从手帐的使用状况看日本的手帐文化;手帳の利用実態から見る日本の手帳文化毕业论文_日语毕业论文

从手帐的使用状况看日本的手帐文化;手帳の利用実態から見る日本の手帳文化毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

被称为日本商业人士 “三种神器”之一的手帐,已经渗透到普通日本人的生活中。本文以日本长崎地区的一部分日本人为对象,围绕其对手帐的使用频率、手帐的记录内容、开始使用手帐的契机及其使用给生活带来的影响等方面对手帐的使用情况进行了统计分析。并对日本社会的手帐文化进行了分析和思考。从问卷统计结果可以看出,数字化的今天,日本人的绝大多数依然喜欢使用传统的手帐,他们将工作、生活的方方面面记录进手帐,使得手帐在自己的生活中扮演着重要的角色。通过使用情况的调查可以窥视到日本的一部分手帐文化,手帐是日本人实现自我管理,培养严格时间意识的重要工具。是缓解紧张情绪,提高工作和生活效率的道具,为日本人的工作和学习带来了力量和干劲。本文的研究,有助于日语学习者了解日本的手帐文化,同时也可以为我们了解日本社会、加深中日文化交流提供参考。

关键词:手帐;利用状况;手帐文化

ビジネスパーソンの三種の神器の一つと呼ばれる手帳はすでに一般の日本人の生活に浸透している。

本論文は長崎地域の一部の日本人を対象に、手帳の使用頻度、手帳で記録されている内容、手帳を使い始めたきっかけや手帳の使用による生活への影響などの面をめぐって、手帳の使用実態について調査をおこない、統計し分析した上、日本社会の手帳文化について考察した。アンケートの結果から見ると、デジタル化になっている今も、日本人の絶対大多数が伝統的な手帳を愛用し、彼らは仕事や生活の多方面のものを手帳に記録して、手帳を大切な役割を演じさせている。利用実態を通して日本の手帳文化をうかがえることができた。手帳は日本人の自己管理を実現し、時間意識を持たせる大切なツールであり、ストレスを解消し、日本人の仕事や生活効率を向上させる道具で、テンションやモチベーションをもたらす大切な存在であることを明らかにした。本研究を通して、日本語学習者が日本の手帳文化について理解することができると同時に、日本社会文化の学習や中日文化交流の深めにも参考になることができると思う。

キーワード: 手帳;使用実態;手帳文化

目 次

1 はじめに 1

2 日本人の手帳の使用実態 2

2.1 アンケート調査 2

2.2調査結果 2

3 日本の手帳文化 5

3.1 自己管理を実現する手帳 5

3.2 ストレスを解消してやる気をもたらせる手帳 5

4 終わりに 7

参考文献 8

謝 辞 9

手帳の利用実態から見る

日本の手帳文化

1 はじめに

手帳は日本社会において、ほかの一般的な文房具と比べて、特異な存在だといえる。かつて営業マンの三種の神器のひとつとされてきた手帳は今日既に一般の国民に愛用される日用品になってきている。デジタル化社会が急速に進んでいる今も、「手帳で夢をかなえる」「成功のための手帳」などの信仰に近い言辞は、手帳の関連書には珍しくない。日本では、街で手帳を持ち歩いている日本人の姿も少なくないし、年末年始になると、手帳売り場で人でいっぱいである風景も見かけられる。また、手帳は贈り物として日本社会で人気がある。日本人の生活で大切な役割を演じている手帳は既に一種の社会文化になっているとも言える。日本の高橋書店は毎年手帳の利用者を対象に、手帳の利用についてアンケート調査を行っている。デジタル世代の若年層でも手帳の支持派が多いことから、日本社会に根付いた日本人の手帳コンプレックスがわかる。手帳というものは日本人の生活でどんな役を演じ、日本人の生活にどんな影響を与えているのか。そして、日本人はどんな用途で手帳を愛用しているのかなどのことを明らかにするために、本論文は日本人を対象に、手帳の使用状況や使い方および生活への影響についての考え方などを中心に、アンケート調査を行い、日本社会の手帳の使用実態を明らかにする上、一人の外国人の視点から、日本の手帳文化を考察したい。手帳文化は日本社会文化の一面を反映すると言われ、研究価値を有すると思う。本論文を通して、手帳の存在が日本人にとっての重大な意義を深く理解して、日本語学習者に日本社会文化を一層深く理解していただければ幸いだと思う。

