从“等级制评分”与“百分制评分”谈中日两国的学校教育;学校教育における中日両国の成績評価についての研究--「レベル評価」と「百点採点」を中心に毕业论文_日语毕业论文

从“等级制评分”与“百分制评分”谈中日两国的学校教育;学校教育における中日両国の成績評価についての研究--「レベル評価」と「百点採点」を中心に毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

随着时代的发展变化、教育现代化的理念不断深入人心、越来越多的家长更加注重孩子的健康成长、素质教育和均衡发展、社会各界也将目光聚焦我国的学校教育、呼吁废除“百分制评分”、实行等级制评价方式。

在现行教育体制下、“百分制评分”无异于“分数崇拜”、使学生和家长过于追求考分、从而加重了学生的学业压力和心理负担、导致素质教育环境萎缩。如何对学生进行科学、全面、客观、有效的评价、是当前教育面临的一个难题。

推进成绩评价方式的改革、有利于提高人才培养质量、培养有个性特色的创新人才。日本在学校教育中实行的等级制评分方法。在等级制评价理念下、重视的是学生的

生存能力、自主学习能力、独立思考能力、孩子的健康成长、素质教育和均衡发展。等级制评价能够减轻学生的课业负担和心理负担、增强学生的自信心、促进学生全面发展与个性发展。

关键词:百分制评分;等级制;成绩评价

要 旨

時代の発展に伴い、教育現代化という考えは絶えず深く浸透して、ますます多くの保護者は更に子供の成長の健康、情操教育と発展のバランスを重視して、中国ではますます多くの人は学校教育に注目を集めて、「百点採点」を廃止して「レベル評価」を採用して、教育制度の改革を推進して、人材育成の質を高めて、個性の特色のある人材を育成することを呼びかける。今の教育制度のもとで、「百点採点」は絶対的な

「点数一」と思われる。点数を重視しすぎて、学生は学業におけるストレスと心理的なストレスを強めて、情操教育環境があまりよくなくなっている。いかにして学生を科学的に効果的に成績評価するかは、教育チェーンの課題であり、学校と学生の発展を制約する一つのボトルネックでもある。今、流行っている考えは「レベル評価」を

「百点採点」に代わることである。私たちの隣の国である日本では、学校教育で「レベル評価」の採点方法を実行して、「レベル評価」には、点数はただ参考にして、重視するのは生きる能力、自主学習、独立思考で、体験式学習である。子供の健康成長、情操教育と発展のバランスをもっと重視している。学生の授業と心理のストレスを確実に軽減し、学生の全面的な発展と個性の発展を促進する。学生に向けて全面的な情操を育成する。学校の受験教育から情操教育への転換を促進し、情操教育の社会環境を作ることが大切だと思う。

キーワード:レベル評価;百点採点;成績評価

目 次

  1. はじめに 1
  2. 成績評価のいろいろ 2
    1. 「レベル評価」 2
      1. 「レベル評価」の特徴 3
      2. 「レベル評価」で成績評価の現状およびその分析 3
    2. 「百点採点」 4
      1. 「百点採点」の特徴 5
      2. 「百点採点」で成績評価及びその分析 6
  3. 結論と考察 7
    1. 「レベル評価」のメリット 8
    2. 「百点採点」のデメリット 9
    3. 異なった成績評価と学習意欲 10
    4. 学校教育への思い 10

4.終わりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

学校教育における中日両国の成績評価

についての研究

--「レベル評価」と「百点採点」を中心に

はじめに

近年、中国の経済と社会が発展しつつあり、情操教育も全面的に推し進めていて、学校教育における成績評価方法も大きく注目が集まったそうだ。「レベル評価」と「百点採点」についての争いもますます多くなっている。「百点採点」の高い区分性で、教育におけるただ点数に応じて学生を優劣にされ、点数を強調しすぎる。学生とその保護者達に心理的なストレスをかけてしまった。また、先生の方も点数、成績評価及び試験の形式を重視しすぎ、情操教育の本当の目的を無視して、学生たちの自身の能力、道徳、個性ような潜在的なものを重視しなくなっているから、多ければ多いほどの人は教育における成績評価方法の改革を呼びかけている。今まで、中国では、復旦大学、上海交通大学、四川大学などの有名な大学はもう「レベル評価」を成績評価方法として採用したということが分かった。「百点採点」から「レベル評価」まで成績評価方法の改革は可能になる。

