论《千与千寻》的人物塑造与角色意义 『千と千尋の神隠し』の人物像とキャラクターの意味について毕业论文_日语毕业论文

论《千与千寻》的人物塑造与角色意义 『千と千尋の神隠し』の人物像とキャラクターの意味について毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

电影《千与千寻》是由日本著名导演宫崎骏执导,且囊括了奥斯卡、柏林等多项国际电影奖的日本动画电影。这部电影能取得巨大成功的原因,不仅在于其精美的画面、动听的音乐和感人的故事,更关键的是影片从一个孩子的视角表达了人与自然和谐相处的主题,让观众从一个小女孩身上来看待整个世界。影片中除了塑造小女孩这个角色,还塑造了善良的小白龙、忧郁的无脸人等性格迥异的人物形象。本文简要分析了影片中众多角色人物,并揭示了这些角色背后所表达的深层意义。

本文以 《千与千寻》为例,分为四个部分。第一章为序论,主要阐述本文的研究背景、研究目的和先行研究。第二章主要介绍作品的情节内容及创作背景。第三章主要通过分析出场人物的功能属性及角色的性格设计,考察角色背后蕴含的社会价值和现实意义。第四章论述影片通过人物所表达出的教育启示。

关键词:《千与千寻》;宫崎骏;角色塑造

『千と千尋の神隠し』は宮崎駿監督のアニメーション映画として、アカデミー賞長編アニメ賞、ベルリン国際映画祭金熊賞などを受賞していた。この映画が大きな成功を収めた原因は、その精緻な画面、美しい音楽と感動的な物語にあるだけではなく、更に重要なのは子供の視点から人間と自然の調和を表現したことにある。それによって、観客は一人の女の子から世界を窺うことができた。この映画では、千尋という主人公のほか、善良のハク、憂鬱なカオナシなど、性格の異なったキャラクターも描かれている。そして、本稿では、映画で登場したキャラクターの人物像を分析してから、それらが我々に与えている啓示を探る。

本稿は『千と千尋の神隠し』を例にして、四つの部分から構成される。第一章は序論として、本稿の研究目的、先行研究を説明した。第二章は作品のあらすじと社会背景を明らかにした。第三章は主に登場人物の機能属性とキャラクターの性格設計を分析して、キャラクターの背後に含まれる社会の価値と現実の意義を考察した。第四章はキャラクターによって表現された啓示を検討した。

キーワード:『千と千尋の神隠し』;宮崎駿;キャラクター

目 次

1 はじめに 1

1.1研究動機 1

1.2先行研究 1

1.3研究目的 2

2『千と千尋と神隠し』について 3

2.1 『千と千尋と神隠し』のあらすじ 3

2.2 社会起源――戦後日本の現実を映す 4

2.2.1 バブル期の廃墟に息づく異界 4

2.2.2 石の祠とニュ―タウン開発 5

3 キャラクターの分析 7

3.1 ハク 7

3.2 湯婆婆 7

3.3 川の神 8

3.4 釜爺 8

3.5 カオナシ 9

3.6 荻野千尋 9

4『千と千尋の神隠し』による啓示 11

5 終わりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

『千と千尋の神隠し』の人物像とキャラクターの意味について

1 はじめに

『千と千尋の神隠し』は、2001年、宮崎駿が『もののけ姫』から4年を経て発表したアニメーションである。2002年に第56回毎日映画コンクールにおいて「日本映画大賞」をはじめ「監督賞」など5部門を受賞した。映画として最も優れたものであると評価され、今回を含め彼の作品は3度受賞した。監督賞は初めてであるが、選考会では、黒沢明に匹敵する日本映画の監督である。また、本作こそ宮崎駿の芸術の集大成と絶賛された。また、第52回ベルリン映画祭で最高賞に当たる金熊賞を受賞し、「地域制に富んだものこそ、世界に通用すると思っている」という作者の言に見られるように世界的な共感を得た。更に、第25回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を獲得した。