2 日本人の手帳の使用実態

2.1 アンケート調査

 2018年1月23日-2018年2月9日には長崎の一部の日本人の大学生、教員、会社員、家庭主婦などを対象に、手帳の使用状況、手帳の利用による日常生活への影響及び手帳の記録内容などの面をめぐってそれぞれの手帳の利用実態についてアンケート調査をした。

 この調査において、120枚の調査票を配り、94枚調査票を回収した。有効な調査票94枚を本論文の研究対象とした。

2.2調査結果

 今度の調査対象の中で、手帳を持っていない人は30人で、持っている人は64人であり、それぞれ全体の32%を占め、68%を占めている。全体から見ると、手帳を持っている人が大半である。しかも、手帳を持っている人の殆どはよく利用していることがわかった。手帳を持っている人の使用頻度、記録内容、手帳の使用契機と生活への影響、使用理由について、次のような統計結果が出た。

2.2.1手帳の使用頻度

手帳の利用頻度について、全体的に見ると、手帳を持っている人の中で、大半の人がほぼ毎日使っていることがわかった。

職業別から見ると、学生、主婦、教員、会社員の順でその使用頻度が上昇している。会社員が一番多く利用し、ほとんどの会社員がほぼ毎日手帳を利用すると答えている。

年齢別に見ると、全体的には、使用頻度において大差がないことが興味深いところだと思っている。調査結果を見ると、どんな年齢層の人でも手帳を持っていて、よく利用しているのが多い。10代-20代の人は25人のうち18人、30代―40代の人は15人のうち9人、そして50代以上の人は24人のうち16人がほぼ毎日使っている。デジタル時代に入った今日、スマートフンなどで簡単に電子カレンダーを使えるにも関わらず、若者からお年寄りまで、手帳を持っていて、そしてよく手帳を使用している人がそれぞれの世代で圧倒的に多く占めている。これは手帳はすぐ閲覧できる点で、カレンダーに勝るからだと考えられる。

男女別に見ると、使用頻度においてはあまり大差が見られない。手帳を使用している男性の23人と女性の41人はそれぞれ会社員と家庭主婦なので、同じ男女全体の80%ぐらいの人がよく手帳を使用していることがわかった。

2.2.2手帳の記録内容

 記録内容について、スケジュール以外に、仕事や生活のことが一番多くに書かれている。手帳をどのような存在として受け止めているかについて、全体では、「仕事の内容を管理するもの」、「思い出を残しておくもの」、「仕事とプライベートのバランスを取るためのもの」の順となっている。結果から見ると、スケジュールと予定の記録などに多用され、手帳は主に使用者のスケジュール管理に活用されているが、具体的な記録内容を見ると、男女差が少し見られる。男性はおもに打ち合わせの内容など仕事のことと学習のことを記入し、「仕事の内容を管理するもの」と「自己管理」の用途で手帳を使っている。一方、女性は主に家族や天気、感想など生活のことを書き、生活を管理し、「思い出を残しておくもの」として手帳を受け止めている。

2.2.3手帳の使用契機と生活への影響

  手帳の使用契機において、本人の意志によって進んで使い始めた人が多数である。「日記をつけようと思って」、「予定が増えた」、「子供の成長や毎日の食事で何を食べたか、天気など書くようにしている」というような答えがある。また、「プレゼントでもらった」、「姉の教育」の答えもある。そのため、予定や出来事が増えた時、手帳の利用が多くなる傾向が見られる。手帳を使い始めた時間については、36.4%の人は社会人になってからであり、28.4%の人は大学に入ってからであり、23%の人はもっと小さい頃からである。子供が出来てから使い始めた方もいる。

手帳の利用は日常生活に与えた影響について、次の順で答えが出ている。①ミスや忘れ物が減ること(72.3%)、②計画性と自主性が身に付くこと(44.7%)、➂時間意識が向上し、効率的になること(34%)。それ以外に、少数の人は「書くことで記憶にも残りやすい」と「楽しみがあると思うと、テンションやモチベーションが上がる」と答えている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接