジョイすることであるが、しかし、日本人の多くのお年寄りは、定年退職後に、一生懸命に働き続けることを選ぶ。中国人は、「老いて養い」と「老いて頼り」と「老いて楽しめ」が定年退職後の生活の天国らしい様子である、と考えているが、日本人は「老いて為せ」を老後生活の標準としている。この点は、中国人と日本人が社会観に対して極めて違っていることである。

2 先行研究及び啓発

「中日のお年寄りの定年退職後の生活を比較する」というテーマを選んだ際に、筆者はむかしこれに関する似ている研究をしたことがある学者の文献を拝読しておき、先達たちの観点をよく了解しておき、この社会現状がもう多くの学者の注意している点になっていることがわかってきた。また、それらの観点と結論を結び、啓発ももらった。

2.1 先行研究

今まで手に入れた国内外にあるさまざまな先行研究の資料文献を読んでおいた後で、多くの先達の観点を紹介していってみたい。

2.1.1 お年寄りの定年退職後の生活に関する先行研究

現在では、日本の高齢化現象が激しくひどくなっているということは、グローバル的にわかっている。また、この現象が持ってくる影響は日本の一国だけではなく、グローバルなすべての国家を及ぼしている。そのため、定年退職後の生活に関する研究をしていた人は少なくない。ここでは、前に述べたいくつかの研究を整理する。

王偉(2015)は、日本人のお年寄りの再就職を主体として、背景、手立て、現実的な意義、存在している問題等の方面から、分析して説明した。王偉は「お年寄りは社会の重要な部分である」という明らかな観点を発端として、お年寄りと社会の間にある分けられない関係から手をつけ、日本人のお年寄りの生活の価値を説明し、「中国の高齢化現象は、社会の負担が重くなっても、中国人の多くのお年寄りはまだ仕事力を持っていて、就職意欲もあるということがわかっておくべきである。再就職するのは、お年寄りの自己認識度を強くでき、社会の負担を軽くすることができるばかりではなく、経済成長に長所をもってこられ、社会の調和を促される」と指摘した。

魏来(2014)は、日本の定年退職のお年寄りの仕事の減少を中心として、「日本人のお年寄りの生活状況」と「日本人のお年寄りが定年退職した後で、中国へ就職する現象」の二つの面から分析した。魏来は「われわれの中国人が、日本人が負けを認めなく、老いも認めないという精神を良く学ぶべきで、自分自身の社会的な価値を最大限に発揮でき、社会のためにできるだけ貢献すると思う」と指摘した。

2.1.2 日本の社会現状に関する先行研究

社会についての課題は、昔から多くの学者や社会学専門家が好きな分野になっていることである。社会現状が持ってくる影響を分析してまとめる先行研究も多い。ただし、本稿で触れている先行研究家は日本人ではないから、このような研究の結論は相対的に客観的になった。なお、「日本の社会現状」に関する先行研究をまとめていく。

武亜蘭と王哲(2008)は、『日本年金制度改革についての分析と経験』(訳)で、年金制度の形成と発展、年金が日本人、特にお年寄りに持ってくる長所、年金制度が直面している問題、中国人が日本の年金制度から得られる経験等の面から分析した。武と王は、「多階層の養老保険制度を建てて整え、社会人の基本の生活需要を守ること」と「養老制度の改革とデザインが世代の不公平を解決できること」と「支払い、給付、資金管理等の方面から年金がダイナミックなバランスを果たすこと」を指摘した。

2.2 啓発

日本人のお年寄りがたとえ退職しても、仕事に対して、昔通りに情熱を燃やしていて、期待をいっぱいに持っていることはわかる。自分の仕事を終えたら、のんびりしている生活を選ばずに、この社会のために力を尽くしていることは学ぶに値することである。また、社会では、中国の社会の構成員として、われわれは資本市場を利用してみて、高い「養老金」(年金)の収益を獲得するはずである。

3 お年寄りの生活の現状

生活現状は、人間が生活に対する態度とか、方法とかなどを表す最も直接的な方法である。生活現状を分析することを通じて、人間たちの思想を了解できるためだけではなく、歴史的と社会的な理由を掘り起こされることがわかってくる。

3.1 中国のお年寄りの生活現状

まず、われわれの身近な中国人のお年寄りの生活現状に入ってみていく。

3.1.1 背景

現在では、中国は世界で発展スピードの一番高い発展途上国として、「世界の工場」という称号を持っている。多くの中国人は、若い頃のうちに一生懸命に働いて、お金を稼ぐことを選んでいる。でも、なぜ中国人はこのように思っているか。この主な原因の三つをまとめていく。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接