日本戦国時代における下剋上の風潮に関する研究(日本战国时代下克上风潮研究)毕业论文_日语毕业论文

日本戦国時代における下剋上の風潮に関する研究(日本战国时代下克上风潮研究)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

下克上风潮盛行于日本战国时代。当时特殊的政治制度和庄园制经济的存在,地方拥有很大的独立性,在外部环境的刺激下,如蒙古入侵、外来先进技术的传入,地方大名开始了对幕府将军的反抗,下克上风潮开始盛行。它给日本社会带来了巨大的变化,第一是文化风向的改变,以前的豪华的贵族文化因为连续的战争逐渐衰弱并失去了社会主流文化的地位,实用的武家文化与公家文化整合形成了独特的中世文化。第二是社会结构的重组,旧幕府被地方大名打败,幕府将军被织田信长流放,丰臣秀吉成为日本关白,德川家康成为日本战国时代下克上风潮下最后的胜利者,建立德川幕府,战国时代商品经济同样得到快速发展,市民阶层壮大,资本主义萌芽出现。第三,下克上风潮和日本战国时代连年的战争,给日本人民族性格注入了反叛性和深入日本人心的无常观念。下克上风潮的研究是了解日本战国历史和研究日本文化的重要手段。

本稿将对日本战国时代的下克上风潮进行分析研究,探讨下克上的背景,下克上风潮在日本战国时代的发展变迁,分析下克上风潮兴起的原因和影响。通过日本战国和中国的对比,发现下克上风潮在日本战国时代的兴起是日本社会发展的必然趋势,是日本文化中的矛盾的一面,它破坏了原有的社会结构带来了社会动荡,但是同时也促进了新的,更加先进的社会制度的出现。

关键词:战国时代 下克上 日本社会

要旨

下剋上の風潮は戦国時代に盛んに行われたのである。日本戦国時代における特殊な政治制度と莊園制経済により、地方はかなり独立性を持っていて、蒙古襲来や、先進な技術の日本伝来といったような外国からの刺激の下、地方大名が幕府将軍にたいする反抗という下剋上の風潮は興り始まった。日本戦国時代の下剋上風潮の流行は日本の社会に大きな変化をもたらした。第一の変化は文化の変革、豪華な貴族文化は戦争による公家勢力の衰弱に伴い、もはや社会の主流文化の地位ではなく、実用的な武家文化と公家文化とを統合して、独特の中世文化を形成した。第二の変化は社会構造の再構築である、古い幕府は地方大名に破られ、幕府将軍は織田信长に追放され、豊臣秀吉は日本の関白になり天下第一人になった。徳川家康は戦国時代の下剋上風潮の最後の勝者とも言え、徳川幕府を開いた。その時、戦国の商品経済も急速に発展し、市民階級が強大になり、資本主義が芽生えた。第三に下剋上の風潮における戦争のため、日本人の民族の性格に反逆な一面と無常観が見えるようになった。下剋上風潮に対する研究が日本戦国時代の歴史、日本の文化を理解する重要な手段である。

本稿は日本戦国の下剋上の背景、その変遷、また形成の原因を探求し、下剋上の風潮が日本社会にあたえた影響を分析した。日本戦国時代の下剋上のと中国の对比を通して、下剋上風潮は戦国時代で必然な事件であり、日本文化の中で矛盾な侧面の具象化でもある。旧時代の社会構造を破壊すると共に、新しくて先進的な社会制度を生じ、社会的変革をもたらした。

キーワード:戦国時代 下剋上 日本社会

目次

はじめに………………………………………………….1

第一章日本戦国時代の特徴である下剋上の風潮……………………3

第一節.応仁の乱と下剋上の広まり……………………………3

第二節.戦国時代の下剋上の成功例……………………………4

第三節.下剋上風潮の終止符を打った徳川家康…………………..5

第二章下剋上が多発した原因………………………………….6

第一節.将軍の権威の失墜…………………………………..6

第二節.莊園制の崩壊………………………………………7

第三節.一向一揆の風靡…………………………………….8

第三章下剋上の風潮が広まる中の中世文化……………………….9

第一節.武家文化と公家文化の融合……………………………9

第二節.無常観と隠者文学………………………………….10

おわりに…………………………………………………12

参考文献…………………………………………………13

谢 辞………………………………………………….14

はじめに

下剋上の風潮は日本戦国の政治現象である。日本戦国時代の下剋上風潮の研究は日本の文化を理解するのにおおきな役割がある。日本文化の中で、その矛盾性が私のいちばん知りたいものである。なぜなら、日本人はとても謙虚で礼儀正しいと思われるが、その一方、残忍で乱暴な一面もある。

まず、本稿は先行研究を参考して、日本の戦国時代の「下剋上」の背景を分析して、戦国の社会文化と政治経済を説明した。同時に、戦国時代の登場人物と階級の関係を整理して、日本の戦国時代の時代を文化と地理の観点から考察した。呉座勇一の先行研究を理解して、他の書籍と素材から、なぜ「下剋上」があったのかを分析した。一方で、戦国時代の歴史を研究して、戦国時代の社会制度の変化を理解した。中国の春秋戦国時代と三国時代と比較して、両者は下剋上と似たような現象が現れた原因を分析する。

先行研究の中で、例えば、呉座勇一の『戦争の日本中世史』、山冈庄八の『徳川家康』と相関日本歴史事件があり、『戦争の日本中世史』は日本の中世の戦争時代に焦点を当てた。手柄より死を恐れた武士たち、悪人ばかりではなかった「悪党」、武家より勇ましいお公家、戦時立法だった一揆契状「下剋上」の歴史観である。現在で、現代の視点で捉え直してみれば、「戦争の時代」を生きたを見たて、注目の若手研究者が描く真の中世史像である。

日本中世史の歴史背景と時代の人物から出発して、当時の階級関係、武士と公家を比較して、歴史的事件に分析した。戦争の日本中世史から、私が知ることができるのは、日本の中世において、公家と武士階級の力のバランスが崩れ始め、天皇の権利が衰退して、大名が国を支配し始め、古い社会構造と社会的勢力の分布は変化して、社会的パターンは再編される。

『徳川家康』は、日本戦国の勝者の一生を書いた。戦国時代の中期から後期にかけて、織田信長、武田信玄、徳川家康、豊臣秀吉などの歴史が盛んになり、終わりまでに18年かかった。このような英雄の時代に、徳川家康は登場して、戦国での戦争をおわらせた。その時代の後、300年の平和を迎えた。徳川家康が住んでいる時代やものは、実際には下剋上の風潮を証明しているということで、徳川家康は武士階級を代表する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接