中日高校教育制度についての比較研究 中日高中教育制度之比较研究毕业论文_日语毕业论文

中日高校教育制度についての比較研究 中日高中教育制度之比较研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

教育一直是一个国家发展中重要的一环,高中教育是连接九年义务教育和大学教育的桥梁,因此高中教育起着非常重要的作用。

本研究首先对高中阶段的教育的意义,以及为社会输送人才的重要性进行了介绍。其次对中日高中阶段的教育政策、课程设置及教学目标进行了对比分析。

日本率先将高中阶段的教育也归为义务教育阶段,加大对教育事业的投资, 扩大了学生的入学率,均衡配置了教育资源,从而能够更好地开展素质教育。我国也应该学习日本教育制度改革中积累下来的成功经验。

关键词 :高中教育 中日对比 课程设置 教育改革

要旨

教育は一国の発展にとって大変重要な一環であり、高校教育は 9 年間義務教育と大学教育をつなぐ架け橋の役を果たすため、高校の教育はさらに重要な役割を果たしている。

本研究はまず、高校における教育の意義と社会における人材を育成の重要性を紹介した。そして、中日高校段階の教育政策の改革、中日高校教育におけるカリキュラムの構成と教育目標を比較した。

日本は真っ先に高校教育を義務教育範囲を入れた。教育事業投資に力を入れ、学生の入学率を拡大し、教育資源を均衡に配置する。それによって個人の資質 を高めるための教育がより良い発展することができた。中国の教育は日本の教 育制度の改革の中で積んできた貴重な経験から多く学ぶことができる。

キーワード:高校教育 日中比較 カリキュラム 教育

目 次

  1. はじめに
    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的と研究方法 3
  2. 高校教育制度改革の比較 4
    1. 日本の教育制度の改革 4
    2. 中国の教育制度の改革 5
    3. 中日教育制度の比較 6
  3. 中日高校教育におけるカリキュラムの構成と教育目標の比較 8
    1. 日本の高校のカリキュラムの構成と教育目標 8
    2. 中国の高校のカリキュラムの構成と教育目標 9
    3. 中日高校のカリキュラムの構成と教育目標の比較 11
  4. おわりに 13

参考文献 14

  1. はじめに

問題提起

教育は我が国では昔から极めて重要な位置を占めている。学校教育は国民の素質向上と社会への人材の提供に関係している。高校段階の教育は教育上の重要な一環として基礎教育と高等教育をつなぐ役割を果たしている。

世界各国も高校段階の教育を強力に支持する。その上、高校教育も 21 世紀人材育成の戦略性目標を達成する突破口だと記る。しかし、我が国の高校は、まだそれなりに重要性されていないようである。国民経済の発展と社会価値観の転換にともなって、多くの人々は教育に対する認識の変化が大きい。優れた高校教育を受けることはすでに生活の必需品してだった。本研究は中日の高校教育制度の比較を通して、日本の教育制度の改革の中で多くの貴重な経験を勉強しようと思う。

先行研究

中国高校教育についての先行研究は、以下のよのものがある。まず、杨建超・孙玉丽(2014)1は高校教育の発展は二つの経路があり、一つは欧米先進国の最初の多様化の平等の追求から教育の質を高めることへの道である。もう一つは、日韓をはじめとするアジア諸国の均衡的な平等から多様化や特性化への道である。中国の高校は最初のエリート化の追求から均衡化へ、最終に多様化の発展の道に進んでいる。中国の高校教育の改革は、いかにして多様化するかに焦点が当てられた。

次に、中国の高校教育の改革については、陈业(2011)2は、新しい世紀において、各国は高校教育のカリキュラムに対して、幅広く深く改革を行った。グローバル化の背景から、カリキュラムを設定するようになった。普通高校の

1 杨建超、孙玉丽(2014)《高中教育的历史演进及启示》河北师范大学学报教育版

2 陈业(2011)《建国以来我国普通高中课程设置历史、现状与发展路向研究》广州大学全日制硕士学位论

はじめに

カリキュラム設置の問題も中国基礎教育領域の重要な問題であることを指摘した。

文部科学省(2017)3で、高校教育は義務教育の基礎の上で国民の素質をさらに高める、一般向けの基礎教育であることを明らかにしている。我が国の教育制度の改革は、カリキュラムの構造をより優れたものにし、教育制度を効率的に実施することを通して、教育制度の多様化を促進しなければならない。闻待

(2010)4は、高校教育の多様化発展は内面の需要であり、人々が教育への求めは進学率に集中するのは真実ではないと指摘した。文化の伝統を除いて、もっと重要なのは教育のタイプ、特色、内容及び教育サービスの多様性が十分に発展させられているかどうかということにある。単一の人材育成モデルは単一の進学率の追求を引き起こす。多様化の発展に基づき、教育システムの環境適応を促進する。それによって当面の受験勉強態勢を変えることと多様な社会発展と人間的発展の本当の需要に満たすことができる。このほか、流動的人口や特殊層への教育支援についても言及した。

我が国の教育制度の改革は、教育制度の多様化と素養教育の促進、また、教育制度と現状との矛盾をどのように解決する。その焦点をあてなければならないと思う。

日本の高校教育の改革は長い年月を経てきた。カリキュラムの組み立ては教育改革の重点としてされてきた。

中嶋(2018)5は、「生徒が将来の主権者として、また社会の構成員として、自立して責任ある行動が取れるようにすることは、学校教育の目標の一つだ。

……学校教育の役割は、生徒が、教科の学習を通じて、この国と社会の主人公として必要な知識や概念を獲得し、自分自身で価値観を選択する。」と主張している。これと同時に中嶋は「何を知っているか」より「何のために学ぶのか」のほうが重要だという観念を打ち立てた。「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆し」のように、学校教育は、学生に基礎知識を教えるだけでなく、勉強において学生を良い習慣も養う。学校は地域の実情によって、地

3 教育部(2017)《普通高中课程方案》

4 闻待(2010)《论高中教育的多样化发展》华东师范大学博士学位论文

5 中嶋哲彦(2018)「新高校学習指導要領の問題点」(視点・輪点)文部省

域に関する知識と技能などのコースを増加すべきである。また、高校教育も道徳教育を重視し、学生の自主権を尊敬すべきである。

文部科学省(2018)6で、高校への進学率が上昇する中、多様化した生徒の実態に対応し、生徒の個性を最大限に伸ばすためには、特色がある学校づくりを行うとともに、個に応じた教育の充実を図ることが重要であるため、高校教育の多様化を推進する様々な制度改革を行って。または、生徒の実態に対応し、できる限り幅広く柔軟な教育を実施することが必要だ。改革文書を見ても、日本も素養教育や教育の多様化を重視している。文部科学省初等中等教育局主任視学官、清原洋一氏(平成 30)7で、高校段階の教育改革が焦点となり、高校教育は社会に向けなければならない、各学校にも独自の特色が必要であると述べた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接