日本养老行业的机器人应用现状及中日合作;日本の老人介護業界におけるロボットの実用現状と日中協力毕业论文_日语毕业论文

日本养老行业的机器人应用现状及中日合作;日本の老人介護業界におけるロボットの実用現状と日中協力毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

迅速进入老龄化社会的中国正面临着老人护理行业人手不足的危机。如何解决这种危机,邻国日本的经验值得借鉴。日本把机器人应用在老人护理行业,大幅节约了人力资源,提高了服务质量。在日本,机器人不仅可以代替人类处理各种繁杂的事务,而且随着技术的发展所开发出拥有情感的机器人还被应用于社会福利、老人护理、老人医疗等场合。虽然中国也在逐渐开展这一领域的研究开发,但存在技术瓶颈、价格瓶颈等多种问题。为了改善这些问题,中国在学习日本的先进技术和经验,加大与日本合作的同时,日本也在扩大中国市场,从而形成养老护理产业的互惠互利。

关键词:老龄化社会;机器人;中日合作;老人护理

急速に高齢化社会に入っている中国は、老人介護の人手不足問題が深刻化している。この問題を緩和するため、隣国日本の経験が大いに参照できる。日本における老人介護業界には、ロボットが多く利用され、労力の大幅節約だけでなく、サービスの質も向上している。日本では、ロボットは様々な煩雑な作業を人間に代わってするだけでなく、テクノロジーの発達によって開発された感情を持つロボットが社会福祉、老人介護、老人医療など様々な場面で応用されている。中国も徐々にこの分野の研究開発を展開しているが、技術のボトルネック、価格のジレンマ、倫理問題、安全への懸念など多くの問題が存在している。これらの問題を改善するために、中国は日本の技術と経験を学び、日本と協力することが重要である。一方、日本は中国で市場を次第に拡大し、老人介護産業の形成に力を入れ、双方はギブアンドテイクの関係を築いている。

キーワード: 高齢化社会;ロボット;日中協力;老人介護

1 はじめに 1

2 先行研究 2

3 中国の老人介護業界の現状とロボットの実用 3

3.1 老人介護の人手不足 3

3.2 技術上のボトルネック 3

3.3 ロボット価格のジレンマ 4

4日本の老人介護業界におけるロボットの実用現状 5

4.1 高齢化現状 5

4.2 老人介護業界の現状 6

4.3 ロボットの実用化現状 6

4.3.1 ペットロボット 6

4.3.2 歩行アシストロボット 7

5 日中協力 8

5.1 日中協力の現状 8

5.2 日中協力の問題点 8

5.3 日中協力の将来展望 9

6 終わりに 10

参考文献 11

謝 辞 13

日本の老人介護業界におけるロボットの実用現状と日中協力

1 はじめに

日本では総人口が減り続け、65歳以上の人口の割合が増え、すでに超少子高齢化社会に入っている。高齢人口が増えるにつれ、老人介護現場の労働人手不足をはじめ、様々な問題が顕在化している。解決策の一つとして、老人介護業界には人口知能に基づいて開発されたロボットの技術が最大限に活用され、限られた人手でも質の高い老人介護サービスが提供されている。

一方、急速に高齢化社会に入っている中国は、長期にわたって実施してきた一人っ子政策の影響で、高齢者の世話をする人手が不足している。近年、一人っ子政策が転換されたものの、働くものの労働時間が長く、両親の世話をする時間が少ないなど、様々な社会問題が依然として残っている。そのため、ロボットの老人介護業界での応用が期待されている。中国の人口規模は大きく、高齢者数も多いため、ロボットの需要量が大きい。また、中国でのロボット価格が高く、実用性に富まない問題は存在している。そのため、ロボットの市場供給が需要に追いつけていない。中国も徐々にこの分野の研究開発を展開しているが、技術のボトルネック、価格のジレンマなど様々な問題が存在し、国は自力で技術を開発すると同時に、海外諸国、特に日本の経験を参照し、日本と協力することも重要視されている。

2 先行研究

老人看護業界におけるロボットの実用化現状について、一部の先行研究が見られる。中では、清水遵らは「ペットロボット介在活動が認知症高齢者の心身に及ぼす影響」で質問紙法、面接法、行動観察法、生体反応測定法などの方法を利用して、マニアルセラピーの老人心身への効果を査定した。ペットロボットが認知症高齢者に積極的な影響を及ぼすことが確認された。認知症高齢者に積極的な治療としてマニアルセラピーという治療方法を導入して、ペットロボットを用いて、著しい効果を収める。

また、仲貴子らは「1627 地域在住高齢者に対する歩行アシストロボット使用によるウォーキングエクササイズ介入の影響」で地域在住老人に対する5ヶ月間の歩行アシストロボットを使用する歩行運動介入を行い、対象者の身体機能を調査した。歩行アシストロボットを使用した後、高齢者の運動機能と心理機能の向上が確認された。

さらに、須賀京子らは「痴呆高齢者へのロボット介在活動(robot-assisted activity)の可能性」で三つの症例を標本として、ペットロボットとの活動中の評価の1回目と20回目を比較して、「孤独感」「発語」「感情語」「満足度」を指標として調査を行った。ペットロボットによる高齢者の生活品質に積極的な影響を及ぼすことができるという結果が出ていた。

一方、高齢化に伴う問題については、20世纪以降の人工知能の開発プロセスと结び付けられている。中国国内の李贵卿らは「中国の老人介護業界でのロボット活用の緊急性に関する研究」(智能机器人从事中国老年照顾服务的迫切性研究)で人口の高齢化傾向を分析することによって、人的資本の視点から高齢化の本質を見た。老人介護業界におけるロボットの応用に現れた様々な問題点を明らかにした。

高齢化は世界各国が直面している共通課題である。日中の政府は老人介護業界の発展を政策面から力添えしている。「スマート技術は高齢化社会に対応する——日中トップ科学家の会談」(智能科技应对老龄化社会——中日科学家高层对话)では、日中両国の老人介護業界におけるロボットの実用化のための提案が提示された。

このように、先行研究は主に老人介護分野にけるロボットの応用の角度から、日本と中国の状況を分析した。本論文は先行研究を踏まえ、老人介護業界における日本と中国のロボットの応用現状を明らかにする一方、日中協力の可能性をも模索したい。

3 中国の老人介護業界の現状とロボットの実用

3.1 老人介護の人手不足

老人介護産業は労働集约型産業で、中国では「夫婦が子供を一人だけ生む」という一人っ子政策がもたらした人口断層により、老人介護の労働力が不足し、将来はロボットで補う必要がある。近年、一人っ子政策が転換されたものの、様々な社会問題が残っている。例えば、国民の平均所得が相対的に低い、労働時間が長く、両親の世話をする時間が少ないなどの問題が存在している。

老人介護にはお金がかかるだけでなく、体力も必要である。多くの老人ホームは、介護への危険を恐れて、重い病気の高齢者や自分一人では生活ができず、他人の助けを必要としている高齢者、アルツハイマー型認知症に罹る高齢者などの受け入れを拒否している。介護サービスを必要とする高齢者は、実際には老人ホームに入れない問題が発生している。背景の一つとして、介護専门人材の不足は老人ホームにとって最大のボトルネックである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接