家族観から見る日本の昔話における「親孝行」現象从家庭观视角看日本民间故事中的孝道现象毕业论文_日语毕业论文

家族観から見る日本の昔話における「親孝行」現象从家庭观视角看日本民间故事中的孝道现象毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本孝道是源远流长的传统文化之一,有着日本人传统家族观念的痕迹。日本孝道虽然在中国儒学的影响下催生,但和中国孝道存有差异,抱有日本独特气质。因此,从中日孝文化对比角度进行日本孝道的独特性研究是有意义的。本文从日本传统民间故事入手,以日本的孝文化在民间故事中的体现,日本人的孝道观念和其家族观的联系为研究内容,综述日本孝道发展脉络,探究民间故事中反应的日本孝道精髓,以此预测日本孝道发展趋势以及应对策略。

本文综述了日本孝道的发展过程,日本孝道由中国儒学传入而来。剖析了日本孝道受社会性影响与中国孝道存在一定差异。日本孝道以“恩”为前提,中国孝道有“仁”的观念,即日本孝道的施行来源于子女有无受到父母的“养育之恩”,而与父母有德无德无关。阐明了日本孝道与家族观念的内在联系。日本家庭里父母是权威,因此作为子女必须服从父母的意愿,这是孝的重要体现。揭示了日本孝道的现状及未来发展趋势,在孝文化被淡化的今天,探讨通过改变社会传统的孝行观念,同时加强道德教育;父母的角色转变——由子女的“支配者”变为“指引者”;子女平衡事业和家庭的时间投入等对策来促进孝道和现实社会高度融合。

关键词:孝行 孝文化 家庭观 民间故事

要旨

「親孝行」は家族や血縁とつながっている伝統文化の一つとされている。日本の「孝文化」は中国の「儒」思想の影響を受けて生まれたものだと思われているものの、日本人の家族観のかげで中国と違った独自の特色が形成された。したがって、中日対照の視点から日本の「孝文化」の独特性を研究するのは価値があるはずであろう。そこで、本稿は日本の昔話を手がかりにして、日本の「孝文化」がどのように昔話に表現されているのか、また、具体的家族観とどのように関わっているのか、ということを研究内容とし、「親孝行」の歴史的な発展を整えたり、昔話における「孝文化」のありさまや特色や神髄を探し取ったりするによって、現代性づきの「親孝行」の成り行きおよび対応策を分析してみようといことを本稿の研究目的とする。

本稿は昔話における人物の性格、親孝行の表現方式、およびその原因から「親孝行」の粋を考察した一方、現代社会の圧力に耐えられる「親孝行」を進めさせる方法について見解を示した。日本孝道は中国と違って「恩」を前提とし、中国の孝道は「仁」の概念が含まれている。つまり、親孝行の実行は絶対性の有無によって決まる。また、日本孝道と家族観念との関わりも明らかにした。日本の家族で父母が絶対的な権威を持つため、本格的な「孝」は子どもが必ず親の意志に服従すべきことである。現代の日本社会では「親孝行」意識が段々低下する見込みであるので、その対応策は、親のほうは家族の「支配者」から「指導者」へ姿を変え、子どものほうは家庭と仕事とを両立させるうえに親のそばに付き添う時間を作ったほうがいいと提出された。

キーワード:親孝行 孝文化 家族観 昔話

目次

序論 1

  1. 背景説明 1
  2. 先行研究 1
  3. 研究目的 2

本論 3

  1. 日本人の家族観と「親孝行」現象 3
    1. 日本人の家族観 3
    2. 日本の「親孝行」の現象 4
    3. 家族観と「親孝行」との関係 4
  2. 日本の昔話における「親孝行」 5
  3. 昔話に見られる「親孝行」の特色と社会への影響 8
    1. 昔話に見られる「親孝行」の特色 8
    2. 「親孝行」の社会に与える影響 10
  4. 現代日本の「親孝行」の変容と促進策 11
    1. 現代日本の「親孝行」の変容 11
    2. 「親孝行」の変容に導く原因 13
    3. 現代社会の「親孝行」の促進策 13

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 18

序論

  1. 背景説明

近年、親子の関係は冷たくなるにつれて、現代日本社会における「親孝行」の変容に気づいた。しか し、「親に対する孝」という道徳倫理は時代の変容に従って捨てられるものでなく、人として大切にしなければならないものである。

また、日本の「孝文化」は中国の「儒」思想の影響を受けて生まれたものだと思われているものの、日本人の家族観のかげで中国と違った独自の特色が形成された。そこで、相当な研究価値があると思う。 近代日本の小学教育参考書『幼学綱要』①により、「この世には、親がない人がいない。親の恩を力を尽くして返すのは、子の義務である。」という「孝」思想が強調されている。その中から、日本の「親孝

行」文化には「親の恩」が大きな役割を果たしていると見られる。

  1. 先行研究

ルース・ベネディクト(1990)②は『菊・刀』で、日本の孝道の特徴の一つは、家族成員の間に明らかな

「恨み」があることだとし、親には子に対する監督の権力があるため、子と親の意願が合わない時、子は 必ず親の意思に服従しなければならない、これこそ子の義務としていると主張している。

また、「孝」と「家」のつながりをめぐって論じた学者には有地享(1997)③が挙げられる。有地享は

「孝」思想を生む「家」制度については、「家」は家長を中心とする祖孫一体の生活共同体であり、

「家」の成員が非打算的に結合し、「家」の中で自己を埋没させて連帯的な一帯感を形成していたとし、 この「没我帰一」の生活理念の中で「孝」は家を地盤として発生したとしている。

さらに、田中徳定(2001)④は古代日本における儒教の有り様だけでなく、「孝」と「不孝」の説話から

① 元田永孚.幼学綱要.日本精神文化振興会.1935

② ルース・ベネディクト(鲁思·本尼迪克).菊与刀[M].商务印书馆.1990.pp38-56

③ 有地享.近代日本の家族観(明治編).弘文堂.1977

④ 田中徳定.平安朝物語における儒教:「孝」と「三従」を中心として.駒澤國文.2001

主人公の行為、性格と道徳理念も分析した。『源氏物語』⑤に描かれた不孝への罪意識に見られるように、日本社会では儒教がすでに仏教と融合していたと自覚し、そのため、儒教の宗教性と道徳性 という両方を連結し、平安朝物語における儒教の有り様を窺えることも大切だとしている。

于君(2013)⑥によって、儒教にいう「孝」には「祖先の祭祀」、「父母への敬愛」と「子孫を生むこと」と いう三つの行為が含まれている。その上、正しいことをして名を揚げ、父母を彰顕するという考えこそ『平家物語』における武士の「孝」思想となっていた。

  1. 研究目的

本稿は日本の昔話を手がかりにして、日本の「孝文化」がどのように昔話に表現されているのか、また、 具体的家族観とどのように関わっているのか、ということを研究内容とし、「親孝行」の歴史的な発展を整えたり、昔話における「孝文化」のありさまや特色や神髄を探し取ったりするによって、現代性づきの

「親孝行」の成り行きおよび対応策を分析してみようとすることが本稿の目的である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接