宮崎駿のアニメ映画に現れる女性観——「千と千寻の神隠し」と「となりのトトロ」を中心に毕业论文_日语毕业论文

宮崎駿のアニメ映画に現れる女性観——「千と千寻の神隠し」と「となりのトトロ」を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

宫崎骏是日本最具代表性、世界闻名的动画电影导演之一,创作出了大量的经典作品,其作品常以梦想、环保、人生、生死、宗教、女性等要素为主题,触动了许许多多的人。

1988 年出品的《龙猫》曾获得了广泛赞誉,也感动了无数观众,并成为最具人气的作品之一。其著名的动漫作品《千与千寻》2001 年上映后,便刷新历史纪录,夺得了票房第一。以动漫作品为依托,宫崎骏为观众创作出了一个个不可思议的世界。

宫崎骏常常将性格各异的女孩作为自己作品中的主角。以各种女性作为主角,展现出了他独特的女性观。本文将宫崎骏最具代表性的两部作品《龙猫》、

《千与千寻》里形形色色的女性按照人生的发展阶段分为幼女、少女、成年女性、老年女性四个年龄段。通过分析每个年龄段中的女性形象,把握她们的性格特征, 借此来探寻宫崎骏的女性观,并从宫崎骏的个人经历、家庭环境、以及日本社会三个方面来分析这种女性观的由来。通过分析,以期宫崎骏的女性观,在构筑唤起对女性的关心、尊重男女差异、发挥男女个性和能力的、富有多样性的有活力的社会方面起到绵薄之力。

关键词:宫崎骏,女性观,《千与千寻》,《龙猫》

要 旨

宮崎駿は日本で最も影響力をもっている映画監督の一人である。世界のアニ メ界でもかけがえのない地位を占めており、広く知れ渡る作品を多く創作した。宮崎氏はそれぞれの作品の中で、夢、環境保護、人生、生死、宗教、女性など の思想をテーマにして、人々が共感できる感情を描き出している。

1988 年に公開された『となりのトトロ』は、多くの視聴者を感動させ、最も人気のあるアニメ作品の一つとなった。2001 年に公開された『千と千尋の神隠し』は興行記録をさらに塗り替え、日本における映画史上第一位の新記録を創造した。アニメ作品で、宮崎氏は多くの不思議な世界を作り出した。

宮崎駿の作品の主人公は女子であることが多い。少女イメージを作ることは宮崎氏の作品特徴の一つである。本論文は宮崎駿の代表作『千と千尋の神隠し』と『となりのトトロ』の中で登場した様々な女性を人生の発展の階段に基づき

「幼女」、「少女」、「大人の女性」、「年配の女性」の四つの年齢層に分類し、その各段階のイメージを考察し、各々の性格特徴を把握することを目的とする。そして、宮崎駿の女性観を分析し、宮崎駿の実体験、家庭環境、日本社会の三つの方面から、このような女性観の由来を分析する。最後に、その分析を通して、女性への関心を呼び起こし、男女差を尊重し、男女が個性と能力を発揮することによる 、多様性に富んでいる活力ある社会が築けることに少しでも役立てるよう望みたい。

キーワード:宮崎駿 女性観 『千と千尋の神隠し』 『となりのトトロ』

目 次

摘要 I

要旨 II

はじめに 1

    1. 研究の目的と意義 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究の対象と方法 2

第一章 宮崎駿とその作品 3

第二章 様々な女性イメージ 5

    1. 女性像の年齢分類 5
      1. 幼女イメージ 5
      2. 少女イメージ 7
      3. 大人の女性イメージ 8
      4. 年配の女性イメージ 8
    2. 女性像に見られた女性観 10

第三章 宮崎駿の女性観の由来と意義 12

    1. 宮崎駿の女性観の由来 12
      1. 自身の実体験からの影響 12
      2. 家庭環境からの影響 13
      3. 日本社会の観念からの影響 13
    2. 宮崎駿の女性観の意義 14

