谈日本大学的AO入学制度;日本の大学AO入試制度について毕业论文_日语毕业论文

谈日本大学的AO入学制度;日本の大学AO入試制度について毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

日本 AO 入学制度具有灵活化、多样化的评价机制,为日本社会选拔了大量综合性优秀人才,并为日本确立多元并重的招生考试模式做出了重要贡献,是日本的大学入学的重要选拔方式之一。AO 入学制度实行数十年了,在运作过程中出现了公平性欠缺、考生学力表现偏弱等一些亟待解决的问题。

本文旨在通过研究 AO 入学制度的内容、特征、产生及其发展状况进行,对其进行客观评价,吸取其经验教训,为我国正在进行的自主招生体制改革及建立多元化、灵活性的高考招生制度建言献策。

关键词:AO 入学制度;自主招生改革;多元化评价;学力

要 旨

日本の大学入試の重要な選抜方法の 1 つとして、AO 入試制度は、その総合的かつ多面的な評価方法を通じて日本社会に多数の優秀な人材を選抜し、そして日本が大学入試入試形態の多様化を実現することに重要な貢献をした。しかし、数十年しか実施されていない制度として、その前に公平性の欠如、AO 入試入学者の学力の低下など多くの実際の問題がある

本研究では、AO 入学制度の内容、特性、誕生およ発展状況に関する深く研究を通して、それを全面的に評価し、そして中国における大学自主選抜入試改革に重要な経験を提供することを目的としている。

キーワード: AO 入試制度;大学自主選抜入試改革;評価尺度の多元化;学力

目 次

日本の大学 AO 入試制度について 1

  1. はじめに 1
  2. AO 入試とは 2
    1. AO 入試の定義 2
    2. AO 入試の分類 2
    3. AO 入試の特徴 4
  3. 日本の大学 AO 入試の歩み 5
    1. AO 入試の誕生 6
    2. AO 入試の発展 6
    3. AO 入試制度の未来 7
  4. AO 入試制度への評価 8
    1. AO 入試のメリット 9
    2. AO 入試のデメリット 10
  5. 中国の大学自主選抜入試改革のヒントになれる AO 入試 11
    1. 応募要求を適当に下げる 12
    2. 審査をさらに厳しくさせる 12
  6. 終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

日本の大学AO 入試制度について

はじめに

世界の政治、経済、文化の急速な発展に伴い、質の高い人材に対する需要が高まっ ている。高等教育の敷居として、適切な大学入学制度をどのように調整し改革するか が中国と日本を含めた全人類の課題になった。20 世紀後半から、「少子化」や「高等教育の大衆化」の社会になっている日本では、減少する入学の学生数と急増する大学 数の矛盾を改善するために、大学生に「適切な教育」を受けること推進し、大学入試 制度の改革を始めった。AO 入試制度の誕生はその改革の中の重要な試みの1つである。この制度の試行と普及は日本における大学入試選抜方法の多様化、評価尺度の多元化 に大きく貢献している。高等教育入試制度を改革している中国にとって、AO 入試制度を深く研究し、全面的に評価することは我が国の大学自主選抜入試改革に重要な経験 を提供できる。

AO 入試とは

AO 制度を深く検討するためには、まず制度に関する基礎知識を理解しなければならない。本章では、AO 制度の定義、分類および特徴から、AO 制度について詳しく紹介し、今後の更なる研究と検討のための基礎を築く。

AO 入試の定義

AO 入試(アドミッションズ・オフィス入試)とは日本の大学の入試方法のひとつである。学科試験の結果で合否が決まる一般入試とは異なり、各大学が内申書、活動報告書、学習計画書、志望理由書、面接、小論文などにより出願者の個性や適性に対して多面的な評価を行い合格者を選抜する制度である。同様の選抜方式が一律に AO 入試と称されているわけではなく、自己推薦入試(AO 入試とは別に自己推薦入試という名前の入試が存在する大学もある)、公募推薦入試、一芸入試等、各時期、各学校、各学部により名称は様々である。

AO 入試は、日本で近年米国から導入された試験方式で、1990 年に慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC2 学部)がアメリカから AO 入試を先駆けて導入した後、徐々に日本国内に普及して、重要な大学入試選抜制度の一つとなった。文部科学省「平成

30 年度国公私立大学・短期大学入学者選抜実施状況の概要」のデータによると、2018 年に AO 入試制度を実施した国公立大学数は 88 校となり、全体の 51.2%を占め、私立大学では 482 校となり、全体の 82.5%を占めている。多くの学校が実施されているが、

AO 入試制度は統一されたモデルを持っておらず、具体的な選抜の内容や方法についての関連規制もない。このような柔軟性、多様性に富んだ選抜方法は、日本の受験生にもっと多くの大学に進学する機会を提供し、日本の大学入試制度の改革に新たな活力を注ぎ込んだ。

AO 入試の分類

日本の AO 入試制度には統一的な審査手段や内容基準がなく、各大学はそれぞれのニーズに応じて対応する選抜方法を使うことができる。AO 入試制度は学校によって異なり、それらを一つずつ列挙することは不可能である。しかし、読者がこの制度を十

分に理解するために、筆者は大体の流れと審査の内容と手段によって AO 入学制度を以下の 3 種類に分ける。

書面審査型

書面審査型の AO 入試は一般的に 2 つのステップに分けらる。

審査の第一段階では、受験者がまず内申書、小論文やレポート、および志望理由書を希望校に提出した。学校ではこれを参考にして、第二段階に入った受験生を選別した。学校では、第二段階の面接を通して生徒の性格特性、学習意欲などを詳細に考察し、学習意欲が強く、特長があり、活発な学校の雰囲気を作れて、個性的なキャンパス文化を創造できる学生を採用する。

AO 入試の重要な選抜方式の 1 つとして、日本の多くの国立大学、公立大学、有名私立大学が書面審査型の AO 入試採用されている。

面接型

学生が正式に出願を出す前に、学校はまず 1~2 回の予備面接を行う。予備面接に合格した後、学生は志願理由書、自己紹介、内申書などを提出することによって正式な面接の機会を得ることができる。つまり、面接型の AO 入試を参加する時、学校は受験希望者と約 2~3 回の面接を行い、面接の内容は受験者の進学経験、大学入学後の教育と人生計画などに焦点を当てる。

面接型の AO 入試は学生高校時代の学科成績に対する重視度は相対的に低く、審査の重点は学生の個性、心理状態と学習動機の方面に集中している。このような AO 入試を採用している学校の多くは、受験生との会話を通して、積極性があり、コミュニケーション能力が優れている、学校の「雰囲気」に合った生徒を選びたいと考えている。

体験型

面接型と書面審査型の 2 つの「試験型」の試験方式より体験型の AO 入試の方が柔軟である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接