从古城看日本传统文化的继承;古城から見た日本伝統文化の継承毕业论文_日语毕业论文

从古城看日本传统文化的继承;古城から見た日本伝統文化の継承毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

当今世界,大多数国家都十分重视本国的文化遗产。古城是名胜古迹中的典型代表,所以它能清楚地反映出一个国家的文化传承情况。然而在中国,古城的保护情况并不怎么好,因为战争的破坏、政权的更迭等种种原因,很多的古城都被毁坏。而日本的京都、奈良、镰仓等古城却因其保存完好成为世界闻名的旅游胜地。日本这种对传统文化的保护精神值得学习

本论文从建筑物的结构、特殊的政治环境、日本政府的政策、大众的努力等多方面对日本古城能够良好保存下来的原因进行探讨,并指出日本在传统文化继承方面的经验值得我们借鉴。

关键词:日本古城;文化遗产;传统文化的继承

現在、自国の文化遺産を十分に重視する国が多数である。古城は名所旧跡の中で典型的な代表で、国の文化伝承の状況をはっきり反映する。中国の古城の保存はあまり良くなく、戦争の破壊や政権の交替などそれぞれの原因によって、たくさんの古城は壊された。一方、有名な観光地として、日本で京都、奈良、鎌倉というような完璧に保存している古風な都市は世界で広く知られている。ほとんど完全に保存している古城から反映される日本伝統文化の保護精神は見習うべきである。

本稿は、古城の構造、特殊な政治環境、日本政府の政策、大衆の努力というようなさまざまな方面から日本古城の良好な保存状態の維持の要因を究明しようとする。そして、その経験よりわが国における古城保護への示唆を提示したい。

キーワード: 日本の古城;文化遺産;伝統文化の継承

1 はじめに 1

2 日本の古城の構造 3

2.1 建造物の構造と補修 3

2.2 伝統街並みの継承 4

2.3 古城における自然景観の保全 4

3 特殊な歴史時期における古城の保存 7

3.1政権更迭における古城保護 7

3.2 武力紛争の際の古城の保護 7

4 古城継承についての政策と運動 10

4.1 古城継承についての会議と政策 10

4.2 社会の古城保護運動 11

5 中国古城保護への示唆 13

5.1 古城政策への示唆 13

5.2 民衆意識への示唆 14

6 終わりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

古城から見た日本伝統文化の保存

1 はじめに

古城は名所旧跡の中で典型的な代表で、国の文化伝承の状況をはっきり反映する。中国の古城の保存はあまり良くなく、戦争の破壊や政権の交替などそれぞれの原因によって、たくさんの古城は壊された。一方、有名な観光地として、日本で京都、奈良、鎌倉というような古風な都市は世界で広く知られている。ほとんど完全に保存している古城から反映される日本伝統文化の継承精神は見習うべきである。

日本では、日本の世界遺産や伝統町並みの保護と継承についての研究が多く、京都や奈良など古城が通常に言及されている。が、寺田篤生は鎌倉の世界遺産から日本の伝統文化の保護を論及し、黒田乃生、是澤紀子らは古城周辺の自然景観の角度から考察した。古城には日本の一部の世界遺産、日本の伝統的な町並み、建物や都市スタイルを含んでいる。この意味で、日本の古城は日本の伝統文化の精華であると言える。

中国では、日本の古城の保護についての研究があったが、その角度は往々にして日本政府の保護政策のみに限られている。例えば、古城高度制御法、町家の再生政策など。日本の特殊な歴史、建造物の構成や補修方式などの多くの角度からこの問題を考察する論述があまりない。したがって、本稿では、古城が保存されている原因を総合的に分析し、日本の古城保存の経験をまとめ、その経験を中国の古城保護の健全に寄与したい。

本論はまず古城における建造物の構造と補修、伝統街並みの継承、自然景観の保全などを考察する。また、日本の特殊な歴史時期、日本の古城が戦火の中で継承された原因を分析する。

続いて、日本政府とその民衆の努力は古城がよく保存される大きな要因であることを指摘する。最後に、日本の古城保存の貴重な経験よりわが国における古城保護への示唆を提示する。

2 日本の古城の構造

2.1 建造物の構造と補修

日本で大地震が避け難いが、大多数の文化財建造物は数百年の期間に完璧に保存された。原因を究明すると、次のような点がる。

2.1.1 建造物の構造

日本での伝統的な建造物の構成とは緊密な関係がある。地震頻発によると、日本で多数の文化財建造物は木造で高さが低く、建物の堅固のために、壁下地は縦小舞と横小舞ともに構成される。土壁部分は現在に比べて使われるスサの量がはるかに多い。スサは壁を補強するのみならず、壁に軽量させる。だから、建造物はもっと高く建造されていて,簡単に崩れないようにする。それから見ると、日本での伝統的な建造物は最初からには「倒壊に至らなかったことが確認された」。

2.1.2 建造物の補修

そして、地震などを経過した後、「再建」という中国の修理方法と違って、日本での文化財建造物はあまりにも大修理を行わなく、一般的に建造物を小さい部分に分解し、注意深く検査し、損傷した部分だけを補修してできるだけ現状を保存する。土壁を例にして、土壁には京都付近で「泥こすり」という修理方法を繰り返し使っていたことが分かった。この修理方法は「具体的には損傷した部分及びその周辺の壁土のみを段状に削り落とし、新たな壁土で損傷した壁を埋めて補修し、最後に表面を新たに塗りかえる手法である」。このような方法で修復された土壁は部分の新しい色を除いて、全体的に見ると以前の様子と同じだ。

ここで、日本での匠の精神は言わなければならない。匠の精神は日本の職人たちが技術に求め続けて仕事に熱中するという独特な仕事精神を指す。その真面目な匠の精神からこそ、日本の職人は古くから代々に腕前や技術を子孫に受けついでいて、日本で古い建築技術が多く保存された。そして、建築技術があるので、伝統的な建造物は元に戻す可能性がある。現在、職人はよく修復する前に写真を撮り、修復した後に再び写真と撮った。大衆に監督させてその二枚の写真を対比して建物が修復の前後に差別がなかった。

2.2 伝統街並みの継承

「古都保存法」によって、古城の町並みも日本の古城の保護範囲に属している。古城の町並みは伝統町家と街での神棚や灯籠、植物などの外部組織を含んでいる。その中で最も重要な部分は伝統町家である。広義によって、日本の町家は商業活動を行う店舗も含め、庶民が住んでいる民家も含まれている。最も典型的な代表は京都町家である。

京都町家は江戸時代から今まで残っていて、日本の伝統文化と緊密な関係がある。日本は今でも多くの祭りが残っていり、日本の代表的な祭りの一つとして、「祇園祭」を祝う場所は伝統町家である。あの時までに、盛装して出かける人々と山車が京都の伝統街並みをパレードしている。日本の伝統的な祭りは伝統街並みを活性化させり、より深い存在意義を加える。

今の町家は元の基礎の上で一定の改造と発展してからの「新町家」である。この「新町家」は往々に元の建物の基本的な形を受け継いでいり、その上に時代の発展に適応する新しい部品が増えていて、一部の町家はわざわざ復古の雰囲気を添えている。その作法によると、町家は地元の歴史感と融合しながら住民生活に便利させる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接