“赢在起跑线”≠“赢在终点”?――比较中日幼儿教育;「スタートラインで勝った」≠「ゴールまで勝てる」ーー中日の幼児教育を比較しながら毕业论文_日语毕业论文

“赢在起跑线”≠“赢在终点”?――比较中日幼儿教育;「スタートラインで勝った」≠「ゴールまで勝てる」ーー中日の幼児教育を比較しながら毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

  本篇论文从中国的幼儿教育现状出发,了解日本幼儿教育现状和对中国幼儿教育现状进行思考,以中日两国幼儿教育现状的对比为基础,提出中国幼儿教育的不足和问题,同时分析中国幼儿教育改革的必要性,并对此提出建议。

  近年来,中国社会不断发展,父母对子女也寄予了越来越多的希望,所以在孩子们之间产生了竞争,比如,两三岁的孩子上双语幼儿园,周末上各种各样的兴趣班。

但是,这也给孩子们带来了越来越大的压力,所以,越来越多的学者开始关心中国的幼儿教育。

  本论文参考中国幼儿教育的现状,举出中国幼儿教育的不足,据此,对改变中国幼儿教育提出建议。

  据此,以下内容为本论文的研究内容:

  ①中国的幼儿教育现状

  ②日本的幼儿教育现状

  ③对中国幼儿教育的思考

关键词:中日两国;幼儿教育;现状;不足

本論では「中国における幼児教育の現状」から、「日本における幼児教育の現状」「中国の幼児教育への思考」に分けて、日中両国の幼児の発展現状の対比を踏まえ、中国の教育観の欠点をあげながら、中国における改変の必要性を分析し、助言を述べてみたい。

近年、中国の社会はますます発展して、両親が子供にますます多くの希望を寄せている。だから、子供たちの間に強い競争が起こった。例えば、二、三歳で「二語」幼稚園に入園するたり、週末に色々な趣味クラスに行かせる。

しかし、他の子供に大きなストレスをもたらす。だから、ますます多くの学者が中国の幼児教育に関心を寄せ始めている。

本論では、日本における幼児教育の現状を参考にして、中国の教育観の欠点をあげる。それによって、中国における改変への助言を述べる。

以上を踏まえ、次のことを明らかにすることは目的である。

  ①中国における幼児教育の現状

  ②日本のにおける幼児教育の現状

③中国の幼児教育への思考

キーワード: 日中両国;幼児教育;現状;不足

1 はじめに 1

2 中国における幼児教育の現状 2

2.1 スタートラインで勝とう 2

2.1.1 「隣家の子」になるように 2

2.1.2 「二語」幼稚園に入園しよう 3

2.1.3 趣味クラスに行かせる 3

2.2 子供の天性が無くなる 3

2.2.1 勉強だけ 3

2.2.2 問題解決能力の欠如 4

3 日本における幼児教育の現状 5

3.1 幼児への教育理念 5

3.1.1理論より実践 5

3.1.2 日常マナーに 5

3.2 自由に成長せよ 6

3.2.1 忍耐力が強い 6

3.2.2 自律性と自立性 7

4 中国の幼児教育への思考 8

4.1 「知識」より日常マナー 8

4.2 天性尊重 8

4.3 「スタートラインで勝った」≠「ゴールまで勝てる」 9

5 終わりに 9

参考文献 11

謝 辞 12

 「スタートラインで勝った」≠「ゴールまで勝てる」

——中日の幼児教育を比較しながら      

1 はじめに

中国の教育が改革と社会発展プランに沿って進められていく中で、幼児教育は基礎教育の一端であるとして特に重要視されている。幼児教育は基礎教育中の基礎であり、人生の発展と社会の進歩に大きな意義を有すると認識されている。近年、中国の児教育の飛躍的な発展は急速な経済発展と文化のレベルの向上、国民の生活需求の増加などを伴ったものであると言える。

一方で、中国における両親が「スタートラインで勝とう」をスローガンにしている。両親が子供にますます多くの希望を寄せている。だから、子供たちの間に強い競争が起こった。例えば、二、三歳で「二語」幼稚園に入園するたり、週末に色々な趣味クラスに行かせる。0~3歳は子供の発展の大切な時期であるという観点はそのスローガンの基礎である。でも、発展は幼児教育に等しくなくて、両親の愛護と付き添いが肝心である。人生を試合に例えれば、マラソンであるべきだ。また、それぞれの子供は独立した個体であるから、統一なスタートラインがない。だから、中国における両親のやり方はあまりにも功を速目すぎて、様々な問題を抱えている。