本論では、日本の学校教育における「レベル評価」を参考にして、とるに足りるところをあげる。それによって、中国における成績評価方法の変革に助言を述べてみたい。

成績評価のいろいろ

成績評価は、ある基準で学生の学習成績を測定した。教育効果に対する価値判断の手段であり、教育活動のフィードバック情報を提供する手段でもある。診断、調節と強化という役に立つ。評価を通じて、教育の質レベルを判断することができて、問題を見つけて、措置を取って教育を改善し、学生の学習意欲を刺激する。

「レベル評価」

「レベル評価」の具体的な評価方法は、学生の成績(試験または教員の総合評価で得られた成績)を高得点順に順位付けし、受験者総数に応じて次の 2 つの案で与えられた割合に応じたものである。各クラスに属する人数をセットにして評価する。この方法は人間の能力が通常正規分布の仮定に従うことによって、正規分布曲線の下で正負の三つの標準偏差の範囲内に位置する。この方法は 1948 年の日本学校教育法で定められた学習成績の評定方法である。すなわち、A 等(5 点)、B 等(4 点)、C 等(3 分)、D 等(2 点)と E 等(1 点)という 5 段階の人数を規定の 1、2、4、2、1 の割合で分類し、中間が多く、両端が少ない人数構造になっている。絶対評価の一種である。

絶対評価は、評価のうち、特定の基準に基づいて絶対的に評価する方法。教育分野における絶対評価とは、学生の成績を評価するにあたり、他の学生の成績を考慮に入れず、学生本人の成績そのもので評価する評価方法である。絶対評価には、到達度評価と認定評価の 2 つがある。

到達度評価は、予め設定した到達するべき目標に対して、どこまで到達できたかで評価する。到達度評価をするにあたって設定した到達目標を評価規準といい、到達目標に対してどの程度到達できたかを判断する指標を評価基準という。評価規準や評価基準を明確にすることで、評価方法が明確になり、また学生に評価を返す際にも、学生自身で自分がどこまで達成できているのかを確認することができるという利点がある。一方で、評価規準や評価基準の設定や判断は教員によるところが大きいだ。異なる 2 人の教員が同じ学習場面で同様の指導することを想定した場合、一方は全員が

達成できることをねらった評価規準を設定し全員が達成できた、もう一方は 7 割程度の学生が達成できるような評価規準を設定し、およそ半分の学生が達成できなかった、というような状況は十分起こりうる。そのため教員には、評価規準・評価基準の

設定方法や、評価の精度についての研修が求められている。こうした複雑とも言える到達度評価についての詳細は 2006 年の「誰も教えてくれない教育のホントがよくわかる本」で一般人向けにわかりやすい説明で取りあげられている。しかし、これはカリキュラム基準に基づく評価であり、多次元評価であり過程的評価にも優れており、ファジィ学生スコアをフェードダウンした評価である。

「レベル評価」の特徴

まず、「レベル評価」は曖昧性がある。「レベル評価」は同じレベルの間の差異をはっきりしないで、教員と学生の心理的なストレスを大幅に軽減して、教員の教育行為と学生の学習行為の変化を促進した。「レベル」の実施は、「エリート教育」を「大衆教育」に転換して、一部の学生を際立たせなくて、学生の自慢心理を是正して、学生が平等に人と付き合う心理情操と能力を育成することに役立つ。優秀な学生は、試験点数だけに集中するのではなく、他人の長所や自分の不足をより多く見て、精神的に発展していく。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接