关于日本“无缘社会”的考察;日本の「無縁社会」についての考察毕业论文_日语毕业论文

关于日本“无缘社会”的考察;日本の「無縁社会」についての考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

2010 年,NHK 播出的关于日本已进入“无缘社会”时代的相关报道,在日本社会引起了极大的反响。本文将着眼于日本“无缘社会”问题,在介绍日本“无缘社会”现象的基础上,分析该现象的成因以及政府采取的一系列措施。通过对日本“无缘社会”的分析探讨,结合中国当前的国情,分析中国未来进入“无缘社会”时代的可能性。最后参考借鉴日本对“无缘社会”的对策,就中国在这方面可以考虑的对策提出自己的主张。通过本文的研究,希望能加深日语学习者对日本“无缘社会”的理解,并为学习日语以及理解日本文化带来帮助。

关键词:无缘社会;文化背景;社会包容

要 旨

2010 年、NHK が放送した日本が「無縁社会」時代に入ったという記事は日本社会で大きな反響を引き起こした。本稿では、日本の「無縁社会」の問題に着目し、日本の

「無縁社会」現象を紹介した上で、その現象の成因や政府が取る一連の対策を分析している。日本の「無縁社会」への分析と検討を通じて、中国の今の国情を結び付けて、未来の中国が「無縁社会」時代に入る可能性を分析した。最後に、日本の「無縁社会」への対策を参考にして、中国がこの方面で考えられる対策について自分の主張を述べた。本稿の研究を通して、日本語学習者にとって、日本の「無縁社会」への理解を深めることができ、日本語の学習や日本文化への理解を深めることができることに役立つことを願っている。

キーワード: 無縁社会;文化背景;社会包容

目 次

  1. はじめに 1
  2. 「無縁社会」の現状 2
    1. 孤独死の増加 2
    2. 生涯未婚者、単身者の増加 2
    3. 「家」の解体 2
    4. 「無縁社会」による新しい産業の誕生 3
  3. 「無縁社会」の成因 4
    1. グローバル化、都市化、社縁の希薄 4
    2. 「無縁社会」の文化背景 5
    3. 核家族化、家の意識の希薄 6
  4. 「無縁社会」への対策 8
    1. 政府が実施した「社会包容」政策 8
    2. 地域の交流の再構築 8
    3. 家族とのつながりの強化 9
  5. 中国への示唆 10
    1. 中国が「無縁社会」になる可能性への分析 10
    2. 中国が「無縁社会」になることを防ぐ対策 11
  6. 終わりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

日本の「無縁社会」についての考察

はじめに

「無縁社会」という言葉は近年よく聞かれ、2010 年 NHK の報道によって世間で広く認知されるようになった。「無縁社会」が到来したという報道は日本社会で大きな反響を引き起こし、無縁グループも世間に注目されるようになった。「無縁社会」の背後には高齢化、単身化、少子化、孤独死などの深刻な社会問題が含まれている。伝統的な日本社会はお互いに助け合う意識が強い社会であったが、地縁、血縁と社縁の欠損で、日本社会は「有縁社会」から「無縁社会」になりつつあると言われている。「無縁社会」について、研究者たちも注目し、いろいろ研究してきた。

山本和興と平松優太(2013)は東京のような大都市の現状をめぐり、「無縁社会」とコミュニティの再生を考察している。山本氏は四つの面から「無縁社会」と称呼される現代社会を紹介し、「血縁」「地縁」「社縁」という三つの「縁」をもとに「無縁社会」の成因を紹介し、「自助」「共助」「公助」の概念を踏まえて、「共助」の強化と地域コミュニティの意義を提起した。そして、東京の現状について、地域から孤立する可能性と孤独死の状況を紹介し、実施した各種の都民意識調査データに基づいて、「地域コミュニティ」活動を考察し、行政の課題を論じた。

小辻寿規と小林宗之(2011)は孤独死報道の歴史を課題として研究している。「無縁社会」と「孤独死」の関係を論じ、「孤独死」のいくつかの定義を紹介した。「孤独死」をめぐる新聞報道の歴史を探求し、「孤独死」は昔からあったと指摘している。

高明(2016)は高齢者の社交孤立と「無縁死」、若者の間に孤独者、終生未婚者のの人数の増加、「無縁社会」による新しい産業の誕生といった面から「無縁社会」の現状を紹介し、「血縁」「地縁」「社縁」といった三つの縁から「無縁社会」の成因を分析し、最後に政府、社会、個人からの解決策を紹介している。

劉輝と周韜(2015)はグローバル化を背景とする日本社会の「無縁化」の現状を考察している。無縁社会の実態:孤独死、自殺、直葬、「終生未婚」の風潮、家の解体、

「無縁化」とグローバル化といった四つの面を議論している。先行研究のほとんどは日本の「無縁社会」そのものの実態と社会成因を対象としているが、本文は「無縁社会」の実態、社会的成因、対策の他、文化の視点からも、「無縁社会」という現象を

探ろうとする。今の中国も少子化、高齢化、独身化などが社会問題になりつつ、近い将来「無縁社会」になる可能性があると思う。本文は現状、社会と文化的な成因、対策などの面から、日本の「無縁社会」という現象を明らかにし、中国が「無縁社会」になることを防ぐことについて、提案しようとする。

「無縁社会」の現状

孤独死の増加

「孤独死」とは一人暮らしをしていて、誰にも看取らず自宅で亡くなったものである。「孤独死」も「無縁死」と呼ぶ。

日本全国の市町村への調査の結果によると、年間 3 万 2 千人以上の「無縁死」が明らかになった。「無縁死」の人々が、誰にも看護されず、孤立と孤独の中で死んでいき、家族と親友がいても遺骨も引き取られず、さらにそのうち約 1 千人近くは、警察で調べても、名前さえわからない現象も発生した。(张琪,2017,p.9,10)

東京都監察医務院による平成 22 年度版の「事業概要」のデータによると、東京都

23 区内で自宅で亡くなった 65 歳以上の一人暮らしの人は平成 14 年の 1300 人から平

成 21 年の 2200 人になることが分かる。平成 23 年、国土交通省調べの公営住宅における孤独死のデータによると、60 歳以上の単身入居であった者のうち、住戸内で誰にも看取られずに亡くなった者の数は平成 16 年の 777 人から平成 18 年の 1148 人になって、3 年間のうちに 1.5 倍ほどに増えていることが分かる。

孤独死の人には高齢者が大多数を占め、高齢者の「孤独死」はもう無縁社会の典型的な特徴と顕著な問題になった。「無縁社会」は孤独死とは切っても切れない関係があると言える。つまり、人とのつながりがなくなってしまうことで無縁化してしまい、その結果として、孤独死してしまうという流れがあるからである。

生涯未婚者、単身者の増加

生涯未婚は将来無縁死に直面する可能性があると思う。日本の結婚率が下がるのは生涯未婚者は増加しているからである。日本国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料」(2010 年版)によると、1980 年の終生未婚率:男性は 2.6%で、女性は

4.5%である。2010 年になった後、男性の終生未婚率は 20.14%で、女性の終生未婚率は 10.6%である。向上し続けてきた生涯未婚率は日本社会の無縁化の深刻さを反映している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接