日本における幼児教育が個性を重要視するというものはよく知られている。更に、日本の幼児教育に関する理念が世界的に注目されている。

本論では、日本における幼児教育の現状を参考にして、中国の教育観の欠点をあげる。それによって、中国における改変への助言を述べる。

2 中国における幼児教育の現状

現在、中国における子供は親の間でコミュニケーションの中心になった。「お子様は何を勉強していますか」ということは最も一般的な話題だ。でも、その子供は2歳かもしれない。この現状は中国における非常に流行している先進的な先行教育である。しかし専門家は先行教育が科学計画に欠けると表明している。幼児への好奇心、創造力、想像力、社会への適応力には体系的な計画がない。また、専門機関が不足している。現在、多くの教育機関は利益を得ることを目的として、幼児の発展現状と受け入れ能力をほとんど考慮しない。そして、先行教育機関では専門の教員が不足している。以上をまとめて、先進教育に対する中国人の親の認知には大きな誤解が存在する。だから、中国における子供たちはその現状で大きなストレスを受けている。

2.1 スタートラインで勝とう

スタートラインで勝とうというスローガンは中国人の保護者に深い影響を与えている。もし人生にスタートラインがあったら、このスタートラインはどこにあるのでしょうか。勝ち負けは親や子供にとって何を意味しているのだろうか。実はこの考えは親の天性だ。親はいつも子供に最高の成長環境と最高の教育を望んでいる。社会競争が激化する環境の中で、親の心配は焦慮になった。子供がある方面で失敗すると、親は挫折感に陥る。子供がスタートラインに勝つために、親は互いに競争して、子供の心理需要を無視して、教育の客観法則に背いて、ひたすら子供の「成功」のために各種のコースを手配する。一方で、子供に大きなストレスと疲労感を与える。

2.1.1 「隣家の子」になるように

私たちはよくこのような言葉を聞いて、隣家の子は字が書けるようになったのに、私の子供はまだペンを使うことできない。隣家の子はダンスレッスンに行っているのだが、私の子供は何の趣味も持っていない。隣家の子は古詩を覚えることができる様になったのに、私の子供はまだ字を知らない。私たちはよくこのような言葉を聞いて、かつてその「私の子供」だった。親は自分の子供を励ますために、自分の子供と隣家の子を比べる。親の天性かもしれない。しかし、この盲目的な天性が幼児に迷惑をかけているのだ。子供の個性と気持ちは無視されて、逆効果になるかもしれない。実は、仕事が遅いのも1人の仕事は細心でまじめであることを意味する。両親はもっと励ましと賞賛をし,催促と批判を少なめにすべきだ。

2.1.2 「二語」幼稚園に入園しよう

経済のグローバル化に伴い、中国における英語がますます人気になっている。言語を勉強するということの重要な時期は2歳から6歳であることが知られています。だから、中国における「二語」幼稚園がますます人気になっている。しかし、この現状には論争が存在する。まず、幼稚園の教師はレベルに限りがある。二語の教育環境を作るのは難しい。また、幼児は学力に限りがあるため、適切な教材を選択することは困難である。更に、幼児の知識量が少ないため、学習に対しての主体性に欠けて、バイリンガル教育は子供が学習の趣味を喪失させる可能性がある。

2.1.3 趣味クラスに行かせる

子供を趣味クラスに送るのはすでに普遍的な現象である。でも、その趣味は子供の趣味ではなく親の趣味だ。親は子供が判断力がないから、どの趣味クラスが役に立つかわからないと思う。だから、子供たちは放課後また趣味クラスに送られて、自分が好きない授業を学ぶ。親はこの行為が子供にもっと良い学習環境を提供していると考えて、しかし、多忙な学習は子供が趣味クラスに対する興味を喪失してしまう。また、この過程で子供の個性が無視されてしまう。このクラスはこの年齢の幼児に適しているかどうかは親と趣味クラスの教師にも考えられない。

2.2 子供の天性が無くなる

哲学者の周国平は「教育は天才を生み出すことはできないが、天才を殺すことができる」ということを言っていた。幼児は草のように自由に育つはずだった。しかし、現在の教育環境は幼児の天性を殺す犯人だ。親はこの環境の中で、主導的な役割を果たしている。子供をどう正しい導くかが肝心な点。現在、明らかに中国における親の指導方式はほとんど幼児の天性を殺している。それぞれの子供は独立した個体であり、異なった天性が彼らの身につけられた特質である。でも、現在学校で統一の教育基準と親の盲目的な育成方式によって子供たちは天性と楽しみを失ってしまった。このような教育は失敗だ。

