《雪国》和《边城》的美和哀的比较;『雪国』と『辺城』における美と哀れの比較毕业论文_日语毕业论文

《雪国》和《边城》的美和哀的比较;『雪国』と『辺城』における美と哀れの比較毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

关键词:美;哀;人物形象

川端康成の代表作である『雪国』についてはは作者の創作意図、作中人物像、伝統的な美意識、表現風格などさまざまな角度から多くの研究がなされてきている。沈従文の代表作の『辺城』に関する研究も数え切れないほど多くある。しかし、この二つの作品を比較文学的な見地から研究するものはまだ少ない。本論では、両作品の物語の舞台設定と人物像を研究対象としてその作品に表出された美と哀れに焦点を当てて検討しようとする。

キーワード: 美;哀れ;人物像

1 はじめに 1

2 登場人物の造形 2

2.1翠と葉子 2

2.2 船頭と駒子 2

3『物の哀れ』から『節度のある哀れ』 4

3.1 無駄な物の哀れ 4

3.2 節度のある哀れ 5

4 物語の舞台と創作背景 6

4.1 物語の舞台 6

4.2 創作背景 6

5 終わりに 8

参考文献 9

謝辞.....................................................................10


『雪国』と『辺城』における美と哀れの比較

1 はじめに

『雪国』と『辺城』はそれぞれに中国の作家の沈従文と日本の作家の川端康成の代表作である。二人の作家が違う国に生活しているが、この二つの作品は非常に似ている。作品の芸術にも十分にノーベル文学賞を受賞している実力を持っている。どちらの作品も20世紀30~40年代に発表された。非常に高い価値を持っている『雪国』は川端康成が1968年にノーベル文学賞を受賞した代表的な作品である。『辺城』も中国の代表的な優れた文学の一つである。当時、日中両国はいずれも戦争中だった。しかし、この二つの作品は戦争から遠く離れた町を場所として、三人の恩讐を中心に展開されています。しかも、いずれも悲劇で終わる。主人公も非常に似ている、翠と葉子、船頭と駒子など。この二つの作品は非常に似ているが、国情と地域の影響を受けて、表現された思想や表現方法は違いがある。だから、『雪国』と『辺城』の比較を通じて、この二つの作品のに表出された美と哀れの異同を明らかにしたいと思う。  日本国内外おける『雪国』に関する研究論文は数多く発表された。『雪国』の美意識についても十分研究した。『辺城』についてのけんきゅうも中国でも海外でも枚挙に遑がないほどである。でも、両作家を比較文学的見地から研究するものはまだ少ないようである。

そのため、本論文は、両作品の物語の環境描写と人物造形を研究対象としてその作品に表出された美と哀れに焦点をあてて比較文学的な視点から考察しようとする。


2 登場人物の造形

2.1 翠と葉子

翠と葉子が似ていると思っているが。翠は大自然の娘で、純潔な美しさを持ち、貧賤も変わらず、忠節も変わらない。傩送の兄として天保とは、傩送と同時に翠を好きになった。作品の中の人物は仲が良くて、誠実、純潔、無私である。しかも、恋を表現する方式も素朴である。天保と傩送は1泊の民謡を歌うことで決定するになった。兄は弟の幸せのために諦めた。しかし兄は事故で死んだ。弟は家を出て、大雨でフェリーが流され、大風に白い塔が吹き倒され、船頭のおじいさんも雷の中で死になた。すべては悲劇の道に向かって発展しているようだ。風雨の後、翠はまた渡し場に戻って、傩送が帰ってくるのを待っています。翠は品質が単純で、無邪気で善良な性格、葉子、早期の駒子に似ている。しかし、翠は人々が求める自然の美しさを象徴していて、翠という名前は自然に由来している。性格も水のように生きとしている。翠は大自然の恵みであり,大自然のシンボルである。葉子は虚無で、純潔で、完璧に近くて、このような究極の美しさも往々にして短いものである。だから作品の最後に葉子が死になった。葉子に代表される美は、瞬間美、精神美、理想世界の美と言える『雪国』では人間の一切の空しいものとし、世界のあらゆる功利性を退られる無償の美を真の美とする。

