石牟礼道子『苦海浄土:わが水俣病』における生態問題研究毕业论文_日语毕业论文

石牟礼道子『苦海浄土:わが水俣病』における生態問題研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

上世纪,日本经济的快速发展,带来了严重的环境危机和产业公害。生态危 机的加剧使人类开始重视生态环境并思考人与自然的关系。当时作为诗人正活跃 在文坛的石牟礼道子在公害问题不被重视的背景下创作了《苦海净土:我们的水 俣病》。石牟礼道子的代表作《苦海净土:我们的水俣病》记录了水俣病从发现 到成立市民对策会议的过程。小说结合当时经济飞速发展而不顾环境和底层人民 痛苦的背景,讲述了水俣病患者的故事,以此来警示世人。小说通过作者的文字 向世人展现了水俣病患者的悲惨遭遇并揭示了水俣病的真相,获得了很高的评价。

本论文以《苦海净土:我们的水俣病》为中心,参考至今的研究成果,结合当时日本经济高速发展的背景,从文学体裁和叙事方式方面对《苦海净土:我们的水俣病》和石牟礼道子的生态文学特征进行研究。以重视作品本身的内容和技法为前提,细读文本,结合石牟礼道子的个人经历以及当时的社会现实,对《苦海净土:我们的水俣病》进行了分析。《苦海净土:我们的水俣病》中体现的石牟礼道子的生态文学特征主要有三个方面:第一、通过纪实性的描写再现事件经过。第二、通过环境描写唤醒国民的场所意识并帮助塑造人物形象。第三、在人物形象中暗含水俣病事件背后各个立场人物对患者的复杂态度。作者通过这些巧妙的手法还原了 19 世纪日本水俣病真相,并以此警示人们以生态环境为代价的发展方式最终会给人类自身带来不可挽回的后果。

关键词:石牟礼道子 苦海净土:我们的水俣病 纪实性表现 环境描写 人物关系

要 旨

要 旨

前世紀、日本は経済の急速な発展に伴い、深刻な環境危機と産業公害ももたらされた。生態危機の激化は人間が生態を注目させて自然との関係を考えさせる。当時で詩人として活躍した石牟礼道子は公害問題が重視されないという背景にした『苦海浄土:わが水俣病』を作り出した。石牟礼道子の代表作として

『苦海浄土:わが水俣病』は、水俣病の発見から市民対策会議の成立までの過 程を記録した。小説は当時の環境と低層人民の苦痛を顧みずに経済の急激な発 展した背景を結び付けて水俣病の患者の物語を語って世間に警告を発した。石 牟礼道子の文字を通じて水俣病患者の悲惨な遭遇を示し、高い評価をもらった。

本論文は『苦海浄土:わが水俣病』を中心に今までの研究成果を参考しながら、当時の日本の高速的な経済発展の背景を結びつけて作品の形式と叙事の方式から石牟礼道子の生態文学の特徴を研究してみる。作品本体の内容と技法を重視することを前提として、詳しく作品を読み、石牟礼道子の個人経歴と当時の社会現実を結びつけて、『苦海浄土:わが水俣病』を分析した。『苦海浄土: わが水俣病』に体現した石牟礼道子の生態文学特徴は主に三つがある。一、ドキュメンタリー表現で事件の過程を再現する。二、場所描写を通じて国民の場所意識を呼び覚まして人物像を描くに役立つ。三、人物像から水俣病事件の背後に各立場の人物が患者に対する複雑な態度を指摘する。これらの巧妙な手法によって、19 世紀の日本水俣病の真相を再現し、この作品は生態環境を代価とした発展方式が最終的に人類自身が挽回しない結果をもたらすことを警告している。

