日本武士道精神与欧洲骑士道精神的比较研究;日本武士道とヨーロッパ騎士道の比較研究毕业论文_日语毕业论文

日本武士道精神与欧洲骑士道精神的比较研究;日本武士道とヨーロッパ騎士道の比較研究毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

关键词:武士道;骑士道;本质差异;竞争社会

昔の日本には「武士」という戦う人々がいた。これに対して西洋にも「騎士」という人々がいた。武士としての生き方には武士道というものがある。そして騎士にも、日本の武士道と同じように騎士道という精神がある。

武士道、騎士道は、一般的に同じような意味に理解されている。しかし、果たして武士道と騎士道の本質は同じものなのだろうか。両者の精神面に何の相違点があるのか。そして、その精神は現代競争社会にどのような形で受け継がれているかを究明しようとする。本稿の構成は、下記の通りである。

第一章は本稿の序論とし、先行研究における主な研究観念と問題点を整理し、本論文の研究目的と研究方法を説明する。

第二章から本格的な本論の中心に入る。まず、武士道と騎士道の思想概念を明らかにする。また、武士道と騎士道は内面的な区別があることを説明する。

第三章では、以上の分析をもとにして、時代背景を結びつけ、武士と騎士の死生観が違う理由を探求していく。また、日本武士道やヨーロッパ騎士道の本質を探り、宗教、風土習慣、及び封建集団など様々な面も考察する。

第四章では、現代競争社会の厳しい現状に焦点を当て、武士道と騎士道は戦いの精神として、現在の世になっても、どのような形として残っているのかを説明する。

「終わりに」では、前各章の分析をまとめながら結論を述べる。また、今後の課題について明らかにする。

キーワード:武士道;騎士道;本質区別;競争社会

1 はじめに 1

2 武士道と騎士道の思想 2

2.1 武士道の思想概念 2

2.2 騎士道の思想概念 2

3 武士道と騎士道の相違点 4

3.1 武士道と騎士道における死生観 4

3.2 宗教の影響 4

3.3 封建制度の産物 4

4 武士道と騎士道精神の継承 5

4.1 戦う精神の変容 5

4.2 両道精神の伝承と転化 5

5 終わりに 6

参考文献 7

謝辞......................................................................8

武士道と騎士道の精神性に関する

比較研究

1 はじめに

現在の競争社会で、人間は常に他者と戦っている。自分を優位に立ちことで、他者を陥れようとする。そこで、戦いは、勝者を生む一方で敗者も生むことである。こうした連鎖は、切られることなく続いて、現代の人間は競争社会に生きており、他者と戦うことが避けられない。人間の戦いの歴史が長く、古来における現在まで、戦いというものは本質的に変わらない。

日本において封建制の成立は、鎌倉幕府から始まった源頼朝の支配とされている。封建制の確立期につれて、「サムライ」という職業的な戦士集団が自然に台頭してきた。そして、この時期から武士中心の社会へ変化していった。これに対して、元々騎士の基礎になったものはゲルマン民族の戦士であると言われる。そして、十一世紀、王族と騎士による主従関係の形成により、騎士集団が成立した。

武士としての生き方には武士道というものがある。そして騎士にも、日本の武士道と同じような騎士道という精神がある。武士道、騎士道は昔の戦う精神として、一般的に同じような意味に理解されている。しかし、果たして武士道と騎士道の本質は同じものなのだろうか。武士道と騎士道は精神面に何の相違点があるのか。そのことを究明したいと思う。

張景全(2003)は武士道と騎士道に関して「武士道と騎士道にとっておいて、精神の真髄は忠義である」という見解を述べている。彼は「武士道の義は具体性、単一性や絶対性があり、集団主義が生まれやすい。それに対して騎士道の義は多元性、相対性があるから、個人主義が生まれやすいと思う。」と述べている。一方、義を中心とする原因は述べているが、社会背景における武士道と騎士道についての思想の区別は論じていない。本研究は、武士道と騎士道を理解するために、宗教、風土習慣、及び封建集団など様々な面からの分析を通じて、その思想性を探求していく。それらの思想や精神は現代競争社会にどのような形で残っているか。あるいは、現代人の考え方にどのような影響を与えたのかも明らかにしようとする。

2 武士道と騎士道の思想

2.1 武士道の思想概念

新渡戸稲造(2012)は「義」「勇」「仁」「礼」「誠」「名誉」などの言葉を使って武士道の思想理念についてを述べている。新渡戸稲造によれば、「義」は正義に基づく決断の力であり、また義は人の路であるという。「勇」は「匹夫の勇」ではなく、「生くべき時は生き、死すべき時は死する」という大勇である。すなわち、本当に勇敢な人間は我慢強い精神があると思う。「仁」というのは人間の魂の中にある極めて気高い性質とされている。そのため、愛情、寛容、同情などの哀れみ感情を持っていることが必要であるという。新渡戸稲造は「義」「勇」「仁」三者の関係について、次のように述べている。

 

 サムライにとっての慈愛は、基本的には他のどんな人が持っている慈愛と変わるものではありません。しかし武士の慈愛は決して衝動的なものでなく、正義を行うことに配慮することがまず前提になっています。(新渡戸稲造 2012:24)                                     

 

 したがって、最も勇敢な者は最も優しい者であるという。また、「礼」あるいは「礼儀」は、社会的な地位に対する正当に尊重を示すことであるという。「誠」は世間の物の終始であるという。誠実なくしては礼儀はないという関連性を示している。そして、「名誉」に対する意識は個人の尊厳と価値を明らかにすることが指摘されている。すなわち、古来の武士は主君に対する誓うとき、いつも「主君の名誉を優先する行為」と考えていた。

新渡戸稲造(2012)は、武士は、儒教、神道、仏教の思想の影響を色濃く受けていると述べている。仏教は世俗的な事柄から切り離し、死に対する親近感を抱える思想をもたらした。また、仏教が武士道に与えられなかった部分は神道が補ってくれた。神道が武士道に伝えた影響は、主君に対する忠誠、先祖に対する崇敬、親に対する孝行であり、それぞれの神道の教義を教えた。儒教の道徳教義は武士道の最も大きな源泉として、その中の道徳観を参考したという。その三つの宗教思想の良いところを集約し、武士道の思想を固めていったと考えられる。

2.2 騎士道の思想概念

封建制度および家士制度の形成とともに、「騎士」という戦士集団が生まれた。そして、十二世紀には騎士よりラテン語の「ミーレス」を多用した。これは中世にはいわゆる「騎士」の意味で用いられていた「騎士にする」である。「ミーレス」という語が高級貴族や最高位の貴族階層で広く使用されるようになった現象は、宮廷時代における騎士概念の形成の現れである。「騎士の道徳概念」という概念はグスタフ·エーリスマンに由来する。第二次世界大戦後、宮廷文化において騎士の理想像について更に整理と分析した。それで宗教的、社会的、道徳的概念を明確するように、それぞれの徳目を列挙した。

 「謙遜」。これは、騎士の日常生活での人付き合いの信条である。つねに謙虚である事。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接