2.2 船頭と駒子

翠と駒子も似ているが、彼らの人生は不幸だった。しかし性格的には船頭と駒子の方が似ていることがもっと多い。二人の作者は独立した、隔絶した世界に憧れていたが、船頭も駒子も現実世界に関連している。船頭はあどけない翠とは違って、現実の世界を望んでいて、町の市場に行くたびに友達と長い間おしゃべりをしていて、その交流を楽しんでいる。駒子はかつての単純さと美しさに憧れていたが。生活に追われて、結局芸者になった。葉子が代表している理想世界に対して、駒子は現実世界を代表している。船頭と駒子は、現実生活へのプレッシャーにも、努力して生きていくことを選んだ。船頭は、翠が好きな人と結婚できるために、心配しすぎて死になった。駒子は芸者になったが、生活を愛して日記を書き続け、三味弦を練習していた。彼女は現代女性の独立抗争の特質を持っており、三弦琴を練習して、彼女は普通の生活に向かって努力して、普通の女性のような愛情を追求している。しかし彼女の希望も船頭と同じような、葉子の死とともに破滅した。

3『物の哀れ』から『節度のある哀れ』

3.1 無駄な物の哀れ

『哀れ』は広く使われるうちにだんだん単純の感嘆から物と心が一つになることに発展する。川端康成は日本の新感覚派の重要な代表であり、確かに人物の内面の意識と環境の光や色書きの鮮明さを独自に生み出している。でも、ぼんやりした感覚がある。葉子は駒子の未来へのより良い生活への思いである。島村が言ったように、駒子の愛、駒子の努力は無駄で、彼女は運命から逃れられない。『物の哀れ』は日本人の人生観に一番大きな影響は生死観といえる。その主体は『瞬間美』を求めて、美しい瞬間で永久不変の静寂を求める。川端康成も『物の哀れ』が日本美の源になったとか、悲と美が互いに通じ合うものとか述べたことがある。この美意識の影響で、『雪国』は無駄な物の哀れ、悲哀な抒情世界が作り出した。日本の下層にある女性の悲惨な運命と、戦時中の日本侵略に対する軍事戦略の消極的な抵抗がみえる。『雪国』では駒子がきれいな美を持っていると繰り返しているが、芸者としてはちょっと似つかわしくない。しかし、都会のものへの、美しい愛情への純朴な憧れは、どこか虚ろな意味を持っているようだ。自分の憧れている具体的な姿も、どうやって手に入れたのかわからず、それを知っていても仕方のない努力をしているだけだった。彼女は自分の立場をあまりさげすんでいないようで、生活への憧れは日記に埋められ、心のどこかに埋もれていたが、表面的には気にしていなかったようであった。もっと哀しいのではないか。葉子にくらべて、駒子は実に誠実な人物である。島村が葉子への精神的憧れといえば、駒子には確かな憐れみ、あるいはいとおしさ、駒子本人の虚しい憧れにも対応する、雑多な境地に陥っていた。文章は全編にわたって美しく悲しい調子に染まって,最後には二つの字に固まった:無駄である。島村と駒子どちらも、愛情に頼って少しの希望を求める。島村は豊かな暮らしをしていたが、情熱に欠ける性格で、浮世を見抜いたような気がして、宿命にひれ伏すような思いがして、彼は一時の情熱で何かを好きになって、すぐに忘れた。彼が日本舞踊の研究や西洋舞踊に夢中になっているように。彼の最大の悲しみは、自分が自分のことをよく知っていて、無駄な文字をはっきりと見ていたことにある。だから彼は駒子の愛と託すことがすべて虚構のものであることを知っていて、やはりそれを喜んで受け入れたが、正確に1つの時間を選んで離れることを選んだ。

3.2 節度のある哀れ

 中国の伝統文化の中で“節度のある哀れ”の美意識は明らかに『辺城』に影響を与えた。いつまでも平和で、静かに流れてきたような感情は、おどろかず、静かに溢れ出していくように見えたが、その平静さと沈黙は、心の無音の衝撃を確実に感じさせるものであった。悲鳴も狂気の涙よりも、人の心に届いた。たとえば、翠はおじいさんに寄り添って母の悲痛なことを聞いて、静かな月の光が静寂を覆っている心理を描いて、淡々とした思い出、無言の静聴、彼らの心の融合は文章に言えない酸味、純粋さ、哀れさを見せた。天保と老船頭の死を含めて、作者の複雑な人生態度が表現された。しかし、これらはヒステリーな号泣によって現れたのではなく、柔らかな言葉子から強い悲しみを感じることができる。自然、明麗な辺城の中には、少しも哀しみがあった。
 『辺城』には善意があふれ、高尚で完璧な希望に満ちている。でも思わないことが多くから、その結果が悲劇になった。沈従文は素朴である辺城から彼のつい求めている人性の美しさを見つける一方で、辺城の生活している世代に対する心配もある。『辺城』の人物は自分の運命を把握することができず、彼らは互いにコミュニケーションができないようにしている。辺城の悲劇は、人の善意と人とのコミュニケーションの欠乏に起因する。しかし最後翠は自暴自棄ではなく、渡し場に戻って、傩送を待っていた。『永遠に帰ってこないかもしれないし、明日には帰ってくるかもしれない』のような結末はまた少しの希望をもたらす。