2.2.1 勉強だけ

私は君に他の要求がないから、よく勉強すれば良いと親はよく言う。試験の成績が子供の能力をはかる唯一のものになった。ある研究は中国における両親が子供の成績と能力に過度の要求を出したということを表明した。多くの子供から私たちに対する親の期待が私たちの能力を超えているという声も出てきた。更に、このような教育方式は子供の自由を剥ぎ取った。遊びべき時間に勉強をさせられました。幼児にとって、このような子供の頃は不完全で健康ではなかった。

2.2.2 問題解決能力の欠如

心理学者は3歳から6歳までが幼児の知能発展の最も良い年齢であることが証明する。実は、幼児の段階はゲームで知能と社会適応能力を育成しなければなれない。

しかし、中国における親はそれを大量な知識を学ぶべきだと考えて、子供にいろいろな専門知識を前もって学ばせる。そのためほとんどの子供は問題を解決する能力が不足している。例えば、大学生は毎週汚れた服を家に郵送している。小学生は卵を剥くことができず、靴のひもを結ぶこともできない。言い換えれば、親の教育の仕方で子供の独立した生活力が不足している。これは「勉強だけ」という間違った教育方式と密接な関係がある。親はそれを子供への愛護だと思って、子供も親や先生の責任は彼らの世話だと思っている。しかし、これは子供の未来に無責任な行為だ。このような子供は社会発展の必要に適応することができない。

3 日本における幼児教育の現状

日本では戦後から幼児教育が進められ、何度も幼児の権益を保護する法律が公布されている。近年来、世界各国はグローバル化の影響もあり、幼児教育をとても重要視していて、いろんな改革をしていることが分かる。全世界が「終身教育」を提唱する。日本政府は個性を尊重し、多種多様な教育方式を打ち立てるということを提案した。そのため日本における幼児教育はすでに知能、道徳、人格、人間関係と基本的な生活習慣の育成を目標としている。

3.1 幼児への教育理念

日本は、2020年には教育改革が行われ、子供たちには「考える力」が大切になる。学習が楽しいと感じる心や、新しいことを学ぶことに喜びを感じる心の育成が重要となり、自主的に行動し、色々な人と協力し合い、言葉や道具をその場に応じて、使いこなす力が必要になる。自然科学、科学技術、算数を学び、論理的思考力、問題解決能力、さらにはプレゼンテーション能力を高めるプログラミング教育が幼児教育の中でおこなわれている。

3.1.1理論より実践

日本における親は子供の実践能力を非常に重要視している。3歳から自分で服を着て、自分でご飯を食べて、自分で学校へ行く。実践の中で子ども自身に知識を学ばせる。事の複雑さを子供に教えるより、直接に試してみたほうが良い。幼稚園では現代化された設備や高級なおもちゃはほとんどない。これは日本が発達した科学技術社会との大きなギャップを形成する。子供を自然環境で自由に成長させる。適切な社会的行為は子供自身の体験を経て初めて認知されることができる。幼稚園でもその理論に沿って教育している。

3.1.2 日常マナーに

日本における幼稚園には基本的にマナー教室とコースがある。例えば、先生は子供と一緒に和服を着て茶道を練習する。このコースで子供に人と付き合い物事に接する態度を教えている。日本の家庭教育は食卓マナーを重視する。子供が食卓で食事をする初日から、親は子供に食事の作法と習慣を教えるようになった。また、伝統的な祝日は日本の礼儀教育の重要な内容だ。日本政府は幼稚園の授業における伝統文化の比重を高め、伝統文化を教育と日常生活に貫き通している。それによって子供が日本文化を深く理解している。更に、子供が歩けるようになったら、頭を下げてやるように教えなければならない。お辞儀にも詳細なルールと要求がある。これらは老人を尊び、幼児を愛する礼儀である。

3.2 自由に成長せよ

 世界で最初の幼稚園は1940年代にドイツの教育学者のフォルンベルによって設立されたものである。幼稚園の意味はこれが幼児の楽園で、幸福の幼児時代のしるしである。日本における幼稚園は名実ともに楽園だ。子供たちは遊びと幼児時代を楽しむことができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接