关于日本家暴的研究;日本におけるドメスティック#12539;バイオレンスについての研究毕业论文_日语毕业论文

关于日本家暴的研究;日本におけるドメスティック#12539;バイオレンスについての研究毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

家暴问题已经成为一个严重的国际性社会问题,越来越受到全社会的关注。受到国际社会的影响, 日本于 2001 年 10 月初次在日本实行《关于防止配偶间的暴力以及被害者的保护》(简称《防止家暴法》) ,采取一系列措施防止家暴现象的产生。

但是从日本内阁府男女共同参画局的调查来看日本的家暴事件一直频发,无论男女被害者人数的数量一直在攀升。本文围绕日本家暴数量高居不下的现状展开研究。首先从日本内阁府调查的数据入手,对目前日本家暴现状进行整理和分析。然后从社会、文化、当事人自身等方面来分析日本家暴产生的原因,并介绍日本遏制家暴问题的对策。最后,就日本的对策提出自己的建议及对改善中国家暴问题的借鉴意义。

关键词:日本;家暴;原因;对策

要 旨

ドメスティック・バイオレンス(以下、DV とする)は深刻的な国際社会問題となり、社会全体からますます注目を集めている。国際社会の影響を受けて、日本は 2001

年10 月に日本で最初に「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(略して「DV 防止法」)を実施し、一連の政策を採用したことで DV の発生を防止する。

しかし、日本の内閣府の男女共同参画局の調査によると、DV が頻発し、男女の被害者の人数が増えている。本文は、日本における DV の件数が多いことをめぐって研究する。まず、内閣府が調査のデータから日本における DV の現状を整理し、分析する。次に、社会、文化、そして当事者自身の側面から、日本の DV の原因を分析し、日本が DV を防止する対策を紹介した。最後に、筆者は日本の対策について卑見を出した上、中国の DV 問題を改善するための提案を述べてみた。

キーワード: 日本;ドメスティック・バイオレンス;原因;対策

目 次

  1. はじめに 1
  2. ドメスティック・バイオレンスの定義 2
  3. 日本のドメスティック・バイオレンスの現状 3
    1. 注目されるドメスティック・バイオレンス現象 3
    2. 調査から見た日本のドメスティック・バイオレンスの特徴 3
  4. ドメスティック・バイオレンスの発生要因 6
    1. 男性から女性への暴力の原因 6
    2. 女性から男性への暴力の原因 8
  5. ドメスティック・バイオレンスの対策 10
    1. 「DV 防止法」 10
    2. 社会の対策 10
  6. 日本の対策について筆者の卑見 12
    1. 「DV 防止法」の改正 12
    2. 当事者の意識の改革 13
    3. 男性被害者への重視 14
  7. 中国への啓発 15
  8. 終わりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

日本におけるドメスティック・バイオレンスについての研究

はじめに

DV はグローバルな問題であって、多くの学者に研究されている。日本における DV の被害件数も年々増え、深刻的な社会問題となっている。日本国内外の学者は DV をめぐって、その発生要因や改善方法について、いろいろ述べてきた。大庭絵里は、社会のジェンダー役割が存在するなど DV 問題が潜在化になっている原因を述べ、DV を根絶するために、被害者のリアリティが他者と共有するのが重要であると主張している。仲里和花は家父長制社会の中で育った人々にとって、どのような関係においても、どのカップルにも DV が起こりえる可能性があって、DV を根絶するには、家父長制社会の改善、DV 被害を容易に訴えていける環境と社会的・経済的自立を得られる環境づくりも大切であると指摘している。そして、DV が封建的な思想や男女差別で起こると主張する学者もいる。謝志林は、封建思想、社会全体が DV に対する認識不足、当事者のずさんな結婚態度などが DV が深刻になった原因であり、DV 問題を解決するには、政府は家庭内暴力への処罰増加、人々は婚姻の質への重視が大切であると指摘した。趙海村は、DV は頻発しているのは家父長的イデオロギーなど歴史文化的な原因、倫理的および道徳的要因があると主張している。

先行研究の殆どは夫から妻への身体的暴力を中心としたものであり、伝統的な社会制度と封建的な思想が DV の主な要因であると指摘している。しかし、近年、妻などが配偶者に暴力を振るう事件も増えてきているので、DV 問題について、夫から妻へだけでなく、夫が妻などからの暴力を受けることも無視できない。次は、DV の問題を検討する場合、「身体的暴力」のほかに、「心理的暴力」、「経済的暴力」などを検討する必要もある。そして、DV がますます深刻になったことは、国の経済状況や法律の不完備等様々な要素とつながっていると思う。本文は、これまでの研究成果を踏まえて、以上の問題点を絞り、日本における DV という社会問題を考え直し、その改善策を探ってみたい。

ドメスティック・バイオレンスの定義

「ドメスティック・バイオレンス」とは英語の「domestic violence」のことで、略して「DV」を呼んでいる。今まで多くの学者は DV を定義している。仲里和花によると、フェミニズム理論に基づく DV は『「➀親密な関係において相手を支配・コントロールする手段として暴力を行使する」「②男性の女性に対する優位な力を利用し暴力を行使する」』ものである。立石直子は「DV は、恋人や夫婦など関係性の中で起こる暴力であり、強者から弱者に対する構造的な暴力である。」と述べている。日本の内閣府によると、「DV とは配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力である。」

以上のように、DV は婚姻の有無を問わず、親密な男女関係で一方から他方を支配・コントロールするために振るう暴力(同居関係などで児童虐待も含め)である。「親密な関係」とは、法的な婚姻関係に限らず、同棲中の相手、婚姻関係を解消した元配偶者、いまだ婚姻関係に入っていない交際期間中の恋人を含んだ概念である。その暴力は6つに分けられ、それぞれが「身体的暴力」「社会的暴力」「経済的暴力」「性的暴力」「心理的暴力」 「所有物、子供、ペットなどへの虐待」である。

本文は配偶者間において起こる暴力を対象とする。

日本のドメスティック・バイオレンスの現状

DV は深刻な社会問題になりつつ、日本政府は男女間における暴力の実態を把握するために、全国で男女間における暴力についての調査を実施した。この調査は内閣府男女共同参加局が主導して、全国 20 歳以上の男女 5,000 人を対象としたものである。この調査は 1999 年に始まり、3 年ごとに調査を実施することになっている。

注目されるドメスティック・バイオレンス現象

内閣府男女共同参画局がホームページで掲載している「配偶者からの暴力に関するデータ」によると、配偶者暴力相談支援センターにおける相談件数は、2014 年で、

102963 件であって、10 万件を超えていた。2015 年には、2014 年より約 8000 件増え、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接