キーワード:石牟礼道子 苦海浄土:わが水俣病 ドキュメンタリー表現 場所描写人物態度

目 次

摘 要 I

要 旨 II

はじめに 1

第一章日本生態文学と石牟礼道子 4

    1. 日本生態文学について 4
    2. 石牟礼道子 5

第二章『苦海浄土:わが水俣病』の生態文学特徴 7

    1. ドキュメンタリー表現 7

      1. 公的文書 8
      2. 「わたくし」の文章 9
      3. 患者やその家族の一人語り 9
    2. 場所描写の作用 10

      1. 場所意識を呼び覚まし 10
      2. 人物の登場を引き出し 13
    3. 人物像に含んだ態度 14

      1. 政府の患者に対する態度 17
      2. 工場の患者に対する態度 18
      3. 市民の患者に対する態度 19

第三章『天の魚』から見る生態文学の特徴 22

第四章石牟礼道子における生態文学の特徴 24

終わりに 27

参考文献 29

謝辞

はじめに

二十世紀の五六十年代、人々の生活に巨大な危害をもたらした水俣病は生態環境の破壊事故の 1 つである。石牟礼道子は水俣病を世に知らせるために、水俣市の事件を題材にして「苦海浄土」三部作、つまり『苦海浄土:わが水俣病』

と『神々の村』と『天の魚』を創作した。『苦海浄土:わが水俣病』は水俣病

を社会問題に認定されなかった前の被害者たちの苦難を描いて、高い評価を得ている。本論文を始める前に石牟礼道子の『苦海浄土:わが水俣病』についての先行研究を整理する。

水俣病にもたらされた社会問題について、中島虎彦(1996)1は患者側はチッソ側との補償金交渉が達しがたい状況を描いた。患者たちは一点の憤懣と被害者意識もない、広島の原爆被害者と同じように自分の責任ではないで障害を負った場合の事故による障害者になったことを痛感した。中島虎彦は患者たちを文明が生みだした新しい「障害者」といい、障害者は精神生活を充実するような生き方で人生に味到すべきことが指摘された。金井景子(2010)2は石牟礼道子は作家であっても、稀有な作品が出た傑出した運動家であると評価した。『苦海浄土:わが水俣病』も患者救済運動の一翼を担う役割を果たしてきた。「償い」の在り方を問うことは作品全体を貫くテーマの一つであると考える。さらに政府、行政機関の監督責任を果たさなかったことと日本独占資本の暴行を痛感した。「水俣病問題」を終結させようとする動きを整理しておいて、最終解決策まで問題を解決できなくて、課題も山積みしている現状を指摘した。現代の人間として、私たちは「終わらない」水俣病から啓示を得られるだろかと反問した。

1中島虎彦:『lt;文学にみる障害者像 13gt;石牟礼道子著「苦海浄土わが水俣病」』.[J].『ノーマライゼーション 障害者の福祉』.16 号.38-40.1996 年

2金井景子:『「償い」を問う–「水俣病」と石牟礼道子「苦海浄土」の半世紀』.[J].『早稲田大学教育

学部学術研究 国語・国文学編』58 号.39-51.2009 年

はじめに

生態批判について劉利国、祝麗君(2016)1は生態問題を批判する視点から自然、人間と社会の調和を欠くことの根源と石牟礼道子の創作の意識を分析し、人間と自然の共存について有益な啓示を探求した。『苦海浄土:わが水俣病』の中に水俣の自然環境を詳しく描き、工業文明を背景した人間社会生態と精神生態のバランスを失った実状を描き出した。これを通して石牟礼道子の鋭い生態危機意識と生態環境を保護することを中心とした生態主義の思想が反映された。『苦海浄土:わが水俣病』が人々に生態文明の社会を築くことを有益な啓示が提供できることも指摘した。劉鑫(2016)2は水俣病によって自然、社会、人間身体における三つの関係が有機的な調和を保つ共同体を破壊した近代工業と科学技術を批判した。エコクリティカルの警鐘を鳴らしていると主張している。

この小説の文学性について、榎本眞理子(2014)3は『苦海浄土:わが水俣病』が世界文学の資質を持っていることを論証した。ウルフの『灯台へ』と比較して、『苦海浄土:わが水俣病』も近代小説の伝統を逸脱した表現方法によって,世界と人間の本質を表現でき、それは池澤の世界文学の定義――

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接