おわりに 16

参 考 文 献 17

謝 辞

はじめに

研究の目的と意義

日本社会において従来長い間、男女不平等であり、女性の地位は男性より低かった。女性たちには自我の権利意識が不足し、長期的に自分の潜在能力を抑え続けてきた。また、女性は長期的に家庭に従属し、社会で各種の主導権を握ることができなかった。しかし、第二次世界大戦以降、日本女性の自我意識も社会地位も以前より高くなった。このような背景で生まれた宮崎駿は異なった女性観を持っている。

本稿では『となりのトトロ』と『千と千尋の神隠し』の中の女性各役のイメージを通して、宮崎駿の女性観を分析し、更に、宮崎駿その女性観の由来を分析し、最後に、社会への啓示や男女平等などの意義について考えてみたい。

先行研究

日本アニメの人気が高くなるにつれて、日本アニメに関する研究も各角度から始まった。宮崎駿のアニメーションアニメ映画には環境保護、生死、反戦、夢を追い、女性を尊重するなどの主題があるため、見方もそれぞれである。以下、本稿に関わる研究をまとめて紹介する。

『湯女のリンが好きだ』で、奈良美智(2001)は『千と千尋の神隠し』に登場した湯女リンを対象とする研究し、印象、心柄や人品三つの面から考察し、宮崎駿が女性の勤勉さ、優しさ、楽観主義を褒めることを表す。

廣田朱央(2004)は『宮崎駿の女性たち―クラリスから千尋まで』における、クラリス、シータ、エボシ、ナウシカ、千尋という五人の女性像を中心に、女性たちの特徴と魅力を味わった。彼女たちは、「善良」、「外表が弱いが内心が強い」、「可愛い」、「勇敢」、「独立」、「冒険精神」などの特質がある女性である。しかし、この五人の中で、少女は四人、成年女性一人しかいないので、宮崎駿が描いた女性像の全体を代表できるわけではない。

楊暁林(2009 )は《动画大师宫崎骏》で、幼少期に「母の欠如」、高校時代に『白蛇伝』との出会いという二つの事件は宮崎駿を独特な女性観のあるア

はじめに

ニメ映画を作る道導いたという結論を出した。

孫碩穎(2013)は《宫崎骏动画中的女性形象解读》における、宮崎駿はその長編アニメーションの中に、よく女の子及び少女に目を向けるのである。フェミニズムという視点から見る、宮崎氏の作品の中の女性は全然伝統的な影がないと言えないが、出来る限り、伝統的な女性像をひっくり返そうという努力が見られる。宮崎駿の作品の中の女性は自由、独立、善良、強いというイメージがあり、既存のジェンダー意識の中で、女性解放を求めるのはもっとも重要な意識であると指摘した。

『アメリカにおける宮崎駿の受容』における、芳賀理彦(2014)は宮崎作品の女性主人公には少女らしさだとか純粋無垢さ可愛らしさとともに潜在的に性的魅力を兼ね備えているという日本人女性的な特徴と、活動的で確固たる信念を持ち自立していて度胸があり英雄的な活躍をするような非日本人女性的な特徴が混在していると指摘した。

以上の国内外の先行研究から見れば、宮崎作品に対し、女性を高い地位に置き、優れた品格を与え、女性をほめ讃える見方が共通評価のようである。宮崎氏は確かに女性の自立力、母性愛、老女の力などを認め、褒め、女性への気配りが欠けないなどの女性観を表した。しかし、宮崎駿の女性観に関する研究を捜してみれば、『となりのトトロ』と『千と千尋の神隠し』を中心に研究する文献はないことが発見された。そういうわけで、本稿では、『となりのトトロ』と『千と千尋の神隠し』を通し、宮崎駿の女性観を総合的に考察してみたい。

研究の対象と方法

本稿では『となりのトトロ』と『千と千尋の神隠し』の中の女性を中心に研究する。まずは、アニメの中で登場したすべての女性を人生の発展の階段に基づき、「幼女」、「少女」、「大人の女性」、「年配の女性」という四つの年齢層に分類し、各段階のイメージを考察し、女性達の性格特徴を把握してみる。そして、生活環境をはじめ宮崎駿のその女性観の由来を探ってみる。最後に、そうした女性イメージにおける宮崎駿の女性観及び社会への意義などについ て探究してみる

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接