从老年痴呆症谈中日两国老年人心理特征及其生活模式;老後の心理特徴と生活様式に関する考察――中日両国の高齢認知症の発病原因から毕业论文_日语毕业论文

从老年痴呆症谈中日两国老年人心理特征及其生活模式;老後の心理特徴と生活様式に関する考察――中日両国の高齢認知症の発病原因から毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

中日两国均为高龄化社会,高龄人口数量庞大,不少人患有高龄人口的多发病之一“高龄认知症(俗称老年痴呆症)”。2012年中国高龄认知症患者人数占高龄人口比例的5.9%,而日本是15%。由高龄认知症所带来的医疗负担、经济负担以及社会负担引起了高度重视。

关于认知症的病理发病原因,目前的研究表明病理原因尚不十分明确,且目前尚无有效的医疗药物疗法。本文以认知症的另一发病原因—-心理原因(包含社会文化因素)为切入点,针对可控的社会心理原因(运动、社交、跨代交际、家庭关怀等)以期降低认知症的发病几率。

高龄者的主要心理问题有记忆思考能力的降低、焦虑、抑郁、孤独等,这些都是认知症产生的因素。通过比较中日两国高龄者的生活模式及其心理特点,为中日两国高龄者的老后生活谏言一二。

关键词:中日高龄者;高龄认知症;心理健康;老后生活

 中日両国はいずれも高齢化社会である。高齢者の人数は多くて、多くの人が高齢者の多発病の1つ、「高齢認知症(一般に老年痴呆症として知られている)」を患っている。2012年時点で中国の高齢認知症患者数が高齢者の5.9%を占めた。しかし、日本において、15%と指摘した。老年期認知症の医療負担、経済負担および社会負担は大きな注目を集めた。

 今までの研究は認知症の病理発病原因についてはまだ明らかにされていないと示した。また、効果的な薬物治療法はないことである。本論では認知症のもう一つ発病原因――心理原因(社会文化要因を含める)から、制御可能な因子(ソーシャル活動、世代間コミュニケーションなど)を注目して、認知症の発病率を減らすために研究する。 

 高齢者の主な心理問題は記憶思考能力の低下、焦慮、抑うつ、孤独などである。これらは認知症の発病要因である。中日両国高齢者の心理特徴と生活様式の比較を研究して、両国高齢者の老後生活に助言してみたい。

キーワード: 中日高龄者;高龄认知症;心理健康;老後生活

目 次

1 はじめに 1

2 認知症とは 2

2.1 認知症の発病原因 2

2.1.1病理的な原因 2

2.1.2心理的な原因 3

2.2 認知症の発病率 4

2.2.1日本の高齢認知症の発病率 4

2.2.2中国の高齢認知症の発病率 4

3 中日両国の高齢認知症の発病率/原因についての分析 5

3.1 日本の高齢者の心理特徴および生活慣習 5

3.1.1「迷惑かけない」と「無口」 5

3.1.2「独立して生きる」と「ペット飼い」 5

3.2 中国の高齢者の心理特徴および生活慣習 6

3.2.1「気苦労の多い生活」と「四方山話」 6

3.2.2「広場の踊り」と「麻雀」 6

4 老後の心理特徴、生活様式と認知症発病の関係 8

4.1 家族団欒の重要性 8

4.2 社交生活の必要性 8

5 老後生活への助言 10

おわりに 11

参考文献 12

謝 辞 13

老後の心理特徴と生活様式に関する考察

――中日両国の高齢認知症の発病原因から

1 はじめに

日本において、高齢化はさらに進み、2017年には65歳以上の高齢者人口が全人口の27.7%となった。日本の65歳以上の高齢者人口の割合は世界で最も高い高齢化率である[1]。中国にも同じ社会問題がある。2014年には60歳以上の高齢者人口が2.1億、全人口の15.5%となった。高齢者の増加に伴い、高齢認知症患者の数も増加している。また、認知症は、現在にはすでに大きな社会問題になっており、今後ますます深刻になることが予想される。高齢認知症は徘徊、幻覚、物忘れ、判断力低下などの症状がある。高齢認知症は高齢者患者と患者の家族に不便をもたらすことになる。中国と日本の人口が高齢化するにつれて、高齢認知症は長期間にわたって疾病負担に影響を及ぼし、老年期認知症の医療負担および経済的負担を含む幅広い疾病負担に対処するために社会全体を動員する必要がある[2]。したがって、重視度を高めるはずということがわかる。

さらに、高齢認知症を踏まえ、認知症に影響するの社会心理要因を注目し、中日両国の高齢者の心理特徴及び生活習慣を比べて、高齢者の老後生活に助言してみたい。

2 認知症とは

「認知症」とは、脳の働きの低下が原因となって引き起こされるさまざまな症状のことで、すなわち病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきたす状態のことである[3]。この状態を引き起こす原因にはさまざまなものがあり、「アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)」もそのひとつことになる。現在日本では認知症を引き起こす原因のうち、もっとも多い割合の疾患で、6割以上がアルツハイマー病だと言われて、中国においても50%ー70%の割合を占めることを明らかにする。他の原因疾患には、血管性認知症やレビー小体型認知症などがある。「認知症」の症状には、主に脳の働きの低下によって起こる症状(中核症状)と、気質、環境や体験によってあらわれる症状がある。症状の現れ方は原因や環境などによって個人差がある。例えば、記憶障害、認知機能障害などの中核症状があり、人によっては、暴言や暴力、徘徊、幻覚などの周辺症状が出現することも多い[4]

本論ではアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などのさまざまな原因によるの認知症を区別するのではなく、認知症を一つ全体として探究することである。

2.1 認知症の発病原因

 今までの研究は認知症の病理発病原因についてはまだ明らかにされていないと示した。また、効果的な薬物治療法はないことである。本論では認知症のもう一つ発病原因――心理原因(社会文化要因を含める)から、制御可能な因子(ソーシャル活動、世代間コミュニケーションなど)を注目して、認知症の発病率を減らすために研究してみる。 

2.1.1病理的な原因

認知症の発病原因はまだ明らかにされていないと示したがこれまでの研究結果によると,まず脳は、人間の活動を基本的にコントロールしている司令塔である。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなる。それで、かつては痴呆症といわれていた「認知症」とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指したことである。

「認知症の病理」によると、「脳は依然ブラックボックスであり、認知症に関連する病理はひとつではなく、複数関与することが加齢とともに顕著となる。身体症状、精神症状によるのか、現在の技術では検出できないだけなのかは、分からない」と表明した[5]

2.1.2心理的な原因

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接