1.1研究動機

宮崎駿の物語の人物の構造を分析し、宮崎駿監督の人物の論理と規則を理解してこそ、その作品の推進と矛盾の設定思想を明らかになり、さらにその作品をより深く解読して分析することができる。そして、中国のアニメに参考することと人生観、価値観を確立している青少年に正しい方向を提供することもできる。そのため、『千と千尋の神隠し』の人物のキャラクター設計の構想は特に研究と分析に値する。

1.2先行研究

 『千と千尋の神隠し』に言及する文章は、この作品のみを論じた単行本やその他を含めて相当数に上る。その中には、十歳の主人公千尋が異界での生活を体験するこの作品のストーリーに、異界ならぬこの現実世界の社会状況が影を落としている事実への言及も、散見される。『千と千尋の神隠し』の人物のキャラクター設計にしては、いくつかの研究が行われてきた。

『子どもの生きる力を支える―「禁じられた遊び」と「千と千尋の神隠し」より』(前川美行 2013)は両親が豚になる10 歳の少女千尋の独りぼっちになる経験を分析し、千尋が湯屋で自分の力で生き延びようと必死に働き、少年を助けたい一心で自ら旅立ち、やがて千尋は自分がかつて守られていた体験を説明し、心理療法家としての経験から「心の回復のプロセス」を考察し、「傷ついている子どもに私たちは何をできるだろう」というテーマを考える。

また、『宮崎駿監督のアニメにおける女性のキャラクターづくりの芸術的手法』(郭斐斐 2013)は女性キャラクターの性格特徴、女性キャラクターの創作の文化遺産、女性キャラクタモデリングの設定から3 つの面でシステムの研究分析を行う。千尋は宮崎駿が意図的に作った平凡な女の子のイメージで、きれいな外見はないが、最終的には美しい品格で人心を勝ち取る。

『簡単に宮崎駿の「千と千尋の神隠し」のキャラクターを分析する』(趙謙謙 2015)は宮崎駿監督の映画を製作する時の社会背景とキャラクターデザインのインスピレーションから、簡単にキャラクターを分析した。

1.3研究目的

 上述したように、『千と千尋の神隠し』について、これまでの先行研究は作品の構造に関するものが少なくないが、具体的な人物のキャラクターと社会的価値について、また検討の余地があると考えられる。

そこで、本稿は『千と千尋の神隠し』の人物のキャラクターに焦点を当て、登場人物の機能属性とキャラクターの性格設計を分析し、キャラクターの背後に含まれる社会価値と現実的意義を考察するものである。

2『千と千尋の神隠し』について

2.1『千と千尋の神隠し』のあらすじ

 まずは『千と千尋の神隠し』のプロット大枠を要約する。物語は新しい土地への千尋と両親の引っ越し場面からスタートし、やがて車で道に迷ってトンネルを抜けると広い草原の向こうに奇妙な飲食店街があり、嫌がる千尋に構わず両親はガツガツ料理を食べ始める。橋を渡ると巨大な風呂屋「湯屋」が建っていた。不思議な少年ハクに命令され両親のところに戻った千尋は、豚に変身してしまった両親に驚いて逃げ出すが、体が透けて消えかかる。そこをハクに助けられ、「湯屋」に連れていかれる。

 そこは神々が押しかける風呂屋で、千尋は主人である魔女の湯婆婆に名前を奪われ、「千」という名を与えられて働くことになった。必死で働く内に、河の神を汚泥にまみれたオクサレさま状態から見事に回復させたことでお礼にニガダンゴをもらい、湯婆婆からも認められる。しかし、竜に変身したハクが湯婆婆の双子の姉である銭婆の印鑑を盗んで重傷を負わされたことから、彼を救うためにニガダンゴを飲ませて吹き出させた魔女の印鑑を持ち、電車で海を渡って「沼の底」に住む彼女を訪ねる。出かける前に、千尋に付きまとったあげくご馳走や働き手を呑み込んだ巨大化、凶暴化したカオナシを落ち着かせると、彼は銭婆のところまで千尋についていく。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接