4 物語の舞台と創作背景

4.1 物語の舞台

『雪国』の冒頭には国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。長いトンネルを抜けることは、空間の移動を意味し、現実と異なるまぼろし、孤立した世界に、闇を抜けて到着することを意味する。主人公の島村は最初から車窓の外に美しい暮色が現実でないと感じる。その後駒子との様々な出来事がこの幻影の上に敷かれていた。何度現実世界との隔離を強調した。沈従文は叙情的な文字で湘西にある茶桐という小さな町を背景として、白いタワー、川、渡し場、船頭、翠、犬、民謡とドラゴンボートを通じて、美しい自然に近づく生活映画を構成して、郷土をいっそう美しく彩った。『辺城』の冒頭はこの以下のように描いる。四川省から湖南省までは官用道路がある。四川省と湖南省の境目の道路に近づく『茶峒』という町がある。川のほとりに白い小さな塔があって、塔の下には一軒だけの家が住んでいる。この家は老人一人,女の子一人,一匹の黄色い犬しかいない。谷川の流れが弓とすれば、山路は弓の弦にあたる。どちらの作品も、辺鄙で素朴な場所をストーリーの背景としている。このような背景から、どちらの作品にも伝統的な善と悪、正義と悪の衝突はない。しかし両者は違います。『辺城』には多くの美しい景色が描かれており、孤独感を追求しながら南西地方の自然の美しさを表現している。その伝統的な農業社会の汚染されていない美しい品質は作者が極めて称賛している理想的な境界である。島村は東京という現実世界から離れるのは虚無の世界を構築するため環境を絵がている。彼が求めているのは虚無美だった。

4.2 創作背景

『辺城』は不安定な1931年にも創作されていた、現実の闇と資本主義は人間の本性に侵されていることを考えさせ、深い懸念を抱くことになる。小説の中では、善良な人々は互いにコミュニケーションがとれず、自分の運命を把握することができなくて、人と人の間の隔壁、心の孤独、中の人々はこの辺の城のように寂しい存在である。人間同士の孤独は、人々が自分の運命をコントロールすることができないのも、悲劇の根源の一つである。しかし儒家の楽観達は彼を節制させた。沈従文は小さな時、多くの殺戮を見ていた。『私が歩いたすべての土地は血が流れている』と言ったことがある。だからこそ、彼は希望に憧れている。だから『辺城』の最後は、翠の未来を心配させながらも、『永遠に帰ってこないかもしれないし、明日には帰ってくるかもしれない』と、美しさの望みを抱いていた。『雪国』の作者、川端康成は小さい頃から肉親が相次いでなくなった。小さい時から敏感な性格を身につけて、センチメンタルになりやすい。日本は火山地震が活発な島国として、自然災害が多発しており、人の力ではどうにもならないの自然力の前にも虚無感が生じやすい。そのため、日本の文化そのものには深い物哀と感傷の意識がある。古典的な名著『源氏物語』に物悲しい情緒が打ち立てられ、人事の無常感に満ちている。近代では、日本は資本主義の急激な発展に伴い、進歩の思想は日本の濃厚な封建伝統思想と激突し、知識分子は小さい人物の悲惨な運命に深い同情を寄せた。これらの要素を総合すると、川端康成の『雪国』は感傷主義と虚無主義に満ち、深い悲しみと、調和のつかない悲しみを含んでいる。いずれにしても、中国と日本の地理的な環境と歴史的な状況の大きな違いと、それによって生じる文化の違いは、両国の著者の精神的な意味に大きな違いをもたらし、それは『辺城』と『雪国』の差異性の根本的な原因となっていると言えるのではなかろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接